七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
天草を代表する楠と梅だよん♪ 「下浦の天満宮の大楠」と「延慶寺の兜梅」
この週末は暖かかったですね、急に4月の陽気ではあーりませんか
さぞかし、今日あたり梅も満開だったことでしょう^^


今日の記事にも、その梅があっぷされていますが
取材は大阪に行った前の週の2月5日です
決して、今週ではないので、ご承知おきくださいね^^

熟年夫婦が倉岳の国道266号線を走らせたのは巨樹情報に誘われたから
めざすは下島のすぐ手前の半島にある「下浦天満宮の大楠」です

それは集落道の下り坂を緩やかに右にカーブするところにありました
運転席から見えるそのダイナミックな姿からだけで、これだとすぐにわかります

230205 下浦船場天満宮1

大楠は鳥居を覆うように大きな枝をいくつも伸ばし、樹勢はまだまだ衰えていないようです

230205 下浦船場天満宮2

230205 下浦船場天満宮4 230205 下浦船場天満宮5

根元の幹周りが約8.5m、樹高も20m以上ある巨樹です
昔、船を造るために一度切り倒されたという悲しい民話「大楠の精」が残されています
民話からするとこれは二代目で樹齢は約300年くらいでしょうか

230205 下浦船場天満宮10

230205 下浦船場天満宮6

230205 下浦船場天満宮8jpg 230205 下浦船場天満宮9jpg

こちらは拝殿なのか、舞台なのか良く分かりませんでしたが
境内は綺麗に掃除されていました

地域の皆さんが大切にお護りしていることがわかる小さな天満様でした

230205 下浦船場天満宮7

さらに本渡方面へ足を伸ばします
向かったのは熊本でも有名な梅の木があるから、「延慶寺の兜梅」です^^

230205 兜梅1

すぐ横には保育園が併設されています
平日だったらさぞかし賑やかな声が響いていることでしょう^^

230205 兜梅2

門を見上げると、ぷぷぷ^m^
鬼瓦かな? 瓦の模様が顔に見える

230205 兜梅12

こちらが延慶寺、木々で全体は見えにくい^^;

230205 兜梅4

近寄ると目に付いたのがガラスに描かれた綺麗な文様♪
こういうのって、何か意味があるんでしょうけどね
まあ、ゆるゆるですからそれ以上は突っ込まないでくださいね^^

230205 兜梅3

兜梅は寺の裏側にあるようで、こちらの左側から回り込みます

230205 兜梅5

この格子戸をくぐると結構大きな庭があります

230205 兜梅6

そして、こちらが兜梅♪
高さ約3m、樹齢約500年の白梅の老木、形容から臥龍梅(がりゅうばい)とも呼ばれています
八代市の松井神社にある臥龍梅よりは大きいような気がしました

230205 兜梅8

 天正17年(1589)の天草合戦のとき、天草五人衆の一人、天草種元は、小西行長・加藤清正の連合軍に攻め込まれ、本戸城は正に落城寸前となっていました。そこで、城の中の女性達が男に変装し騎馬武者を結成し連合軍に反撃を始めました。ところが、一隊を率いていた木山弾正の妻、お京の方の兜がこの梅の木にひっかかり脱げてしまい女性であることが敵に知られてしまいました。このため連合軍は勢いづき、騎馬隊は全滅しました。お京の方は、息絶える寸前に、敗北の無念を「永代、花は咲けども実はならせないぞ」と、この梅に恨みを残したと言われています。そういうことで、この梅は「兜梅」と呼ばれるようになり、現在でも、その恨みの通り、花は咲いても実はならない梅の木なのです。(県HP抜粋

230205 兜梅7

何度も言いますが、これは2月5日の状況ですからね
蕾も固そうで、一輪も咲いていませんでした^^;

230205 兜梅9

でも花が咲いてないと木の全容はよくわかるでしょう^^

230205 兜梅10

梅の木の下にはびっしりとコケが埋まってます
適度な水分を保つ役目を果たしているのでしょうね

230205 兜梅11

きっと昨日、今日あたりは多くの観光客で賑わったことでしょうね
ちょっと、残念♪

 

<下浦船場天満宮の大楠>
[所在地]天草市下浦町船場2946
[アクセス]地図はコチラ


<延慶寺の兜梅>
[所在地]天草市浜崎町9-32
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは♡
梅、残念でしたねー。
きっと今頃は見事なんでしょうね。
うちも今日、やっと梅の写真を撮りました(^^)
といっても、別にどこかの梅園とかに行ったわけではないのですが・・・。


楠、大きいですね。
胴周りが、いや幹回りが太くてどっしりって感じで、
まさに「守り木」ですね。
私も守られたいわ~(笑)
2011/02/27(日) 22:20:46 | URL | mam | [ 編集 ]
mamさんへ
行くなら梅の時季調べて行けばいいのにね
と思ったでしょう^^
全てが行きあたりばったりですからね

何言いますか、守られているではないですか
般若1号様には丸くてどっしりしたひょっとこが♪
そしてこちらの般若2号様にもね(笑)

2011/02/27(日) 23:45:45 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
これで
梅が満開なら
さぞかし綺麗だろうなあと
想像してしまいました。
今頃はどうでしょうねえ。(^o^)
2011/02/28(月) 18:31:24 | URL | JOKER | [ 編集 ]
臥龍梅
大分にもあるんですが まだみたいでした
こちらは来週あたりかなぁ。。。
女の怨念恐ろしやですね^^;
今回は楠に抱きついてないんですか??
結構楽しみな写真なのに。。。^m^
ガラス窓の模様綺麗ですね~
2011/02/28(月) 19:00:17 | URL | KIKO | [ 編集 ]
初コメです。
三角から牛深まで横断した時を思いましたデス。。。

また、神社巡りしながら、、、自転車で走りたいと思います。

2011/02/28(月) 21:22:45 | URL | komaQ | [ 編集 ]
JOKERさんへ
季節をはずした写真ですみません^^
満開だとさぞかし美しいのでしょうね
同じく想像するしかできない熟年です♪
2011/02/28(月) 22:35:36 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
うちは般若ですから、さらに恐ろしやです
怒らせないように^^;

だっこ楠、ほんとだ忘れてた
見上げて終わっちゃったな
感じるものがいまいちだったかな^^

後が続くので気がせいていたのかも♪
次回は忘れずに^^v
2011/02/28(月) 22:45:47 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
komaQさんへ
いらっしゃーい♪
自転車で神社めぐりですか、すごい体力ですね
熟年夫婦は鳥居からは歩きます^^

komaQさんは狛犬萌えのようですね
狛犬一つとっても姿、形たくさんありますよね
うちらも神社、巨樹、狛犬、彫刻、大好きですよ^^
これからもよろしくです♪
2011/02/28(月) 22:52:40 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog