七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
東日本大震災から半年・・・
3月11日から今日で半年が経ちました

あの悪夢とも思えるような光景を見た時から
もう半年でしょうか?まだ半年でしょうか?

瓦礫の片付けられた町に緑が茂っても、あったはずの生活はそこにはありません
未だに仮設住宅以外の新しい建物の建設は行われていないとか
半年経った今も避難所に残る人たちもいます

そして放射線からの避難生活を余儀なくされている人たちも・・・
復興、再生、雇用、と状況は前に進んでいると言えるのでしょうか

野田内閣は出航まもなく大揺れに揺れていて
国民はまたしてもこんなバラバラで危なっかしい船に将来を任すのには嫌気が差します

次世代に託す日本の土地という財産を早く以前に近い状態にしなければ!
被災した方々に早く安定した元通りの生活をしてもらなければ!


遠い九州熊本でのこういう言葉は“きれいごと”かもしれません
実際、今の自分達でできることと言ったらまだ義援金くらい

何かをしなければと、矢も盾もたまらず現地に向かった人
継続して被災地に行き変わらない支援をしている人
本当に頭が下がります、申し訳なくも自分達はできません


先日、とあるところで“福島産”と書いてある桃を目にしたんです
なぜここに?と一瞬思いましたが、次の瞬間には手に取っていました
大きくて安くて、だったのにとっても美味しかったんです

風評被害も大きいですね
福岡での「福島の店」出店中止は非常に残念でした

一部でも反対意見があると企業は断念せざるを得ないという難しさ
支援は一方的にはできないという表れでしょうか

今日、熊本では東日本の瓦礫の受け入れ反対の署名も始まったという
汚染されたかどうかも定かでないたくさんの瓦礫
大量のそれらをどう処理されると日本の安全が保障されるのでしょうか

1週間前、紀伊半島に甚大な被害を及ぼした台風12号
被害に遭った人が「東日本の震災はどこかで他人事に感じていた」と答えていた

そうかもしれない、自分の都合でしか考えられないのが実際のところなのかも
“きれいごと”しか言えない、建前で考えることしかできない

震災以来考えていることは実は被災した方々には
申し訳ないことだったりするのではなどど考えたりもする

元気や勇気を送ることさえできないもどかしさを感じつつ
これからの日々をも送らなければならない情けなさ・・・

せめて、今年11月に結婚30周年を迎えるにあたり
来年には東北に行きたいねと話している熟年ふたりです



いいよぉ、って方はポチッしてね^^
 

いいなぁ、って方はポチッしてね^^
人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
こんばんは。
個人の意見ですが、グランドデザインがなぜできあがらないのでしょうか。被災地以外の人は人事の人も中にはいるでしょう。だからこそ、グランドデザインなのです。東北をあきらめて九州に移り住んだ方もおられます。その逆で東北のグランドデザインで将来の夢を実現するために移り住んでいく人が多数出るくらいのグランドデザインが欲しいのです。石油を使わない都市計画をデザインすれば石油会社が足を引っ張りにくるでしょう。薬屋だって武田薬品に多数の厚労省役人が天下っているからジェネリックなんて進まない。政官業がこの期に及んでも自分たちのことばかり考えているんじゃないでしょうか。長く生きて世の中の仕組みがわかってきましたが、さらに露骨にやり始めてますね。それだけに日本の寿命ももう少しかななんてマイナス思考もちらほらでてきます。鉢呂でも何でもいいから前に進めてくださいな自民党さん。ここで解散に追い詰めたら自民もなくなりますよ。国民怒ってますよ。
2011/09/12(月) 15:33:43 | URL | あかちん | [ 編集 ]
おぉ11月で30周年とはおめでとうございます。
是非東北に行って温泉や郷土料理を楽しんできてくださいな。

それにしてもホント、新内閣は足並み揃わず本当に復興できるんですかね~。
我々が出来るのは確かに義援金等、間接的な支援だけですからね。私も出来るだけ貢献したいと思っています。
2011/09/12(月) 20:58:27 | URL | たいじ | [ 編集 ]
ほんとに
半年たってもなんだか進んでいないような気がしますよね
多分被災していない私達が色々と考えて物を言っても
やっぱりきれいごとなんでしょうね
何もできないので細々でも義捐金を送るくらいしかできないです

私達もやっぱり日々暮らしていかなくてはいけないので
被災された方達の事ばかり考えていられないけど
普通にありがたく生きていきましょう

30年 それはおめでたい♪
今から楽しみですね
2011/09/12(月) 21:43:32 | URL | KIKO | [ 編集 ]
あかちんさんへ
政官業の癒着と言われて久しいですよね
確かに天下りは社会が捩れを生む大きな要因となっていると思います
しかし最近は相当改善されていますよ、知っている限りでは
キャリア族の多くが60才まで働いてますから^^;

結局のところ、東北の復興計画は国はなく、県と市町が
どのような街づくりをするのか地域の方たちとじっくり
語り合って決めていくしかない気がします

そのための一つのハードルが、汚染された瓦礫です
原発周辺の土地を国が買い上げて埋めるしかないだろう
というと、とっちんがそれは難しかろうと言います

二人でさえこれですから、復興計画の総論賛成でも
各論になるとなかなか決まらないのだろうな、と思います
急がなくてはなりませんが、難しいのも事実ですね・・・
2011/09/12(月) 23:02:05 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
たいじさんへ
えへへ、たいじさん達の大先輩でしょう^^;
相手への感謝の気持ちさえ忘れなければ、いつまでも夫婦円満ですよ、なんちゃって!

はい、来年は二人で絶対に東北に行ってきます
美味しいものを食べに♪
2011/09/12(月) 23:06:11 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
やはり、復興が進んでいないと感じるのは
除染と瓦礫処理が本格的に動いてないからでしょうかね
でも確実に着実に一歩ずつ進んでいますよ、きっと♪

早いものでもう30年です
高校生のころ、誰と結婚しているのか未来を見に行きたい
なんて思っていたのを想いだし笑いしてます
その誰かは後ろで寝てますけど^^
2011/09/12(月) 23:12:52 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog