七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
勘五郎のお墓も偶然に発見♪ 東陽町の石橋巡り「笠松橋」「鍛冶屋上橋」
先週末、仕事のらぼっちを八代市内に下ろし
ヒマこいたとっちんと娘は東陽町方面にぶらりとドライブ

立神峡にちらっと立ち寄り

220807 立神峡

そういえば石橋もたくさんあったよね、と思い出したのが「笠松橋」
県道25号線を五木村方面へ

どのくらい行けばいいのかもわからず不安になりかけた頃、出現!

220807 笠松橋1

笠松橋公園となっており、「だんだんヶ丘」や「松の木のテラス」とかがあります

220807 笠松橋2

明治2年(1869年)の竣工で石工は橋本勘五郎と言われています
長さ22.75m、幅2.75mあり、東陽町最大の橋だそうです

大正元年(1912年)の大水で笠松側の壁石が流失したようですが
補修した跡があったそうです
全然気がつかなかった^^;

220807 笠松橋3

そして来た道を少し戻ったところにあった「山口橋」をちょこっとパチリ

220807 山口橋1
220807 山口橋2

この奥にもいくつか石橋があったようですが、なんさま道が狭くてギブしました^^;

そしてここからは運転を娘に代わったのです
しばらくぶりの運転、助手席では気が気じゃないとっちんはハラハラドキドキ!!

再び戻っていると往路では気づかなかった良さげな場所に遭遇

220807 黒淵自然公園

次は石匠館の近くにある勘五郎の生誕地に寄ってみました
今でも”橋本さん”が住んでおられるようです

220807 勘五郎1
220807 勘五郎2

そしてその裏には集落の墓地がありました
もしかして晩年は東陽町に帰っておられた勘五郎のお墓もあるんじゃなかろうかと
墓石をひとつひとつ見てみたら、一番高いところに「橋本家」の文字が見えたんです

そうなるとますます気になります
ちょっと駆け上がると、やっぱりありましたよ
通潤橋や二重橋を手がけ、日本一の石工と謳われた勘五郎さんのお墓
でも案内看板もありません、静かに眠らせたいというご子孫の考えかもですね

220807 勘五郎3

ささっと写真を撮らせていただき一礼の後、即下りてきました^^;
で、この近くには勘五郎の架けた橋もあると知っていたので探してみました

生誕地やお墓の横の道をしばらく行くとありましたよ?
ありゃ、2007年の大雨で流されたようですね

220807 勘五郎4
220807 勘五郎5

たぶんここら辺りに架かっていたものと思われます
亡くなる2年前くらいの橋だったのですが、残念ですね

でも自然石橋とはどういうものだったんだろう?
と思い、説明板をよく見ると上流にももう一つ自然石橋があったのです

ちょっと奥まっていましたが、行ってみました

220807 勘五郎6

この説明板の近くにあると思い、探す、探す、探したけど見当たりません
たぶん流失したものと思われます

220807 勘五郎7

あ?あ、ことごとくついてない^^;
帰り道、一匹のアゲハチョウがひらひらと目の前に現れました

220807 勘五郎8

もしかして勘五郎さんの”精”がとっちんに何かを伝えたかったのかも・・
なあ?んてね、そんなことあるわけないか^^

この近くには他にも石橋が3つあります
藤原林七という石工が造ったものだと書いてありました

んん?藤原林七さんって?

1765年(明和2年)に生まれ、長崎奉行所の役人として勤めていたのですが
アーチ型石橋に魅せられて、オランダ人と接触
石橋の建造技術の元となる円周率の計算方法を学んだようです

ところが、当時は鎖国中でこのことが奉行所の知るところとなり
1787年(天明7年)種山村に逃げ込むこととなったのです

ここで岩永三五郎の父である宇七から石工の仕事を習いながら
アーチ型石橋の架設技術を学んでいきました

藤原姓を捨て種子山姓を名乗るようになった林七は
唯一この東陽町に3基の小さな石橋を建造したということです

その石橋とは「鍛冶屋上橋」

220807 東陽町北の橋1
220807 東陽町北の橋1-1

「鍛冶屋中橋」

220807 東陽町北の橋2
220807 東陽町北の橋2-1

そして「鍛冶屋下橋」です

220807 東陽町北の橋3
220807 東陽町北の橋3-1

よくよく調べたら、種山石工の礎を築いた林七は
岩永三五郎の義理の父であり、勘五郎の祖父でもあったのですよ
驚きましたね?、立派な技術を残したもんだ!

実に素晴らしい♪


220807 種山 





<笠松橋>
[所在地]八代市東陽町河俣字久木野  
[アクセス]地図はコチラ

<鍛冶屋上橋>
[所在地]八代市東陽町西原  
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
こんにちは♪
笠松橋公園、いいですねー♪♪♪
ここ川の中に入って遊べるんですね~。
私にはもってこいの場所だわ(笑)
水も綺麗だし、あ~今日みたいに暑い日に行って遊びたい(≧∇≦)
2010/08/16(月) 12:55:13 | URL | mam | [ 編集 ]
こんばんは
小さな石橋・・・気づいてないだけで
たくさんあるのだろうなぁ。。。。。
今までほんと全然目がいってなくて
こちらで勉強させていただきました 感謝です
石橋ツアーはちょっと暑い頃の方がいいかもですね
川に入れて^m^ 
竹田あたりの石橋研究中です
2010/08/16(月) 19:09:00 | URL | KIKO | [ 編集 ]
mamさんへ
先ほど、熊本に戻ってきました^^v

やはり石橋は澄んだ流れがよく似合います
そして、その景色にして似合うのが河原で遊ぶ子供達
とmamさん(笑)

東陽町は石橋でもっと町興しができんのかなぁ
石橋づくり体験ツアーじゃ無理かなぁ^^


2010/08/16(月) 22:39:23 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
石橋ツアーは暑い頃は水に入れるけど、ニョロもいますよ
秋のモミジをバックにパチリもいいかもですね

豊後竹田市方面にも、よさげな石橋がたくさんありますよね
こちらも近いうち企画する予定です^^
2010/08/16(月) 22:48:30 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog