七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
夜を守る「日御碕神社」
結構な量のじゃがいも、たまねぎ、ごぼうの収穫を終えたあと
新たな野菜を植えたのはいいけど、雨が降らないな~(;´Д`)

梅雨だったよね?ほんと?
各地で水不足の話題、野菜も高騰の予想らしい

我が家では義母が毎日せっせと横の山水から引いた水を畑の野菜にかけています
不思議なことに、この山水が今までに切れたことがないのが救い、有り難い

この日照り続きで畑の雑草もあまり伸びないけど
中にはこれでもかと根を張る雑草があって取るのにひと苦労

雨、欲しいときに適度に降ってくれないかな


山陰の海岸線を北上していたかと思うと、突然現れた建物
ここは島根半島の西端、出雲市にある日御碕

290520 日御碕神社1

あれはなんじゃ?と、助手席で考えているとっちんの横で
さも来たことがあるような雰囲気を出していたらぼっち、駐車場も知らなかったのにね

290520 日御碕神社2

そうか、日御碕に神社があったんだ

290520 日御碕神社3

なんとも美しい楼門です

290520 日御碕神社4

大根?

290520 日御碕神社5

楼門をくぐると、大きいけど形の変わった松が待っていました

290520 日御碕神社6

わ~お、こういう造りは見たことがない

290520 日御碕神社7

楼門から正面には下の宮「日沉宮(ひしずみのみや)」
天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られています

290520 日御碕神社8

右手階段の上には上の宮「神の宮」、年代的にはこちらが下の宮より先のようです
こちらには素盞嗚尊(すさのおのみこと)が祀られています

290520 日御碕神社9

両本社を総称して「日御碕神社」と呼びます
伊勢神宮が日本の昼を守る神社で、日御碕神社は夜を守る神社だとか

日沈宮という名前は伊勢神宮が日本の昼を守るというのに対し
日御碕神社は日本の夜を守るようにと勅命を受けたことに由来するそうです

290520 日御碕神社10

290520 日御碕神社11

現在の建物は江戸時代に建立されたもの
壁や木の切り口は白色、柱や横木が丹塗りされた社殿は桃山時代の面影を残しています

290520 日御碕神社12

社殿の全てと境内の石造建造物は、貴重な神社建築として国の重要文化財に指定

290520 日御碕神社13

回廊というのでしょうか、これがまた魅力的です

290520 日御碕神社14

空には輪を描くトンビの群れ
ジンジャラーとして良いところを訪問できてよかった~(*^^*)

290520 日御碕神社15

日沉宮が当初「百枝槐社(ももええにす)」として、祀られていたのが「経島(ふみしま)」
日御碕神社のすぐ近くにありウミネコの繁殖地としても有名で、国の天然記念物にも指定

290520 日御碕神社16

毎年11月下旬から冬にかけて約5000羽ものウミネコが飛来し
4月から5月にかけて産卵・孵化するそうで、この頃ちょうど産卵した後だったのかな

290520 日御碕神社17

神域なので、一般のは入島できないそうですが
ちょっとこの光景を見れば、遠慮して当たり前ですかね(^-^;

290520 日御碕神社18









<日御碕神社>
[アクセス] 地図はコチラ




スポンサーサイト

テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog