七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
古墳と彫刻が自慢の「三の宮神社」、五円玉の倍返しで商売繁盛の「四山神社」
原発1号機の海水注入が一時中断したとされる問題
国会でもあれだけ時間を割いて質疑応答されていましたが

えっ、なんて??夕方のニュースを見てびっくり!
実際には停止されず現場の判断で注水が継続していたとのこと

おいおい、何でもっと早く報告、連絡を上げないの
怖くてできなかったのか??
何が真実なのか、何を信じたらよいのか、国民もマスコミも振り回されっぱなし!

全てにおいて東電はリスク管理ができていませんね
それとも自民党の策略か^^;
国会で時間が浪費されたことだけは事実のようです、いつものことか・・・



さて、荒尾市の続きです♪
5、6世紀頃の荒尾市辺りは、肥後国というよりも、北部九州一帯の古代文化圏であったようです
その時代のお勉強にちょいと行ってきました

荒尾市北部、水田と諏訪川に挟まれるように「三の宮神社」があります
遠目に見ると大きな木がもっこりしていたのですぐに発見!

姪っ子は鳥居のうえの石が気になってしょうがないみたい^^;

230521 三の宮神社1

この神社はなんと、荒尾市唯一の前方後円墳である「三ノ宮古墳」を
平らに削り建てられたそうです
そんなことしてよかったのかな^^;

230521 三の宮神社5

境内に入って驚いたのが、御神木が無惨にも倒れていたことです
黄色のテープで囲まれていて、まるで事件現場みたい^^;

その奥に見える小さな小屋が古墳に関係のある方が納められています

230521 三の宮神社2

阿蘇溶結凝灰岩を用いて武装した兵士の上半身を丸彫りした「石人」です

230521 三の宮神社4

兜をかぶり、短甲(鎧)を身につけ、赤い顔料で彩色されている
と書いてありますが、よくわかりません^^;

230521 三の宮神社3

この上半身を墓から出して埋められていたようです
有力豪族の墓でしょうから、死後も守ってもらいたかったのでしょうね

この神社をぐるっと一回り♪
四面に蓮華座に座る仏像が力強く彫られている「四方仏」とよばれる石造物

230521 三の宮神社7

ん~、ピントがネットに合ってしまう^^;

230521 三の宮神社6

拝殿も、本殿自体もいたって普通♪
というよりもシンプルすぎるくらい質素な神社ですよ

230521 三の宮神社8

でもね、でもね^^
この神社で最も驚かされたのはこれこれ!

本殿の見事な彫刻、いかがですか

230521 三の宮神社9-1 

230521 三の宮神社9

この魚や馬、波、雲?の立体感
そして補修はしたのでしょうが、鮮やかな獅子の色彩

230521 三の宮神社10

これだったら大分の神社にも引けをとらないね、と二人で感動♪

230521 三の宮神社11

田舎の神社と思っていましたが、いやー新鮮な驚きがありました



三の次は四ですよね^^v
ということで次に来たのが、海沿いの丘の上にある「四山神社」

本当は国道横に大きな駐車場があって、そこから上るのが常道なのですが
ナビを見たら境内まで道が続いていたので、一気に急坂を上っっちゃいました^^;
きっちり並べば10台位は停められそうな駐車場がありますよ

230521 四山神社1

さてここは、虚空蔵菩薩が降臨された地として、1070年に菊池則隆がお堂を建立
その後、1605年に加藤清正により再建されましたが
明治時代の神仏分離政策により四山神社として発足しました

230521 四山神社2

今でも、地元では「虚空蔵(こくんぞ)さん」の愛称で親しまれています
古くから商売繁盛・縁結び・交通安全の神として信仰を集め、春秋のお祭りでは
神社から福銭と呼ばれる五円玉をお借りして
翌年には倍にして返す「福授け」で大賑わいとのこと

230521 四山神社7

それでこの五円玉の石像があるんですね^^

230521 四山神社3

この神社はハートマークがたくさんありますよ
中でも一番大きかったのがこれ、燈籠だったかな?

230521 四山神社4 

境内の本殿には「四ッ山古墳」の案内看板もあります
ここもまずは古墳があって、虚空蔵菩薩降臨の信仰を生む霊地となったのでしょう

230521 四山神社5 

四ッ山古墳は横穴式石室墳ですが、封土はすでに失なわれ
石室を構築した巨石砂岩の用材のみが残されていました

230521 四山神社6

この神社から南に丘を進むと島原湾唯一の沿岸大型灯台と呼ばれる
「三池港灯台」(通称 四ツ山灯台)があります

230521 四山神社9

230521 四山神社8

この日も曇り空だったので、残念ながら白い灯台が映えません

230521 四山神社10 

でも、眼下には荒尾競馬場や有明海の絶景を望むことができました
ここで荒尾の2大メロンパンの食べ比べをしたんだなぁ^^

姪っ子は文句も言わず、神社らーについてきます^^


<三の宮神社>
[所在地]荒尾市下井手
[アクセス]地図はコチラ

<四山神社>
[所在地]荒尾市大島818
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
ご縁
五円玉の石像
迫力ありますね
コンビニでは使えそうにないですが(笑)
ご縁がありますように(笑)
2011/05/26(木) 22:18:07 | URL | JOKER | [ 編集 ]
神社らーに文句も言わずについてくる姪っ子ちゃん。
なんていい子なのかしら(笑)

御神木は残念ですけど、彫刻は立派!!
確かに大分に対抗できそう。

灯台、抜けるような青空が欲しかったですね。
2011/05/26(木) 23:11:17 | URL | mam | [ 編集 ]
こんばんは。
五円のお参りすてきですね。
なんか現代的で。
昔の生活や思いを感じたのは
彫刻ですね。もともとは色が付いていたのでしょうか。
野外に近い形ですけども火事等に会わず
保存されていることに価値を感じます。
2011/05/26(木) 23:23:30 | URL | あかちん | [ 編集 ]
JOKERさんへ
この五円玉はギャートルズの時代でしか
使えないみたいです^^
やっぱ10円ではご縁はなかったかな♪
2011/05/27(金) 00:05:59 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
姪っ子には熟年の素性がばれてるから
神社巡りは想定の範囲だったかも^^
ねっ、彫刻りっぱでしょ
今まで見た肥後の神社ではNo1ではなかろうか??
灯台はやっぱブルースカイですよね、残念でした♪
2011/05/27(金) 00:13:59 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
こういった彫刻に二人は萌えるんですよ♪
波や魚といった水に関係する彫り物は
火事を寄せ付けないとの想いがあるようですよ
本殿上の彫刻はたぶん色はなかったと思います
見たことないから^^;
2011/05/27(金) 00:21:08 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
おォ!荒尾に行かれたんですね!
実は母は荒尾出身なんですよ☆
四ツ山で育ちました(^_^) 幼い頃はよく四ツ山に行きましたよ~
今は炭鉱の町もさびれちゃってるのかなぁ。。。

よく母たちが「今日はこくんぞさん」と言っているお祭りが年に2回四山神社であるんですよね☆
私は幼い頃この神社がこくんぞさんというのかなと思っていまいたw

2011/05/27(金) 08:26:23 | URL | ほっぺがアンパンマン | [ 編集 ]
お~
ほんと凄い彫刻ですね~見事だ
色もついてるし

三ノ宮で四山で五円玉。。。。いいなぁ
いいご縁がありますように
ネットのこっちからお参りしておこう 5円がもらえないな(^▽^;)
やっぱり行かなきゃ!!
2011/05/27(金) 18:20:39 | URL | KIKO | [ 編集 ]
こんばんは(^^)
姪っ子さんには
神社ラーの英才教育でしょうか?(^^)

早くから目覚める
かもですね(*´∇`*)

ハートのマークが
斬新で可愛い♡♡♡
本殿の彫刻は本当に見事ですね~(*'o'*)
2011/05/27(金) 22:39:24 | URL | MILK | [ 編集 ]
ほっぺがアンパンマン さんへ
なんと四山神社は幼少の頃の庭でしたか
それは毎日足腰が鍛えられたことでしょう^^

この神社をこくんぞさんでいいんですよ
この地に祀られているわけですから♪
歴史のある素敵な町ですね、荒尾^^
2011/05/27(金) 23:04:07 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
そうか、三、四、五があったんだ
なんで気がつかないんだろう、バカ・バカ・バカ!
さすがKIKO様^^

ネットでは福銭は無理かな
でも五円の倍返しでいいなら良心的ですよね^m^
2011/05/27(金) 23:48:34 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
MILKさんへ
姪っ子にはとっちんの神社らーの血が
もしかしたら流れてるかもです♪
後で報告しますが
鳥居の下で格闘してましたから^^;

こんなにぶっといハートマークに
お目にかかったのは初めてでした^^
コレに敵う長崎の彫刻はありますか
って大分に負けっぱなしなんですけど^^;
2011/05/27(金) 23:55:16 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog