七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
ほると、樟、門、回廊に天狗♪ 見所満載の 「柞原八幡宮」
お寺を巡って七瀬川流域を散策していましたが
この日の午前のメインであったところ「柞原八幡宮(ゆすはらはちまんぐう」を目指します

一昨日の記事でご紹介した「あのお二人」「この方」が行かれていて
熟年ふたり、すごーーーく興味を持ったというわけです

賀来神社から山道を通って左折、思ったよりも狭い県道を登ること5分
参道入り口に着きました
なんかそこだけ空気が違っているような、と思ったら急に雨が降り出しました
二人に来てほしくなかったのかな^^;

220717 柞原八幡宮1
220717 柞原八幡宮2

ほほう、すんごい由緒ですね?
お参りすると運がよくなるかなあ^^

さて、いつものように階段を登ります
最初の階段を登ったところにあったのが「ほるとの木」です

220717 柞原八幡宮3

ポルトガル人が持ってきて移植したのでこの名が付いたようです
樹齢400年、樹高が25m
本来の名前があるような気がするけど
苔むした幹を持つこの木を見ているとそんなことはどうでもよくなってきます^^

そして次の階段を登ったところには1866年(慶応2)再建の南大門があります

220717 柞原八幡宮5

この門には「柞原八幡宮」ではなく「由原八幡宮」と掲げられています

古今の聖人や竜・花・鳥などが刻まれていて
別名「日暮らしの門」ともよばれているらしいですよ

それにしてもこの奥行き、門ですよね
どれどれ^^

220717 柞原八幡宮6-1

おんや、ここの彫刻も素晴らしいではありませんか

220717 柞原八幡宮6-2 220717 柞原八幡宮6-3 220717 柞原八幡宮6-4

なんで大分の神社ってこんなに見事な装飾が施してあるんでしょう
熊本ではあまり見たことがないですね

そしてこの南大門の横に神社の象徴のような樟があります

220717 柞原八幡宮4

国指定天然記念物に指定されている樹齢3000年余りのクスの巨木
クスノキでは全国で8番目の大きさとなっているとか
でも、残念ながら南側の大枝が折れているようです

木肌を見るときれいだったり、ごつごつしていたり、コブがあったり
しゃべらなくてもこちらに訴えかけているようです

220717 柞原八幡宮7

ありゃ、雨粒がついてたみたいです^^;  

さあ、先に進みましょう
あれ、道が二手に分かれていますよ

220717 柞原八幡宮8

右は楼門、左は神門につながっています
どうみても参道に見える左側の道を進みました
境内はいたって普通ですが、正面から向かわないのもおもしろいですね

220717 柞原八幡宮9

あ、mamさん「幸運の扇石」をすっかり忘れてしまっていました
やはり熟年夫婦には幸運とは無縁と思われます
知らないうちに踏んでたりしてないかな^^

参道を登ったところにある社務所も雰囲気がありまくりでしょ

220717 柞原八幡宮10

西門に着きました
なんかちょっと格調高すぎて入るのに少しびびった熟年ふたり^^;

220717 柞原八幡宮11

こんなところでも腰が引けてたりして(笑)

220717 柞原八幡宮12

よろよろしながら靴を脱ぎ、回廊を進みます

220717 柞原八幡宮13

天狗さん、天狗さん、二人してキョロキョロ探しました
おおー、こんなところにおいででしたよ

知らなければ絶対に見逃していただろうな
でも、写真が撮りにくい!

220717 柞原八幡宮14

ほら、ピンボケ?^^;
これでもお賽銭箱の横から一生懸命撮ったんですよ

いつものようにお参りしてからふと見ると
ここのお参りの仕方はちょっと違っていました
まっいいか、と回廊をまたウロウロ

836年(承和3年)、宇佐八幡宮の分霊を受け安政年間に再建された見事な八幡造本殿
行ったことはないけど、宇佐八幡宮と同じような造りなのでしょうか
拝殿と本殿の間に申殿というものがあります

220717 柞原八幡宮16

ん?これはなんぞや?

220717 柞原八幡宮15

棒火矢?どうやら「ぼうびや」と読むらしい
江戸時代に使用されたもので、鉄製の筒に火薬を込めて発射した火矢とのこと
こんな物騒なものがどうしてここにあるのか、わかりません^^;

さて、帰りは楼門のほうにまわってみました

220717 柞原八幡宮17

開かずの門となっていますが、綺麗な門じゃないですか!

220717 柞原八幡宮18

参拝する人はこの楼門を表から見てますかね?
そこから降りようとすると、まあ階段の狭いこと!
幅15cmもなかったのではなかろうか
足を横向きにしないと怖くて降りれません^^;

220717 柞原八幡宮19

もともとこちらは参道として造られた道じゃないのでしょうが
こちらも雰囲気いいですよ、でも雨が降ると滑りやすいです^^;

220717 柞原八幡宮20

ふ?♪♪(感動のため息)
やっぱり来てよかった?!

大変歴史深く立派なものをたくさん見させていただきました
ご利益があろうがなかろうが、そんなことはどうでもいいんです
実際見てきたという事実が熟年ふたりの心に響くものがあったんですから^^

教えていただいたお三人さん、どうもありがとうございました☆

220717 柞原八幡宮21

大分ドライブ、まだまだ続きますよ♪





<柞原八幡宮>
[所在地]大分県大分市大字八幡987
[アクセス]地図はコチラ



いいなぁ、って方はポチッしてね^^
人気ブログランキングへ

いいよぉ、って方はポチッしてね^^
 


スポンサーサイト

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは
雨がちょっぴり残念でしたね
賀来から山道で行かれたのですね
かなり狭かったでしょう
でもほんとここは行ってびっくりの神社ですよね
私もかなり気に行っております 「幸運の扇石」ふんでないからまた行かなきゃ
それと宇佐神宮はもっと上手を行く広さと登りです
またお越し下さいませ
2010/07/23(金) 22:50:49 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ
ここは、自分の足で歩いて、目で見て、感じるとるところですね
最初の階段の1歩から、なにやら立ち込めるパワーを感じました^^(たぶん)

「幸運の扇石」は、結局今のところ誰も見つけてないので
KIKOさん、ぜひ実物紹介をお願いします^^
大分の神社って、とにかく手がこんでいます
肥後にはこのような装飾はありません、すごいです♪
2010/07/23(金) 23:30:44 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
いつもいつもリンク、ありがとうございますm(__)m
お陰で、アクセス数が増えとります。
これを我が家では「らぼっち効果」と申しております(笑)

柞原八幡宮、良かったでしょう!
八幡様自体もいろいろ面白いんですが、やっぱり楼門や大楠!
素晴らしいんですよね~。
って、「幸運の扇石」を忘れてたんですか?
でも、きっと大丈夫。
日頃の行いがよろしい熟年夫婦は知らないうちにしっかり踏んでますよ(^_-)
2010/07/23(金) 23:36:45 | URL | mam | [ 編集 ]
mamさんへ
大分の神社って、なんでこんなに荘厳で重厚で芸術的なんだろう
しかし、読みにくい^^

3000年の樟って、縄文時代から生きてるってこと?
すごいパワーですよね、触りたかったけれど、届かないし^^

「幸運の扇石」、踏んだかなぁ
近々、懸賞が当たったら、踏んでたということでしょう^^
2010/07/23(金) 23:58:20 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog