七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
鐘楼門、赤穂浪士、おびんずるさま、石橋~見どころ満載♪ 「日輪寺」
今日は25度を越える夏日でしたね
暑かった~、我が家はまだ窓が開いています^^
今から猛暑が怖くなります、今年はどうだろ・・・


さて今日は「日輪寺(にちりんじ)」のお話です
今日も今日とて、長くなりますのでご覚悟を(笑)

230423 日輪寺1

山鹿を紹介する「山鹿探訪ナビ」にはこう紹介されています

『日輪寺は、平安時代に天台宗の寺として開山され、鎌倉時代に曹洞宗に改められました。
菊池武時、加藤清正、細川忠利ら歴代の領主より手厚く庇護された名刹です。
昭和44年、日輪寺裏山でつつじ育苗園を造成中
古墳時代前期の竜王山古墳が発見され話題を呼びました。
長い歴史を持つ寺であるため、境内には多くの史跡があります。』


あっれ~?天台宗から曹洞宗に改宗?
高森の含蔵寺と同じだ、結構そういうこと多かったんですね^^;

「鐘楼門」です

230423 日輪寺2

丸い窓がいい感じ^^
梯子があったのでちょっと登って中を拝見!

230423 日輪寺3

室町時代に菊池家12代、菊池武時が迎え
日輪寺を最興した天菴懐義(てんあんえぎ)が1358年に勧進鋳造したものだとか
高さ115cm、直径79cmあり山鹿市の指定文化財に指定されています

こちらはラカン槙の木

230423 日輪寺4

菊池家12代、菊池武時が手植えしたとされていることで樹齢は680年くらいになる?

230423 日輪寺5

幹周りが2.4m、樹高が約25mあります
こんな大きな槙の木は見たことないかも^^

そのラカン槙の前に「観音堂」があります

230423 日輪寺6

閉まっていたので、肉眼でもよく見えません
どうしても十一面観音様が見たくてカメラをガラスに貼り付けて撮ってみました

よかった~、どうにか写ってた^^

230423 日輪寺7

その横には「赤穂浪士遺髪搭」があります

230423 日輪寺8

なぜここに遺髪搭があるかはこちら↓をクリックしてください(すっごい手抜き^^;)

230423 日輪寺8-1

そしてそのまた横に「蛍塚」といわれる芭蕉の句碑があります
芭蕉がここに来たわけではないのですね

230423 日輪寺9

そしてまたまたその横に菊池武時公息女「了心素覚尼」のお墓

230423 日輪寺10

えらくまた騒々しいところにありますね
これじゃゆっくり眠れないんじゃないかな^^;

ここでやっと案内図がありました(大きくして見てね)

230423 日輪寺11

本堂に着きました

230423 日輪寺12

おっさん、入っちゃってるじゃん(笑)

本堂の右側にあったお地蔵様たち
なぜかみんな笑っていらっしゃる、こちらも自然と笑みがこぼれます^^

230423 日輪寺14

こちらは水子地蔵尊

230423 日輪寺13

横に入り口があります

230423 日輪寺15

ここで大佛拝観料250円払って、登りましょうかね
ありゃ~ん、案内人ならぬ案内猫ちゃんがいましたよ♪

230423 日輪寺16 230423 日輪寺34

で、そこの橋までの10mを案内してもらって
ん?これは案内とは言わない?ま、いいじゃないですか(笑)

230423 日輪寺17

小高いところに見える建物では精進料理がいただけるそうです
予約制ですけどね^^

弘法大使像のところで脇道にそれ、少し登ったところには「大石内蔵助」の像がありました

230423 日輪寺18

細川藩邸が預かった十七士の中にはこの大石内蔵助良雄がいたのですね~
毎年2月4日の義士命日には、ここ日輪寺の遺髪搭前で「義士まつり」が行われるということです

こちらは菊池武時公のお墓
ご息女と違って誰も来ないようなすごーく静かなところにありました

230423 日輪寺19

金毘羅堂の鳥居、もみじの若葉がそれはそれはきれいでした

230423 日輪寺20

その奥には「石体観音三十三基」なる石仏がありました
こちらも市の指定文化財となっています

230423 日輪寺21

三十三体もあったかな?数えてないけど^^;

さ、本来の道に戻りますよ
やっぱり、紅葉シーズンもよさげです^^

230423 日輪寺22

石段を登りきると、どーんと立って?おられました
この方が「おびんずるさま」でございます

230423 日輪寺23

「おびんずるさま」とは釈迦如来のお弟子様、十六羅漢のひとりで
衆生の無病息災、病気平癒などを願う半臥(はんが)撫で佛様(びんずる尊者)のことです

230423 日輪寺24

正面から見ると定かではありませんが
横から坂を登って行くと半臥の状態がよくわかります、ね!

230423 日輪寺25

ここで「左手に載っているのは○ンチ?」などと不届きなことを言うらぼっち
「んじゃなかったら、スライム♪」

こんなヤツはほっときましょう!
さあ、おびんずるさまのわき腹から入っていきますよ~^^

230423 日輪寺26

写真を撮る了解をいただきました
中ではご本尊様を前に、撫で佛様が横になっておられます

230423 日輪寺26-1

作法を教えていただきながらお参りします
230423 日輪寺27-1-2
230423 日輪寺27-3-4

自身の体の悪いところを触ってお願いしてください、とのことで撫でまくるらぼっち
最後はご丁寧に頭まで、そうそうそこが一番大事^^

230423 日輪寺27-5

ここを管理のご婦人に伺いました
「おびんずるさまは何で出来ていますか」
「グラスファイバーで出来ています」
「何を持っておられるのですか」
「あれは蓮の実ですよ」
と教えてくださいました

「ああ、そうですか」と納得とも落胆ともとれない表情のらぼっち
何を期待していたんだ?

ありがとうございました、と出たところで
「あ、何も触ってないし、お願いもしてない!」カメラマンに徹したとっちんなのでした^^;

いいや、おびんずるさまの後頭部にお願いしとこ!(笑)

230423 日輪寺28

最後はは駐車場から見えていた石橋にGO!

県指定重要文化財の「湯町橋」です
豊後街道が吉田川を渡る山鹿口に架かっていたものを昭和49年に移設したものです

230423 日輪寺29

文化11年(1814年)石工・仁平の一門といわれる地元、鍋田の石工・吉兵衛らによって築かれました
楔石の銘文にそのことが記されています

230423 日輪寺31

熟年ふたり当然のことながら、裏から見てみますと
こんなところが・・・

230423 日輪寺32

石の合わせ方もさることながら、いろんな大きさの傷の跡
道具も数種類あって削ったんだろうな~

県下でも2番目に古く、山鹿の石橋の中でも大きいものだとか
かの篤姫が通ったとかいう話もあった、ほんとかな?

230423 日輪寺33-1


いやいや日輪寺って見どころ満載でした♪
貴重な体験もしたし、つつじも綺麗だったし大満足しました

230423 日輪寺35


<日輪寺>
[所在地]熊本県山鹿市杉1607
[アクセス]地図はコチラ

スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
「おびんずるさま」の左手のブツ、○ンちだなんて、
ちょいとテルルがうつってません?(^^;

しかし、本堂横のお地蔵様の表情がいいですねー。
本当にこっちまでにっこりしてしまう。

モミジに石橋に大仏様に・・・見どころ満載でしたね。
しっかり楽しませていただきました!
2011/04/26(火) 23:31:34 | URL | mam | [ 編集 ]
mamさんへ

テルルさんのご愛嬌が移ったかな
いえいえ、らぼっちの地ですから^^

ここは境内はそんなに広くはないんですが
見どころがギュッと詰まった感じです

秋はまたよさげだと思いますよ♪
2011/04/27(水) 00:08:17 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あの傾いてる仏像、私は入ってみたかったんですが、ダーが興味ナッシングでスルーしたんですけど、中はそんな風になってたんですね!
ここで知れて満足しました(笑)

にしても○ンチだなんてダーと同じ事言ってる(≧∇≦)
ま、そんなダーに「せめてスライムで」って言った私も同等ですが(^□^;)
っていうかスライム知ってるなんてらぼっちさん、若いなぁ~^^
2011/04/27(水) 09:40:39 | URL | ユカ | [ 編集 ]
こんにちは。
日輪寺ですか。
いつも行ったことないスポットを記事にしていただけるので興味深いです。
あのスライム状のありがたいものは何ですかね。気になってます。
2011/04/27(水) 13:50:18 | URL | あかちん | [ 編集 ]
ユカさんへ

へへへ、お二人と考えることが一緒だった^^
そう見えますよね
ドラクエ3くらいまでは子供と一緒になってやってましたから
ドラクエ用語はバッチリです!

像の中の仏様に撫でまくりました♪
特に膝に効いてほしいんです^^
2011/04/27(水) 20:44:30 | URL | とっちん | [ 編集 ]
あかちんさんへ

マニアックにいつもお付き合いいただき
ありがとうございます♪

あの○ンチみたいなのは
蓮の実だそうです
実の形は違いますから
実が如雨露みたいなところから
頭を出したところではないでしょうか^^


2011/04/27(水) 20:55:18 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
本当見どころ満載だったのですね~
像の中に入ってお参りするんですね
面白いなぁ
赤穂浪士の遺髪塔なんていうのもびっくりですね
つつじも綺麗だし石橋あるし ほんと良い所見せていただきました(^^)v
2011/04/27(水) 21:22:11 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ

細川家は赤穂浪士の一部を預かり
切腹まで面倒を負かされるんですが丁重にもてなしました
毛利家では罪人扱いだったそうです
細川の殿様すごいでしょう♪

正直、こんな大きな仏像があるなんて知りませんでした^^
2011/04/27(水) 22:59:06 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
ふふふ、私達もいつも「○んち」か「スライム」かで
論議してました(笑)
やっぱり、とっちんさん達も話題になったんですね~。
どこも同じで嬉しいです♪
つつじ綺麗ですねー。
今日あたり行けたら行きたいな~!
2011/04/28(木) 09:09:41 | URL | ゆきんこapila | [ 編集 ]
久留米に親戚がいるので熊本から行くときにたまに通っていて遠くからでも見えるでっかい仏像が気になってはいましたが、中はそんな風になってたんですね☆

蓮の実ですか・・・そうですか。。
なんかがっかり?w
でもスライムは絶対ないでしょ?w
〇ンチはまだわかりませんけどね(いや、ないだろう)
2011/04/28(木) 10:59:55 | URL | ほっぺがアンパンマン | [ 編集 ]
ゆきんこapilaさんへ

皆さん、同じなんだね
こちらも安心しました^^
だって色が悪いよね

今週末くらいが一番いいかもですね♪
今日は行けたのかな^^
2011/04/28(木) 21:13:05 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
ほっぺがアンパンマンさんへ

実は熟年はこんな大きな仏像があるとは知らなかったんですよ
いろんなものと出会えて、日輪寺はお得です^^
ほっぺがアンパンマンさん
○んちではありませんから
色も形も似てますが^^;
2011/04/28(木) 21:20:32 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog