七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
天領日田WaiWaiツアー? 江戸時代の酒蔵に囲まれて甘酒を♪ 「薫長酒造」
「ピンポ?ン」 朝から誰じゃ、と思いながら玄関に出てみると
先週から道路拡張工事を行っている現場監督と思われるおじさん

「すみませんが、水道管を破っってしまったのでしばらく水が使えません
使えるようになったらまたお知らせしますので」
「・・・はぁ、わかりました」

なんか今回の工事ではいろいろあるよな?
最初の測量の時には、不動産屋さんが家庭枡のふたを割っちゃったし
いつのまにか水仙が踏み倒されて盛り土され掘り起こせなくなっちゃたし

水が使えるようになったのはお昼でした
“なんだかな?”とつぶやいたとっちんでした


さあ、豆田に来たらここは外せないでしょう
このおひなまつりの期間中に「新酒まつり」を行っている「薫長酒造」さんのお話です

手のじのお二人が昨日アップされていますよん^^

「薫長酒造」さんの近くまで来た時、折りよく着物姿の若い女性が♪

230305 薫長酒造1

バックのなまこ壁といい感じじゃありませんか
ほれほれひょっとこ二人、鼻の下を伸ばさないよ?^^

230305 薫長酒造2

澄み切った青い空に「薫長酒造」さんの歴史のありそうな屋根が映えるな?
酒蔵ではお馴染みの杉玉、とても大きなものが下げてありました

230305 薫長酒造3
230305 薫長酒造4

じゃ、入ってみましょうかね
実は入る前に入口付近で5分以上うろついていたんです
さっさと入れよって感じですが、いろいろ気になるものがあるんですよ^^;

230305 薫長酒造5

薫長の酒蔵は元禄15年(1702年)に建てられたのが一番古い蔵で
後に安永、文政、安政、明治、大正・・・あれ?
5棟の蔵がすべて建築当時の姿で残っているとされているけど6棟あるぞ

230305 薫長酒造5-1

あ、細かいって?すみません^^;
現在もその蔵を使って清酒や焼酎の製造が行われているということですから、すごいですね!

230305 薫長酒造6

わ?ん、なんていい景色ざんしょ♪
すぐさま近寄って・・・ちょっと待った!くんくん、何かが我らを呼んでいる?^^

230305 薫長酒造7

頼んでもないのにすでに順番待ちをしていたらぼっち
いいぞ?、養豚ツアー全開だーー☆(本当にいいのか?・・・)

230305 薫長酒造8

うん、やっぱりいいみたい、お二人も並んでたし^^
ごめんなさい、お先に「いっただきま?す!」

230305 薫長酒造9

おお、この甘酒とっても美味しいーーー♪
今まで飲んでいた甘酒は何だったのって言うくらい旨味がある
甘過ぎずあっさりしていて風味がいいので何杯もおかわりしたくなるくらい

230305 薫長酒造10

甘酒まんじゅうもふわっふわの生地にとろ?りこし餡で、うまそ?^^
と、ここでやってしまった

渡された半分にしたおまんじゅう、さっさと食べてしまったらぼっちにつられてパクッ!
「はひあふほふひ、アッチーーーー!!」

今の今まで蒸されていたんだから当たり前ですよね
みなさんも甘酒まんじゅうには気をつけましょう^_-

奥に進むとまた杉玉が!花粉症の人は近寄れないんだろうな?
と思いつつ撮ってたら後ろからmamさんに狙われていた^^;

230305 薫長酒造11

いいな?、このレンガの煙突、素敵♪

230305 薫長酒造12

この埋められた大きな窯はどうやってお湯をたぎらせているんでしょうか
レンガの煙突とどこぞで繋がっているのか?妙なところが気になる(笑)

230305 薫長酒造14

その先の酒造資料館1階では竹久夢二木版画展が開催中でした

230305 薫長酒造13

はぁ?ん?天井とタンクしか撮ってないし(笑)

さあ、資料館の2階に上がってみますよ
わりと急な階段でかなりすり減っていましたが、とてもしっかりしたものでした

230305 薫長酒造15

うおー、こりゃ立派な梁ですこと!

230305 薫長酒造16

なんたって築180年ですからね、「すごい」としか言葉が出てきません

230305 薫長酒造17

「おっちゃん、大丈夫、頭はつかえないから」こういうことしか言えないとは、情けない^^;

これは「滑車(ウィンチ)」
今はふさがれていますが、昔は床の一部が開けられ
この滑車で重い荷物が2階に上げられるようになっていたということです

230305 薫長酒造18

おやテルルさん、今度は何に興味を持たれました?

230305 薫長酒造19

昔の酒造りのいろんな道具が所狭しと並んでいました

230305 薫長酒造20-1 230305 薫長酒造20-2
230305 薫長酒造20-3 230305 薫長酒造20-4

なんせ酒蔵ですから、暗いし寒い、ひととおり見たら降りましょか

230305 薫長酒造21

さてお楽しみの試飲コーナーへ^^
ん?テルルさんmamさん、もう飲んだの?

230305 薫長酒造22

しぼりたて生原酒と生にごり原酒が置いてありました
生唾ごっくんのとっちんの横で「運転はお願いね?」とキュッと飲むらぼっち

230305 薫長酒造23

あれあれ?お気に召しませんでしたか
なに、他にも試飲させてもらったら考えるとこだったって?図々しい(笑)

さて「薫長酒造」さんでの〆はこれです

230305 薫長酒造24

吟醸アイスクリームですよん♪

230305 薫長酒造25

蔵の中では寒かったのでアイスはちょっとと思っていたとっちん
当然1個しか買いませんでした

ところがらぼっちの持っているアイスをぶん取っては食べる、食べる
らぼっちが珍しいものを見るように唖然としてました

それだけこのアイスが美味しかったっつうことです
お酒が全くだめな人には違うアイスもあるみたいですよ

薫長の生酒と大吟醸酒粕がブレンドされているということですが、お酒の味とかしたっけ?
赤米がとてもいいアクセントになってます

ってか、残りのコーンをしれ?っと手渡すの止めてくれる?らぼっちさんよ(笑)

いいもの見れたし食べれたし、よかったな?クンチョウさん
さ、お次は目の前じゃ?♪

230305 薫長酒造26

<薫長酒造>薫長HP
[所在地]大分県日田市豆田町6-31
[アクセス]地図はコチラ

スポンサーサイト

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

コメント
さすがだ。
いいですね~、文章がすっきりまとまってる!
さすがだわ。

しかし、あの大釜のお湯は何処からやってくるんでしょうね?
熱湯消毒用みたいだから、かなりの高温だと思うんですけど・・・。

甘酒もお饅頭もアイスも美味しかったですね~。
また食べたいですもん(^^)

でも最後に食べかけのコーンだけを手渡すらぼっちさん、
面白かった~。
あれ、手渡された方は結構ムカつくんですよね(笑)
今回はお茶目ならぼっちさんをたくさん見れたような気がします♡
2011/03/08(火) 21:40:05 | URL | mam | [ 編集 ]
楽しそう(^o^)
和気藹々
美味しく
楽しく
撮影しているのが,写真からも
伝わりますよね。
うらやましいし,かくありたいモノです。
趣味は楽しく!(美味しく)
2011/03/08(火) 21:44:49 | URL | JOKER | [ 編集 ]
写真
素敵ですね
そうそうここの煙突 みなさん撮ってますよね
いい感じだわ
青空と映えて美しい
とっちんさんもmamさんも文章が凄いわ
とっても面白いし楽しい
今回も美味しい文書ありがとです♪
2011/03/08(火) 22:42:06 | URL | KIKO | [ 編集 ]
mamさんへ
大窯の熱湯による消毒シーンを見逃したらぼっちです
熱湯はどこからかくるわけではなく
窯の下にバーナーがあって煙突とセットかなぁ^^

ひょっとこは優しいのです、でも本音は
コーンの残りでも渡しとかないと
「あっ、全部食べたね」といって角が出るんですよ
どっちにしても出ましたが(笑)
2011/03/08(火) 23:45:06 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
JOKERさんへ
はい、相手の写真もおかまいなしに
パシャパシャ撮りまくるんですよ♪
わきあいあいやってる時は、皆いい味出すんです^^
趣味は楽しく、いつまでもかくありたいものです♪
2011/03/09(水) 00:04:16 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
蔵に囲まれたこの場所で見上げたら煙突♪
座ってローから何枚も撮っちゃいました^^

文章、文書?お褒めいただきわが事のように嬉しいらぼっちです
これからも気分よく書いてくれるから、ねっ^^;

KIKOさん、キーボードの入力は大丈夫なのかな♪
2011/03/09(水) 00:16:59 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog