七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
臼杵散策? 切り通し石畳を踏んで♪「仁王座歴史の道」と「旧真行寺」
さて、今日もちょっとアヤシイ4人組
臼杵を代表する街並み、仁王座歴史の道に入ります

221009 仁王座歴史の道1

『漆喰の壁と重厚感のある瓦屋根の武家屋敷、古い蔵やモダンな洋館などが立ち並び
江戸時代から今に至るまでの長い歴史を今にとどめています』と観光案内にあり
ここに来るのを楽しみにしていました

今は使われていない金比羅井戸があったり

221009 仁王座歴史の道2

観光客もいなくて静かな佇まいなのに4人のテンションは高いんです^^

雨が降ると濡れた石が黒く輝くんだそうです
どうしてこんな時に雨が止んでしまうんでしょう^^;

平成5年11月には国の都市景観100選にも選ばれています

221009 仁王座歴史の道2-1

振り返ると、これがまたいい雰囲気

221009 仁王座歴史の道3

振り返ると、そこにはテルルさんの後姿♪

221009 仁王座歴史の道4

アングルもバッチリ決まっているお写真はコチラをご覧ください

この細い坂道は「甚吉坂」と呼ばれるそうです
天正14年、薩摩の島津氏が臼杵城下に侵入したとき
大友家臣だった吉岡甚吉がこの坂で奮戦し、手柄を立てたことから付けられたのだとか
明治10年の西南戦争でも、薩摩軍と臼杵隊が激戦を繰り広げたようです

二王座は、阿蘇の火山灰が固まってできた凝灰岩の丘
あちこちの岩を削り取って道を通したので「切り通し」と呼ばれています
石畳もここの凝灰岩なんですよ

221009 仁王座歴史の道5
221009 仁王座歴史の道6

「うすき竹宵」では、ここ二王座石畳にも竹ぼんぼりが並べられるようですよ
ほわ?んと灯かりがともった幻想的な世界も見てみた?い♪

早速、仲良く並んで撮影、と思ったら順番待ち?

221009 仁王座歴史の道7

ひょ?♪ここはまたちょっと狭くなってはいるけど素敵!^^

221009 仁王座歴史の道8

ここは車も通るんだそうですよ、4人組は見かけませんでしたけど

「あ、ストーカーだ!」
らぼっちが叫んだので振り返ったら・・・、テルルさん、すみません^^;

221009 仁王座歴史の道9

さあ、結構歩いたのでちょっと休憩しましょ^^

お休処「旧真光寺」です

221009 仁王座歴史の道10

こちらは享保元年(1716年)に浄土宗本願寺派の支院として
臼杵藩士だった稲川小右衛門の長男・宗適によって開基されたお寺です

昭和の末に廃寺となり平成3年より市営の休憩所になったようです
一歩入るとそこはまたちょっとした異空間となっています

221009 旧真光寺1

「どうぞお入りください」と言われた4人
係りの女性の他には誰もいないことをいいことに遠慮なく上がりこみました

221009 旧真光寺2

古地図とも言われる絵図、絵画的要素が強く
当時の様子がわかりやすいところもあるようです

221009 旧真光寺2-1

この元お寺はたいへん面白い造りになっていたので
4人は休憩どころじゃなく、あっちにうろうろこっちへうろうろ^^;

221009 旧真光寺1-1
221009 旧真光寺1-2
221009 旧真光寺3

窓が開いていたのでちらっと顔を出してみると

221009 旧真光寺4

電動車椅子にも優しい石畳でした

また違う窓から顔を出すと(どこからでも出す熟年^^;)

221009 旧真光寺5

一人の女性が足早に歩いておられました

やっとおおかたを見終わった4人、とっちんはちょっとお疲れモード
テルルさんはまだ何か物色中のようです(笑)

221009 旧真光寺3-1

結果的にあまり休憩はできませんでしたが、再び仁王座歴史の道を歩き出しました

すぐ近くには斉藤道三の流れを汲む家柄の斉藤家があります

221009 仁王座歴史の道12
221009 仁王座歴史の道11

こちらはあの春日局(お福)を引き取り住まわせていたんじゃないかと言われているお屋敷
今でも局屋敷と呼ばれているようです

なんか近寄りたくない呼び方なので、ちょっと遠慮がちに撮ってみました^^;

221009 仁王座歴史の道13

マンホールには道案内が示してありました
臼杵の名物の「ふぐ」ちゃんが可愛く描かれています、これいいですね♪

221009 仁王座歴史の道14

ここはなかなかすんなりと前に進めません

大きくて目立つお寺は「善法寺」

221009 仁王座歴史の道15
221009 仁王座歴史の道16

覗いただけで終わりました^^;

こちらは「稲葉家土蔵」

221009 仁王座歴史の道17

休憩所と書いてあったので入ってみましたが、すぐに出てきました(笑)

江戸時代の臼杵藩、稲葉家の屋敷正門だった「旧稲葉家長屋門」
修復されているようですが、すっごくデカイです

221009 仁王座歴史の道18

前まで行くと茶房になっていることがわかりました
こちらの二人は何を見ていらっしゃったのでしょう^^

221009 仁王座歴史の道19

さて仁王座歴史の道から今度は仁王座新道のほうへ歩いてみました
本当はここでまたちょっと迷ったんです
方向音痴のらぼっち、しかっりしてー(笑)

221009 仁王座新道1

ちょっとした上り坂なんですが、ふらふらと上って行きます
疲れたんじゃなくて、いろいろと目に付くものが多くて・・・^^;

と、三叉路に差し掛かったところで散歩中のおっきなワンコと遭遇

221009 仁王座新道2

太い声で吠えるので男の子かと思ったら乙女でした

221009 仁王座新道3

らぼっちが「ほらほらあの女の人だよ」としきりに言うので
「臼杵に知り合いがいるの?」と聞くと
「真光寺で上から写真を撮った人だってば!」
「え?、似た人じゃないの??」

その時はそれで終わっていたのですが、帰って写真を見比べてみると
肩に掛けたバックは違えど、まさしく同一人物でした@@

間近で見ても人の顔を覚えないらぼっちなのに
二階から見た女の人の顔が判別できるなんて、よっぽど好みだったに違いないわ?^^

ちなみに大分トリニータの新聞を持っていらっしゃいました

さて今日も長くなってしまいました、お付き合いありがとうございます
明日も続きます♪

221009 仁王座新道4



<旧真光寺)>
[所在地]大分県臼杵市二王座  
[見学時間]8:30?17:00
[定休日] 無休
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

コメント
楽しそう
まさに
「道中」
いつもながら楽しく読ませていただきました
流石です。
この更新のエネルギー,すごいなあ
うらやましいです!
2010/10/19(火) 20:37:59 | URL | JOKER | [ 編集 ]
こんばんは~。
ハショリまくり、すっ飛ばしまくりのうちのブログと違って、
勉強になるわ~(笑)
記事読みながら、へぇ~そうだったんだーって思っちゃった(^^;

あのワンちゃん、大きかったですね~。
初めて見る犬種でしたが、名前忘れちゃった(笑)
ドイツの犬ってことしか覚えてないや。
とっちんさん、覚えてます?
2010/10/19(火) 21:08:08 | URL | mam | [ 編集 ]
JOKERさんへ
ただただ長く、読みづらくてすみません^^;
訪れたところや感じたことをを忘れないように記してるだけなのですが
どうしてもあれもこれもとなってしまっています。

コレ!といった写真がないってのもあります。(笑)
エネルギーはたいして使ってないんですよ。
ボケ防止にはなるかもです。^^v


2010/10/19(火) 21:13:18 | URL | とっちん | [ 編集 ]
mamさんへ
がはははっ、見てわかるでしょ?
種類も名前も書いてない、ということは覚えてない(笑)
ドイツの犬だってことも忘れてました~^^;

今調べてみました
「レオンベルガー」でしたっけ?
で、レオン?ベル?きゃー、ボケてるかも~、信じらんな~い(笑)

ボケ防止にブログやってるのに意味ない^^;
記事に間違いが多いかも、どうしよ~
指摘よろしくお願いしますね!
2010/10/19(火) 21:25:01 | URL | とっちん | [ 編集 ]
遅くなりました!
日曜日はお疲れさまでした!!

撮影会いいな~
こういう街並をゆっくり撮影して歩きたいです。
こういうときとっちんさんとらぼっちさんの夫婦仲の良さが
うらやまし~♡

前の記事なんですけど塔の軒下にいるのって天の邪鬼なんですか?
こういうのを天の邪鬼って言うんですね♪
メモメモ。
八代の花火大会もいいな~
毎年挑戦してみようと思うけど、なかなか腰が重いです・・・
2010/10/20(水) 22:36:17 | URL | mai | [ 編集 ]
maiさんへ
撮影会?いえいえそれはテルルさんとmamさんのお二人
熟年ふたりはそんなふたりを見て楽しんでいるんですよ^^

写真を撮るとき、maiさんだったらどう撮るんだろうといつも思っています。
見習ってほんわかした写真を撮りたいんだけど
なぜか写実的になってしまってがっかりです(笑)

「天の邪鬼」はごめんなさい、請け売りです。
そうなんだ~、と思いながら書いてしまいました^^;

来年の花火、撮影会する?
2010/10/20(水) 23:59:20 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog