七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
ミニスカギャルと鼻ぐり井手探検・・・♪ 「第2回鼻ぐり井手祭」
高森をさるいたお話の途中ですが
今日は先に日曜日に出かけたところをご紹介したいと思います^^

ある方から7日に菊陽町で「鼻ぐり井手祭」が行われるということを聞きました
その「鼻ぐり井手祭」ではなんと、あの“鼻ぐり”の中を歩けるというのです

5月に行った時は当然水も流れていました
その時の記事はコチラ

ここを水を抜いて歩いて探検するという特別企画があったんです
パンフを見るとどうも2回目ということのようでした

221107 鼻ぐり井手1

公園では巴会鉄砲隊が演武の準備中でした^^

上から覗くと人がたくさん歩いていますよ
結構深いな?と思ったら、20mもの高さがあると書いてありました
水が流れているときはわからないですが、人がちっちゃいですね?

221107 鼻ぐり井手2

ここでちょっと復習を^^

この“鼻ぐり井手”は加藤清正が慶長13年(1608年)に築造した
菊陽町馬場楠から熊本市大江渡鹿までの13kmの馬場楠井手(灌漑用水路)のうち
火山灰土砂を水力によって下流に排出できるようにした井手なのです

固い岩盤を2?5m間隔で幅1m高さ4mのカマボコ状にくり貫いて隔壁として残し
その岩盤に水流がぶつかって渦を巻きながら土砂とともに穴から流出するようにできています
牛の鼻輪を通す穴に似ているから「鼻ぐり」と言われているのですね

これは全国でも無類の『現代にも生き続ける歴史的農業土木施設』なのです☆
すんごいですよね?、清正公さん♪

ただ、80基あった鼻ぐりは残念ながら現在24基となっていますが
見させていただきましょう!!

もちろん“鼻ぐり井手探検”は無料ですが、名前を記入した後
ボランティアガイドの方から説明を聞きながらまわります
我々のグループの隊員は、皆さん熱心ですよ

221107 鼻ぐり井手3

へっ?探検にはおよそ似つかわしくないミニスカにピンヒールブーツのねーちゃんもいる!
きれいなアンヨにらぼっちはデレデレ?、おいおい娘より若いんじゃ?
それにどうやら隣におられるのはお母様らしき人物

221107 鼻ぐり井手4

やっぱりこの格好で井手の中を歩くんだ、大丈夫かいな
でもまあ、余計なお世話でした
ヒールより大きな網目のグレーチングの階段をもスルスル降りて行きましたから^^

探検は一方通行のようで、ここはスルーです^^

221107 鼻ぐり井手5

土手の上で分水路や吐き出し口やらの説明をちょこちょこ受けました
県道の下から公園の方を見るとこんな感じ、なんか不思議な光景

221107 鼻ぐり井手6

で、ここをくぐった途端「バッゴーン!!」と轟音!!
鉄砲隊の演武でした、みんな「うぎゃー、ビックリしたあー!」って^^;

おやミニスカねーちゃん、いつの間にかコートを着てるし^^

221107 鼻ぐり井手7

そうこうしてると鼻ぐり井手の降り口に到着、早速探検開始です^^v
このイベントのためにスタッフの方々が歩きやすいよう、石や土を両脇に寄せたとのお話
最初こそ少しごつごつしていましたが、本当に水路かと思うほどきれいでした

最初の鼻ぐりですよ?ん!

221107 鼻ぐり井手8

そこを水じゃなくて人間が逆流していってます(笑)

221107 鼻ぐり井手9

あっとここでミニスカねーちゃんを見失ってしまいました^^;
鼻ぐりをくぐるときに後ろの人の目をクギヅケにしてしまったんじゃないの?
やっぱり、TPOを考えて欲しかったな

こころなしか寂しげならぼっちの後姿
何箇所かはこんなゲートで補強されていました

221107 鼻ぐり井手10

何箇所も連なっているのを見ると圧巻ですね♪

221107 鼻ぐり井手11

侵食されたのか、こんな形のものもありました
頭下げなくてもぶつからないよ、らぼっち^^

221107 鼻ぐり井手12

なんせ機械もない昔のこと
手作業で掘った岩や石を持ち出すため、人間が抱えて上った階段もあちこちに残っていました

221107 鼻ぐり井手13

おっと、今度は低いぞ、頭上注意です!

221107 鼻ぐり井手14

これが最後の鼻ぐりでした

221107 鼻ぐり井手15

ここからは頭をぶつける心配もなくきょろきょろしながら歩きました

221107 鼻ぐり井手16

見かけほど歩きづらくないんですよ

221107 鼻ぐり井手17

ありがたいことに土手の草もきれいに刈ってありました

221107 鼻ぐり井手18

崩れた鼻ぐりはこんな幅、こんな形でした、わし鼻っぽい?

221107 鼻ぐり井手19

あ?っと、もうひとつだけ鼻ぐりが残っていましたよ
しっかし、低っ!!
思わず「障害物競走かーー」ってね^^

221107 鼻ぐり井手20

最後はこの階段を登って探検終了?♪

221107 鼻ぐり井手21

その後は腹ごしらえのために南部町民センターへ
大勢の人でごった返していました

221107 鼻ぐり井手22

おにぎり2個と豚汁のセット200円が販売されているところは長?い行列ができていました
そこに辛抱強くならんでゲットしたらぼっち、他にもいろいろ購入^^

221107 鼻ぐり井手23 221107 鼻ぐり井手24 221107 鼻ぐり井手25 221107 鼻ぐり井手26

ちょっと感動したのがこれ♪

221107 鼻ぐり井手27

ちゃ?んと鼻ぐりの形になっていました^^
食べ始めたときには全然気がつかなかったんですよ、かなり鈍いです
生姜が効いていてあっという間になくなっちゃいました

隣にある保育園が開放してあってそこで食べたのですが
横のベンチにはかわいい女の子たちが綿菓子を手にガールズトーク♪

221107 鼻ぐり井手28

早速らぼっちがナンパに向かいました^^;

「綿菓子美味しい?」
「うん^^」
「写真撮ってもいい?」

「うん、いいよ?」と返事してくれたのは手前にいた女の子
隣にいた女の子は「ダメー!」(やっぱギャラが必要だったか・・)

221107 鼻ぐり井手29

お口のまわりや手、髪の毛までもべたべたしているのを気にしてる女の子たちでした


いや?、この一日のイベントのために大勢の方の力が注がれていることがわかりました
菊陽町も頑張っておられますね♪

221107 鼻ぐり井手30



<鼻ぐり井手公園>
[所在地]熊本県菊池郡菊陽町大字曲手
[アクセス]地図はコチラ

スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
やっぱり行かれていましたか。

ここ行きたかったんですけど、時間がなくってですね。
涙を呑んだんですよ。

よかった、ここで見られて。

でも、やっぱり行きたい~~!!!!
2010/11/09(火) 21:38:04 | URL | くろさん | [ 編集 ]
やっぱり
ミニスカ姉ちゃんには目を奪われますね~(笑)
私でも気になりますもん♡
テルルならひっついて離れなかったかも(^^;

鼻ぐり井手祭り、知ってたんですけど、行かなかったんだな~・・・。
行けばよかった。
1度、歩いてみたいんですよね~・・・ミニスカで(爆)

加藤清正公もまさか自分が手がけた井手の中をこんなに人が歩くなんて
思ってもいなかったことでしょうね。
びっくりして腰抜かしてるかも(笑)
2010/11/09(火) 21:43:58 | URL | mam | [ 編集 ]
あらーー
こんなに深くてでっかかったんだ。。。^^;
水が流れてたから大きさとかピンときてなかった
凄いですね 歩けるなんて

ミニスカおねーちゃん 最後の障害物競争どうやって通ったんでしょうね
残念でしたね。。。。見失って^m^
2010/11/09(火) 22:17:29 | URL | KIKO | [ 編集 ]
くろさんへ
くろさんもやはり狙ってましたか
南阿蘇マニアックツアーを中断して今日の記事にしてよかったです^^
鼻ぐりを歩いた気になっていただけたでしょうか
お祭りの出店もその安さにびっくり!
饅頭など100円商品がいっぱいでしたよ^^
来年はぜひ♪
2010/11/09(火) 22:28:40 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
最初は、目を疑いましたよ
本当にそれで歩くんかい!!
その次に思ったのは、ラッキー♪

テルルさんなら、後ろをぴったり張り付いてたかもね
って、話していたんですよ
まあ男性諸君は、全員そう思いますよ^^

それにしてもすごい人でしたよ
鼻ぐりの意味を知らないおばちゃんもたくさんいました^^
来年、いかがですか、ミニスカはいて^^
2010/11/09(火) 22:50:50 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
一つの穴を80人くらいで掘ってたそうですよ、たしか^^
熟年もこんなふうに歩けると思っていなかったので良い体験ができました

ミニスカギャルでしょう
とっちんと二人、見失ったことを後悔することしきりでした(笑)
2010/11/09(火) 22:58:39 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
不思議な
不思議な雰囲気がありますねえ。
ミニスカのお姉さんが浮きまくりで(笑)
それがいい対比になっていますねえ。
2010/11/10(水) 06:23:47 | URL | JOKER | [ 編集 ]
JOKERさんへ
なんとも不思議な光景でしょう
鼻ぐりとミニスカ嬢のコラボ^^
受付で無理ですよっていうのもありと思ったんですが
おかげでおもしろネタになりました
2010/11/10(水) 20:44:18 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
「鼻ぐり井手」凄いところがあるものですね。
昔の人はえらい!後ろ姿は目の保養になりました。(^・^)
2010/11/10(水) 21:10:38 | URL | gensan | [ 編集 ]
gensanさんへ
鼻ぐり水路は土木の神様とも呼ばれる加藤清正公の大仕事のひとつ
今でもそのまま役目を果たしているのがすごいです
はい、目の保養と、妄想で脳が活発になりました(笑)
2010/11/10(水) 23:21:38 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
えーっ、ここを歩けるイベントがあったんですか?!
凄~い!
行ってみたかったなぁ~。

にしてもこれを手作業で作ったなんてホント凄いですよね!
ん?
あれ?普段ってここ、水流れてませんでしたっけ?!

にしてもミニスカにヒーハイブーツ・・・凄い(^□^;)
2010/11/11(木) 11:05:54 | URL | ユカ | [ 編集 ]
ユカさんへ
はいーっ、普段はゴーゴーいって流れていますよ^^
この日は水の変わりに人がぞろぞろ流れてました
昔の人は何十kmも水路トンネルを人力で掘ってます
すごいの一言!!
アンバランスがいいでしょ^^
2010/11/11(木) 22:08:24 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
ミニスカねーちゃん
追従がおもしろかったです(笑)
そんなメンバーなら
僕も参加すればよかった・・・
って違うか(笑)

以前ここ
上から見たことがあるのですが
そこを歩くるなんて
おもしろそうな企画ですね(^^)

.あと 少し遅くなりましたが
お誕生日おめでとうございます
☆.+:^ヽ(∇^*)o【♪祝♪】o(*^∇)ノ^;+.☆.
パルママさんと1日違いなら9日?
この1年も
冒険いっぱいの楽しい1年に
なるといいですね(^^)ぽち
2010/11/12(金) 21:01:32 | URL | ゆっき~ | [ 編集 ]
ゆっき~さんへ
あらん、ゆっき~さんお心遣いどうもありがとうございます。m(__)m
年を取るのはあまり喜ばしくないのですが
どうしても年一回はやってきてしまうものですからね~^^;

この年で冒険なんてしたくはないのですが
これがどうしてか結構なハプニングやらトラブルやら(笑)
負けじと頑張りまっす^^v

来年の鼻ぐり井手祭り、また違うミニスカねーちゃんがいるかもですよ^^
2010/11/12(金) 23:42:17 | URL | とっちん | [ 編集 ]
らぼっち&とっちんさん
予想以上に色々と楽しめたようで良かったです(笑)


♪ヽ(*^∇^*)ノ*:・

2010/11/13(土) 01:03:08 | URL | 朔です^-^ | [ 編集 ]
朔さんへ
はい、おかげ様で楽しめました(笑)
情報、ありがとうございました
車で直行、申し訳ない^^;
2010/11/13(土) 19:52:18 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog