七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
隣のミーちゃん
義伯母ちゃんちの猫
名前はミーちゃん

怪我によって左の前足がちょっと悪いんです



そのミーちゃんが近所の猫に言い寄られていました



どうする?



どうする?ミーちゃん(¬_¬)



あ、振っちゃったみたい(^^;;
気にいらなかっったの?



どうもしつこかったようですね
え、あんたもしつこい?



失礼しました~m(._.)m





1日遅いバレンタイン
昨日はバレンタインデー
いっちょ、今年も生チョコを作るか!

簡単だもん、と思ってはいたのが先週のこと
でもなぜか材料の生クリームが手に入らず(^^;;

それに夕べはずっと休んでいたバドの練習にも久しぶりに顔を出したので
ゆっくりバレンタインデーを演出する時間もないし(^^;;

全部言い訳です、はい(^◇^;)

日曜日小倉に行った際、デパートでバレンタインフェアを催しており
行く予定もなかったのに、ついつい足と鼻が向き催事場まで(^_^*)

人や行列にぎゃおえ~と言いつつ、かき分けかき分け歩いている時に見つけたロイズ♡
他にたっくさんいろんなチョコが並んでいるにもかかわらずロイズ(笑)

ロイズといえば



それだけじゃ…と横にあるこういうチョコも買っちゃった



一角にはこういうカフェコーナーを見っけ♪
人混みに疲れ喉が渇いたとっちん、歩き疲れ座りたいらぼっちと共に直行



若いイケメンのお兄さんがと~っても美味しくて
と~っても愛らしいカフェラテを淹れてくれました



らぼっちはふっつーのブレンド
つまんないヤツ‥とは言わなかったけど、出かけた時くらい、ね~(¬_¬)

なので、ロイズ買ったし手作りの生チョコなんて要らないじゃん!
と、らぼっちに詰め寄ると

何言ってんの?ばりの顔で「やっぱり手作りが‥」ときた
「欲しいの?」「うん」

買った方が美味しいと思うし、気持ちもそんなにこめてない、はず
幾つになってもバレンタインにはチョコが欲しいもんなのかしらね~( ˘ω˘ ;)m

ということで、1日遅れと相成りました
義母、義伯母も「美味しい!」と言ってくれたのに、らぼっちだけ何の反応もない



チッ!( *`ω´)
来年はないからね(笑)

そういえば先週、新聞に町の観光協会が万葉時代の恋物語が伝わるという近所の神社で
ハート形のイルミネーションをバレンタインデーに合わせて点灯するという記事が載りました

11日から14日までだって‥ふ~ん、初めての試みらしいけど
参道入り口の樹木や鳥居もライトアップするってんで、初日に行ってみました

ん?鳥居のライトアップはしてないぞ(^^;;
木にはチョロリンとかけてありました



河内王の陵墓に続く道沿いにもオレンジ色のLEDが連なっていたけど
写真映えしないので撮ることもせず…

で、メインのハートはこんな感じ、高さは2.5mもあったらしい
あ、カメラを持っていなかったのでiPhoneです



夕べのバレンタインデーにはホットチョコが振る舞われたようだけど
若いモンならカップルで行くのもいいだろうけど、熟年ともなると~ぶふふっ٩( ᐛ )و

バドの練習の行きか帰りに寄ってもいいかな
そう思ったけど、横目でちらっと見ただけでした

それにしても赤や紫の色もきれいだったのに
iPhoneが緑しか反応しないのはな~ぜ~?(;´д`)









意外だった小倉城
昨日草取りしといてよかった~♪(´ε` )
今日は朝から午前中は雨で、こんな日は‥‥

義母は部屋にこもって姪っ子の洋服のお直し、お手の物
とっちんは庭に生っている金柑をちぎり、義伯母ご所望のものをストーブで٩(^‿^)۶



ほんでもって、PCを台所のテーブルまで持ってきて記事の下書き
うひょ~~、こりゃいいわ(#^^#)v


さて日曜日に出かけたのは、小倉
日田彦山線で40分くらい、なにしろ田舎に住んでいるもんで(^-^;

らぼっちが性に合わないデパートで買い物したいと言い出したんです
実は次男から商品券をもらっていたから~~(笑)

まさかふたりがデパートだけに行くはずもなく
着いてすぐに、デパートの近くにある「小倉城」へと足を運びました

日田彦山線に乗ったのも初めてなら、小倉城も初めて!
何故に今まで訪れたことがなかったのか、ふ・し・ぎ~?!

小倉城といえば・・・・えっと~、なんも知らんぞ(; ゚Д゚)
調べろ調べろーーーーーー!

290212 小倉城1

慶長7年(1602年)、細川忠興公が築城した小倉城ですって
細川忠興は熊本に所縁があリ過ぎるお方、なんと(@_@)

寛永9年(1632年)細川家が肥後国に転封した後
明石城主だった小笠原忠真(ただざね)が入国し居城

天保8年(1837年)城内塩切場より出火、天守閣はじめ本丸が焼失
天保10年の再建されるも天守は建てられず

昭和34年(1959年)になって小倉城天守閣が再建され今に至る
ざっとこんなもん?、では参ろうか、いざっ!!

290212 小倉城2

階段ばかりですが、いす式リフトが備わっていました
実際乗れるのかな~、使用禁止の紙が貼ってあるところを見たけど

290212 小倉城3

ジオラマで当時の様子が再現されていました
よくできているようだけど、ちょっと暗いので細かいところはわからない

290212 小倉城4

約1,500体の和紙人形で貿易船から見た小倉の城下町らしい
和紙ね~、せっかくだから、もうちょっと近ければね~(^-^;

290212 小倉城5

写真を撮れるところも限られているので、こんなのばっか

290212 小倉城6

誰がいるの?

290212 小倉城8

島原の乱出陣前夜の作戦会議を、からくり人形で再現してあるそうな
首くらいしか動かないんですけどね(;´∀`)

290212 小倉城7

顔はめも今やこんな?

290212 小倉城9

階段を上がっていると突然のお出迎え!!
小倉城が消失したことに因んで描かれたという「迎え虎(雄虎)」

290212 小倉城9-1

どこから見ても真正面に見えるところから八方睨みの虎とも言われているとか
さて天守閣5階、南側には皿倉山が見える

290212 小倉城10

西側には中ほどにチラッと、ほんのチラッと若戸大橋が見える
わかるかな~?わっかんないだろうな~(*´з`)

290212 小倉城12

東側、ん~紫川の向こうはビルばっかりだ

290212 小倉城11

瓦に噛みついている鯱
カメラを敢えて持ってこなかったらぼっちが撮れ撮れとうるさい( ;一一)

290212 小倉城13

下りる途中に「送り虎(雌虎)」
小倉城焼失が寅年だった?因んでってそういうことなのかしら?

290212 小倉城13-1

ところでね、小倉城の周りを歩いてみたわけですよ
お城はともかく、石垣なんぞをつらつらと眺めながら

290212 小倉城14

ここの石垣は中世に多く用いられた「野面積み」で
主に近くの足立山系から運び出した自然石を使用、忠興の自慢の一つだったとか

290212 小倉城15

ん??それって当時のまま??
楔跡のある大きな石が至るところで浮いてるんですけど~~~~(;゚Д゚)

290212 小倉城16

復興待ち遠しい熊本城の石垣とは比べもんにならないんじゃ?
ああ、武者返しが懐かしいわ~(*'▽')

290212 小倉城17

天守閣は「唐造りの天守」と呼ばれる当時では珍しいお城
4階と5階の間に屋根のひさしがなく5階が4階よりも大きくなっているのが特徴だとか

290212 小倉城18-1

当たり前だけど、お城は中よりも外観のほうが見応えありますね~
この後、小笠原氏の別邸であった下屋敷跡を復元した大名の書院と庭園へ

290212 小倉城19

うーーん、これといって心に響くものなし

290212 小倉城20

人も少なかったしね

290212 小倉城21

足が痛いのか、面白みに欠けるのか、たったか歩いていくらぼっち
そうだった、カメラ持って来てないしiPhone残量1%だもん、無理ないわ(笑)

290212 小倉城22







<小倉城>
[アクセス] 地図はコチラ




テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

予定変更
今朝の朝焼け、西の空



昨日は久しぶりにカメラを持って出かけたので
今日こそはPCでアップし‥‥はっ!すっごく良い天気(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎



こんな日は畑の草取りでっせ~!
お、てんとう虫さんこんにちは♪



気持ちよく畑仕事ができました
春は近し(*^_^*)









ひっさしぶり過ぎて‥
四十九日も過ぎたってことで、超久しぶりにらぼっちとお出かけすることに
2人って何ヶ月ぶりかな?しかもJRで♪

時間に追われ、朝からとっちんはルーティンを済ませるのに必死
らぼっちはというと、駅まで車なのに雪で凍っている車の準備をしてない

とっちんがガラスの雪を払っていると「しなくていいから」と車中のらぼっち
そんなこと言ったって見えないじゃん

さあ!ようやく出発すると「スマホ忘れた」と、らぼっち
「連絡用にないと困るでしょ」とっちんの言葉に取りに帰る

アセアセ持って来て運転席に座った途端
「電池1%しかなーーい」「はあ~⁈」

なんじゃそりゃ( ̄▽ ̄;)
自分の寒さ対策に一生懸命でお出かけの準備をどうしてたのか忘れてたのね~



初めて乗る日田彦山線、車窓には雪(*´∀`)♪



しばらく走ると、ちょっと都会に



こんなところや



こんなところ



あんなところ



そして



帰り、とうとう無人駅となってしまった地元の駅に到着
だけど、結構人が降りたのにはびっくりでした



らぼっちが最近歩き慣れていなくて、すぐ疲れてた模様
便利な車生活も考えもん、人間歩かなくちゃね(^_−)−☆







Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog