fc2ブログ
七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
母の転院
今日は実家の母が転院するということで
朝から高速を飛ばして行ってきました

2年8ヶ月もの長い間、お世話になりましたが
田舎の医院なので人手も足りず、食事やお風呂がままならないということでした



調子が良いときは自分で食事ができるのですが
悪いときは時間内に食べれず、結局食べたり食べなかったり…

これではパーキンソン病といえど内臓はどっこも悪くないのに痩せ細るばかり
院長先生の紹介で急にバタバタと大きな病院に転院となりました

今日の調子次第では介護タクシーを頼まないとダメかなとまで思っていたのに
朝、医院に着くと自分でしっかり朝食を摂っているところでした

よかった、これなら大丈夫か
ちょっと安心して食べ終わるまで見ながら荷物の整理

看護師さん達に車椅子に乗せてもらい、兄嫁の車の倒した助手席シートへ
ご飯を食べ終えると脱力しがちの母が今日は違っていてかなり楽に乗れました

ただ、40分程離れた病院に着くころがどうだろか
との心配もよそに、検査や着替えもスムーズにできたようで安堵

入院説明から病室に戻ってみると、驚くことに
最近ではないベッドの縁に足を下ろし座っている姿を見れました

おまけに昼食も今までと内容が違っていたからか
「味が薄い」「塩気がない」と文句言いながら完食



最近は飲み込みが悪いとミキサー食ばかりだったのが
ちょっと目先の変わった食事に食欲が増したようです

食事の際には嚥下訓練の専門家に診てもらい
「喋る力も強くなるように頑張りましょう」と言ってもらえました

以前に訪問リハビリに来ていただいていた先生にもリハビリをしていただくことに
顔見知りの方がいてくださると母も心強いことでしょう

もしかしたらこれで寝たきりになるかも、なんて
どこかで思う自分がいたけど
ひと月前の歩ける母を見ることができるんじゃないか、義姉とそう話したことでした

転院が良い方向に向かいことを信じたいと思います










スポンサーサイト



コメント
転院がいい方向に進むきっかけになるといいですね。
移動は大変でしょうが
頑張れ!
だけど、頑張りすぎるとダメですよ。
うまく、自分で調整しないと。
ラボっちには「言葉にして」伝えましょう・・ね。
2018/04/26(木) 23:03:13 | URL | 小さな魔法使い | [ 編集 ]
小さな魔法使いさんへ

ありがとうございます。
すべてお見通しですね。
言葉にしてもわからないことがこの家には多くて(^^;;
母はリハビリをしてもらえるだけでも有難いことです。
伸びすぎた髪もさっぱりするよう散髪もお願いできました。
スタッフの多い病院はやっぱり違います。
2018/04/28(土) 21:14:46 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog