fc2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
蝉時雨
『♪君の長い髪が木漏れ日と遊ぶよ
風に吹かれてもっと笑ってごらんよ♪』


と、始まるグレープの「蝉時雨」
わかるかな?グレープ… 、うんそう、ぶどうの種類で…

って、違ーーーーう!
さだまさしが昔、組んでいたデュオのグループ名だわさ



1974年に発売されたアルバム「わすれもの」の収録曲の1曲
精霊流しはシングルカットされたのよね

1974年だって、何してた?
高校生か~、若かったなあ(^◇^;)


『♪僕のギターの上に降り注ぐ蝉時雨
欅の葉の後ろでヒグラシが歌うよ♪』


夏になるとこの歌を歌いたくなる
というか、アブラゼミの合唱が始まると歌いたくなる



考えてみたら,なんと44年も前のこと(@_@;)
そんなに経っちゃったのね、さだまさしも年取ったし


『♪明るい夏の日はとてもいい気持ち
なんだか君とてもきれいだよ』


昔に戻れる自分が居る
とっちんにとって郷愁をもそそる歌なのだ



青春の思い出といえばそうかもしれない
きゃ~、あんな時こんなこと、あったよな~(*^o^*)


『♪藁葺き屋根の家 遠くに見えるよ
もう一度だけ言おうか 君が好きだなんて』


でもねーーー、蝉時雨・・
暑苦しいよーーー。・°°・(>_<)・°°・。







スポンサーサイト



コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog