七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
飫肥見てあるき、食べあるき♪ 後編 「厚焼処 おびの茶屋」etc 日南の旅⑦
昨日は今の時季ならではのドライブに出かけたのです
来週の三連休はどこにも出かけられない事情がいろいろあってですね^^;

秋を探しに行った先は・・
昨年も訪れた宇城市海東にある「彼岸花ロード」

でも、ちょっと朝が早過ぎて日陰が多かったんだな~^^;
道路の両脇に咲き乱れる彼岸花をきれいに撮ることはできなかったんです
ガードレールも結構邪魔だし(笑)

棚田の彼岸花は咲き乱れていましたよ♪

231001 海東彼岸花ロード1

でもよく見るとしらちゃけたものや、すでに枯れたのもたっくさん^^;
やっぱり難しいもんですわ、花って・・・

231001 海東彼岸花ロード2



さて昨日の見てあるき、食べあるきの続きです
6軒目にお邪魔したのが「間瀬田厚焼本家」さんです

230923 間瀬田厚焼本家1

飫肥の厚焼き玉子は有名で、今回の食べあるきの紹介にも7軒ほど載っていました
その中でも、創業元禄2年、城主に献上、の文字が躍っていたのがこちらのお店でした

なんだか格式高くとても入りづらい店構えに
ちょっとたじろぎつつも戸を開けると、誰もいらっしゃらない

「すみませ~ん」と声をかけるとおじさんが出てこられ
引換券を渡すと、黙って切り分けてくださいました

230923 間瀬田厚焼本家2

きめ細かい上品なたまご豆腐って感じ、思ったより甘さは控えめです
店内の写真を一枚撮ったところで「写真はおことわりしていますので」と言われちゃった^^;

やっぱり我々ふたりは身分の低い庶民ってことなんだな
棚に置いてある玉子焼きの値段に目が点になってしまった(笑)

「ごちそうさまでした」とそそくさと出て行ったんですが
殿様への献上品、一口でも食べることが出来てよかったかも^^

お次は「商家資料館」通行手形を出して中を見学します

230923 商家資料館1

明治3年(1870)に当時の山林地主の山本五兵衛が建てたものだとか

木造一部二階建ての白漆壁の土蔵作り
樹齢200年以上の飫肥杉を使っているそうですよ、すっごいですね~^^

230923 商家資料館2

泰平踊りの衣装や、昔の道具なだが置いてありました

230923 商家資料館4

そしてここでいただいたのはこ「姫あいす」です

230923 商家資料館5230923 商家資料館6

少~しピーチ味っぽいシャーベット状のアイス、暑かったので美味しかった♪
ここは食べあるき人気のお店のようで、みんな一人で1個ずつ食べてたけど
とっちんはひとくち、1個ほとんどらぼっちのお腹の中へと消えました^^

230923 商家資料館3

次にお邪魔したのは「厚焼処 おびの茶屋」さんです

230923 おびの茶屋1

やっぱり名物の厚焼き玉子は食べ比べをしてみないと・・・
な~んて、舌に自信もないくせにね(笑)

ここでは奥様に切って出していただきました

230923 おびの茶屋4

ぎゃはは、食べることに夢中で写真に収める前に半分こにしてしまい崩れちゃったよ^^;

こちらの厚焼き玉子は一切れも大きく、色も濃くて重い
食べると舌触りもしっかりしていて濃厚な玉子のお味♪
なにこれ?今まで食べたのと違~う

お客さんもひっきりなしに来られるのですが
ちょっと途切れた時に、見るからに職人気質といったご主人に話しかけてみました

すると「うちのは蒸さずに昔ながらの炭焼きでじっくり1時間かけて焼いています」
なるほど七輪に載せた玉子の容器の上に、また炭を置くという製法なんですね
「うちは機械で焼く他の店と違って、手焼きだから」とも^^

230923 おびの茶屋2

「最初の30分は鉄板の上に炭を置いて、後の30分は銅版に載せ変えます」
七輪は3つ、ずーっと玉子の具合をみながらつきっきりのようです

230923 おびの茶屋3

なぜ厚焼き玉子がとても甘いのか・・・
それは贅沢品でもあったようですが、日持ちさせるためだとも教えてくださいました

この大きさの厚焼き玉子を一日で20個作られるそうです、なくなったら終わり^^
「1週間は冷蔵庫でもつからね」

見るとお値段も量もお手ごろ、気がつかないうちにとっちんは手に取っていました(笑)
飫肥城下の厚焼き玉子はいくつもあれど熟年はこのお店がイチオシかな♪

230923 おびの茶屋5

お仕事の邪魔をして申し訳ありませんでした、また食べたいです^^

なんだか幸せな気分になった熟年ふたり、次はお隣の「泰平せんべい本舗」さん
ぎゃ~、なぜかお店の写真がない!
前のお店のインパクトが強すぎたのか?

お茶も出してもらったのにこんな写真だけ(笑)

230923 泰平せんべい本舗1

で、出されたお茶は全部らぼっちが飲んじゃったし(><)
後で車に乗ってから食べようとした時にはフライング、真ん中に割れ目が^^;

230923 泰平せんべい本舗3

味?なんかよくわからなかったな~、ベビーちゃんの食べるせんべいみたいな・・
ま、お店のかたには悪いけどご愛嬌ってことで(笑)

そして食べあるき最後はこちら、「ギャラリーこだま」さん

230923 ギャラリーこだま1

ちょっとお金持ちのような玄関のお店に入ってもどなたも出てこられません
しびれを切らしたらぼっちがずかずかと上がって行きました

調べたら、明治元年ごろに建築された薬問屋さんだったとかで
畳敷きの居間では、観光客に無料で美術品を鑑賞できる空間に
裏庭にある珍しい2階建ての土蔵は、展示とアロマのお店になっているそうです

1人前の引換券なのに、お座敷にどうどうと座る熟年二人(笑)
いただいたのは「醤油とみたらしの串だんご」

230923 ギャラリーこだま2

これが素朴でとても美味しかった♪

実は、ある場所で「美味しかったと言うと、もう1本おまけしてくれるよ」
と聞いていたんですが、「美味しかった」という頃合いがみつからず(笑)

そのかわり、喉が渇いたとっちんはアイスコーヒーを注文

230923 ギャラリーこだま3

らぼっちはというと、こともあろうにこんなものを@@

230923 ギャラリーこだま4

「太陽の恋」というパフェです
フルーツたっぷり、マンゴーも、そして飫肥らしくハート型の厚焼き玉子

230923 ギャラリーこだま5

熟年にはハートは必要ないですが、若い女の子にはウケルかも^^
プリンのような玉子ですから、何の違和感もないしかなり美味しかったですよ

さ、ここで食べあるきは10軒まわったので終~了~!!
お土産の厚焼き玉子は買ったけど最後だけだったな、実際お金を出して食べたのは(笑)

そして、町あるきの最後は「旧山本猪平家」です

230923 旧山本猪平家1

これ旧山本家の塀です、入り口は左側に見えるくぼんだところにあります

通行手形を出して玄関に向かおうとすると、通路に陶磁器のタイルが埋められていました

230923 旧山本猪平家2230923 旧山本猪平家3

このお屋敷は、豪商山本猪平が明治40年代に
隣接する小村寿太郎生家が没落した際に、土地を買い取り新築した商家の本宅だそうです

タイルもその当時の贅沢な流行だったのでしょうか、それとも単なる趣味?
玄関のタタキも総タイル張りでした

230923 旧山本猪平家8

座敷には豪華絢爛な着物が飾られておりました

230923 旧山本猪平家4

おんや、この廊下は?遊び心のある造りですね~^^

230923 旧山本猪平家5

ガラスにも模様が入れられていたり、床の間らしきところも複数ありました
個人的にはこの40cm角の木箱が非常に気になったのですが・・

230923 旧山本猪平家7

まさか、ビックリ箱じゃないよね(笑)

透明なガラス窓から差し込む日差しがやわらかくふりそそぎ
ほんわかするひとときがありました^^

230923 旧山本猪平家6


いや~、満足満足♪
飫肥の町の名物や歴史を堪能させていただきました

この『飫肥城下町食べあるき・町あるき』の企画、素晴らしいと思います
これなら入りづらそうな所でも遠慮なく入っていけますし、写真も撮れる^^

「飫肥城下町保存会」に問い合わせるといろいろ教えていただけると思います
保存会というところがいいですね、地元への愛を感じます♪

ふたりで「よかったね、いいところだね」と繰り返し駐車場に帰ると
らぼっちが「これがやりたい!」と言い出した^^;

230923 四半的0

ええ~っ、大丈夫なの~?
どこぞの団体さんが終わるのを待つ、ひとりルンルンのらぼっち

早速、指導員の方に教わります

230923 四半的4

写真を撮ろうと、とっちんが構えるも一向に矢を射ろうとしない
いつまでもこんな状態なんです

230923 四半的1

どうして?なんで?早く矢を!!
「・・・・・・」

じゃ、連写で撮るからね
「カシャカシャカシャカシャカシャカシャ・・・・」
10枚連写しても矢は放たれず、なにやってんの?

「いい?行くよー、いち、にの、さんっ!」
と言って連写を何回したことか(笑)

後で聞いたら、じっくり狙ってただけたい、ですって!
そうこうして、やっと矢が放たれました!!

230923 四半的2

「クシャ」
お、見事当たったか?
あちゃ~残念~、矢は的を大きくはずれました(笑)

230923 四半的3

なんで上の方から刺さっているのかよくわからないけど
一矢にあまりに時間がかかるので、とっちんは写真を撮るのも飽きてしまいました

まっ、10本あった矢のうち、どうにか3本が的に当たったようです
最初の1本はおじさんが景気良く太鼓を叩いてくれました♪

二人とも目が悪くてよくわからなかったけど、どうも真ん中には当たってないな^^;
でも本人は大満足の様子、よかったよかった^^

明日は、熟年夫婦らしい飫肥の良い所をご紹介しますね♪

230923 四半的5 

 


<商家資料館>
[アクセス]地図はコチラ

<厚焼処 おびの茶屋>
[アクセス]地図はコチラ

<旧山本猪平家>
[アクセス]地図はコチラ

スポンサーサイト

テーマ:宮崎 - ジャンル:地域情報

コメント
いやぁ
ほんと一緒に飫肥を旅してる気分になりました
満足 満腹 ・・・・してちゃいけないね
ちゃんと自分の目でも見なきゃ^^;
厚焼き卵が名物ってなんか面白いね
なんでだろ?築地もいっぱいあったね
目が点になった玉子焼きはおいくらだったんでしょうか
知りたい
2011/10/02(日) 21:23:43 | URL | KIKO | [ 編集 ]
飫肥って厚焼き卵も名物だったんだ~って今頃知りました(^^;
しかし、らぼっちさんは可愛らしいモノを御注文されたんですねv-350
きっとニコニコ、ニマニマして食べられたんでしょうね~(笑)

「玄関のタタキ」を「玄関のタヌキ」と読み間違えて、
総タイル張りのタヌキを探してしまった(>_<)
2011/10/02(日) 21:32:30 | URL | mam | [ 編集 ]
何にしても
庶民的なところがよいですね。
もちろん
マナーの悪い人たちが
きっと心証を悪くしているのでしょうけど。
そうはなりたくないものです。
2011/10/02(日) 22:34:14 | URL | JOKER | [ 編集 ]
こんにちは。
特に圧焼き卵に興味津々です。
東京は築地にテリー伊藤さんという
今はタレントさんのお父さんがやっている
厚焼き玉子やさんが有名で結構買いに行きましたよ。
たぶん桁が違うほどおいしいのだろうと思います。
東京の人はお金をださないとうまいものは食べられませんもん。それは私が田舎にきて実感したことです。
2011/10/03(月) 14:25:33 | URL | あかちん | [ 編集 ]
宇城市の彼岸花ロードってもしかして峠の岩清水があるところですかね?
そこを越えていくと、美里町の石段とかにたどり着くあたりではないですか?
あそこは彼岸花がよく咲いてるな~なんて思ってましたが、そんな名称がついてたんですね。
知らなかった~。
2011/10/03(月) 14:35:58 | URL | たいじ | [ 編集 ]
KIKOさんへ
歩き回った本人達は昼の郷土料理を食べた後の
食べ歩きだったのでふーっというくらい満腹でしたが
読む方も満腹になっちゃいましたか^^

お腹に入るならまだまだ食べちゃう系があったのですが
もらっちゃう系も入れないとお腹がはち切れそうでした^^;

間瀬田厚焼本家さんは最低の大名パックで1500円だったかな
お土産に買ったおびの茶屋の小(5切れ入り)は600円ちょっとでした
二人ですから、これで十分、それでも重さは半端なかった♪

卵を10個も使うそうなので
きっとお殿様のスイーツだったのでしょうね^^v
2011/10/03(月) 22:04:30 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
厚焼のお店は本当に多いですよ
さすがにこれだけを食べ比べすると
うぷっとなりそう^^;

なんせ暑くて歩き疲れて冷たいものが欲しかったんですよ
この愛らしい傘、すごいことにちゃんと閉じるんです

玄関のタヌキ、そう言えばよく見かけますが
ここにはいなかったです^m^

2011/10/03(月) 22:06:10 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
JOKERさんへ
そうですね、間瀬田の親父さんにとっては
不快な思いをした事で作ったルールなのかもしれませんね

熟年も最低限のマナーだけは持ち合わせているつもりですが
お店の方に睨まれていたこともあったかも、反省です^^;
2011/10/03(月) 22:07:41 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
築地の名門店と比べるとどうなんでしょうか
元禄の時代から郷土料理として残っているということは
こちらだって地元や観光客に高評で愛されているという証拠でしょう
でも築地の方は高そうだなぁ^^;
2011/10/03(月) 22:08:46 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
たいじさんへ
そうですよ、美里町の方から上って峠の石清水を過ぎ
その先の下った道路を彼岸花ロードと呼んでいるようですよ
下りた先はその昔、商家で賑わった小川町になりますよ

途中、海東の棚田や文殊堂があったり
この時期のドライブは格好なコースかも♪
2011/10/03(月) 22:09:47 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog