七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
見ず知らずの人
今日はまた検査で行きたくないところへ朝から行ってきました

朝食は食べちゃいけなかったので、検査が終わった10時半前
院内のカフェの外向きのカウンターテーブルでモーニングをがっついていました

外を見ながらぼ~~っとしていると、隣に一人のおばちゃんがやってきて
とっちんとはセット内容の違うモーニングを食べ始めたんです

はっはあ~、この方も朝食抜きだったか・・・
なあんて思っていたら、突然

「検査結果が悪いと落ち込むよね~」と話しかけてきました
「え、はあ、そうですね」と、無難な返事をするとっちん

まあ、そんなに時間を気にしてないのでちょっとお相手を・・・(*^^*)
最初は血圧が高いとか、あそこの病院がいいだとか、でした

初対面なので適当に相づちを打っていたところ
だんだんマシンガンのようにおしゃべりは続いていくのです

こりゃ適当はまずいと思い、話を切ろう切ろうとする姿勢をみせるのですが
ますます話はエスカレートしていき、その方の家族構成に話は及び(;゚Д゚)

聞いてもいないのに、名前や歳、果ては子供の連れ合いや孫のことまでお話になり
とっちんは誰ともわからない人の家の状況を手に取るように知ることとなりました

気付けば、12時をすっかりまわり
モーニングじゃなくランチタイムになってる~~(@_@;)

「今度いつ来るの?」と、おばちゃん
「近々・・・」 

「あ、そう私は来月、またね、楽しかった」、おばちゃんはにこやかに帰って行きました
え、またね?また?(;´∀`)

カフェでとっちんたちの話を聞いていた人がいたら
この人たち漫才でもやってるのか、と思ったに違いないな

とっちんはもちろんツッコミです(笑)

290703 バラ1





スポンサーサイト
コメント
想像するとおかしいけれど
「いいこと」をしましたね。
話を聞いてもらえるなんて
最高のリフレッシュ(?)だもの
2017/07/03(月) 23:15:12 | URL | 小さな魔法使い | [ 編集 ]
小さな魔法使いさんへ

「いいこと」だったのでしょうか…
初めは『なんだ?このおばさん」だったのですが
まさにこの方のペースにハマったというのが正直なところです。
そのうちには前からの知り合いだったっけ?
という錯覚にまで陥るくらいの不思議なおばさんでした。
特技かも、と思った次第です♪( ´θ`)
2017/07/04(火) 20:53:56 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog