七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
渡来人との関係が深い酒造の神♪ 「松尾神社」


「水辺プラザかもと」からまたまた雑用を済ませるために「鞠智城」に向かっておりました
すると途中でこんなものに出合いました

230115 松尾神社1

そうこの巨樹、そしてそれよりもっと気になったのはその根元付近に立っている仁王さんです♪
ん?大きく書いてあるのは「松尾神社」

神社に仁王さん?、そういえば以前行った宇土の網田神社にもありましたね?^^
早速、前にある店の駐車場らしきところに停めさせてもらって上がっていきました

230115 松尾神社2

お、狛犬もちょっと時代を感じる趣きですぞ^^

230115 松尾神社3
230115 松尾神社4

石積みの角にあるので、この角度でしか顔が見れません
吽形(うんぎょう)像のほうはちょっとブタっぽい鼻をしてるじゃない(笑)

石段の途中から仁王さんの方に行けました

230115 松尾神社5

ムフッ、ウルトラマンの顔をした相撲取りのようでかわいいじゃないですか♪
そのオーラが遠くからでも感じられたというわけです

230115 松尾神社6

ね、道路に向かって“おいでおいで”しているようでしょ^^

その後ろにあるクスノキと何かの木

230115 松尾神社7

葉が落ちていたので何の木かはよくわかりませんでした

230115 松尾神社8

ささ、楼門をくぐりますよ?(やっとか^^;)

230115 松尾神社9

おや、またしても狛犬さんです

230115 松尾神社10-1 230115 松尾神社10-2

こちらの吽形像もやっぱりブタに見えます^^;

やっと拝殿に着きました(笑)

230115 松尾神社11
230115 松尾神社11-1

祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)、創立は平安初期の大同2年(807年)

京都の松尾大社から分神した、なんと「お酒の神様」ということですよ
戦国争乱で壊されてしまいましたが、寛永14年(1637年)に、細川家により再建されました
今でも酒造りの神様として県内外の酒造会社がたくさん参拝されるようです

そうか、ここにお参りしとくと美味しいお酒が飲めるのか?、なんてね(笑)

230115 松尾神社12 

なんでも鞠智城から発見された木簡に「秦人の忍(おし)という人が米五斗を納めた」
と書かれてあるそうで、鞠智城と秦氏とのかかわりが推測できるということなんですが
その秦氏は酒造の技術も日本に伝えたと言われているんです

う?ん、鞠智城、秦氏、松尾神社に酒か、奥が深いな?(?)

ほう、本殿は高いところにありますよ

230115 松尾神社13

朱色の囲いが鮮やかです

230115 松尾神社14

拝殿と本殿の間の軒下にも彫刻がありました
こういうところにあるのもちょっと珍しいかも^^

230115 松尾神社15

裏の一段下がったところには芝居小屋のような建物もあります

230115 松尾神社16

こちらには大クスは2本あって御神木とされていますが
小指の爪ぐらいの小さな「夜泣き貝」が多く棲みついているんだそうですよ

夜になったら泣く貝、かと思うでしょ、違いますよ!

『夜泣きをする赤ちゃんの枕の下に、その貝を入れて寝かせると夜泣きが治る』
という言い伝えがあるようです
夜泣きが治ったら、貝をクスノキに戻して、お礼参りをしなければなりません

おもしろい言い伝えですよね
本当に夜泣きが治るなら是非やってみたいですよね
熟年にはもう必要ないですけどね^^

230115 松尾神社17

「夜泣き貝」探してみたけど、全然見つかりませんでした
夜泣きする子のために持って帰る人が多いのかな^^;

230115 松尾神社18

さあ、目的の「鞠智城」へ行かなくちゃ!

230115 鞠智城1

まだ入ったことのない温故創生館にてビデオを見たり、展示資料を見たりしていました

230115 鞠智城2

へ?、と初めて知ることも多く長居をしたつもりはなかったのですが
何の気なしに2階に上がってみてびっくり!!

230115 鞠智城3

ぎゃ?、いつの間にか雪が積もってるー!
たいへんだー、チェーンも何も持ってないから早く帰らないと・・

230115 鞠智城4

この雪、降っていたのは山鹿付近だけで、七城ではもう止んでいました^^;
そして、ほっとしながらゆっくり帰途に着いたのでした

230115 鞠智城5 

記事の終わりは、当日のドライブ同様、唐突の終わりになっちゃいました^^




<松尾神社>
[所在地]熊本県山鹿市菊鹿町木野2860
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
ブタ・・・・(笑)
この神社、過去に「鞠智城」に行くときに前を通ったことあります!
寄った覚えがないけど(^^;

仁王様、確かにおいでおいでしてる(^^)
そして、鼻が・・・ブタだ(笑)
おまけに写真向かって左側の仁王様は何となく朝青竜っぽい!

菊池、山鹿方面、場所によってはかなり積雪もあったようですよ。
こういう時こそトランクに1つ「スノーキャップ」ですよ(^_-)
2011/01/22(土) 23:31:18 | URL | mam | [ 編集 ]
狛犬
狛犬って,同じものってあまりないですよね。
これだけを集めて並べても面白そうですよね。
奥深いです。
いつもながらアクティブですよねえ。(^o^)
2011/01/23(日) 08:21:21 | URL | JOKER | [ 編集 ]
こんばんは
ほんと仁王様がなんともユニーク
上から呼んでるみたい
ブタの鼻の狛犬さんといい^^;
夜泣き貝と結構面白い神社ですね
最近今まで気づかなかった神社に目が行くようになりました
神社。。。。沢山ありますねぇ~ホント
2011/01/23(日) 19:53:51 | URL | KIKO | [ 編集 ]
mamさんへ
あんなところから仁王さんに手を振られたら
寄らないわけにはいきません^^
リアルな強面仁王様から、このようなユニークで可愛い仁王様まで様々で面白い♪
どこの神社にも面白ネタの一つや二つあるものです

この日はほんとに焦ってしまいました
スノーキャップでしょ、考えときます^^
2011/01/23(日) 19:58:07 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
JOKERさんへ
狛犬ばかり撮り集めている人いますよ
いつだったかいろんなアングルから
狛犬を撮っている小学生を見たことがあります
この年から神社らーとはと感心したものです^^
2011/01/23(日) 20:01:54 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
そうなんですよ
神社の数って、地域の数以上にありますよね
それぞれに歴史と人々との深い関わりがあることでしょう

まあ、神社に限らず面白そうなところから
一つ一つ回ってみることにしませんか^^
人生はまだまだたんまり残っているはずですから(笑)
2011/01/23(日) 20:07:11 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog