七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
石、石、石‥あれ?
昨日は久しぶりにまとまった雨降り
何日か前にちょろっと降ったけど、すぐに土が乾くような程度でした

これで畑の野菜たちも大喜びといったところでしょう
水やりに40分もかけていた義母もホッと一息です

その義母が「今日は外にも出れんき、本を読んどったら」と言うので
この時とばかり、図書館から借りてきている本を広げました

「あんた、これはどうすると?」
「おばちゃんがね…」「この前ね…」「あっ…」

う~ん、1ページも進まな~い( ˙-˙ )
2人しかいないので仕方ないですね~


さて飯塚市のお話
嘉麻市に続いてまたしても石に纏わるところに行ってきました

290330 鹿毛馬神籠石1

こういう読み方をするのね

290330 鹿毛馬神籠石2

鹿毛馬神籠石は、鹿毛馬川に面した馬蹄型の丘陵地に形成された神籠石で・・・
神籠石とは九州地方から瀬戸内地方にある、石垣で区画した列石遺跡の総称とか

築造年代や目的については諸説あるようですが
一般的には、おおよそ7世紀頃(1400~1300年前)に造られた古代の山城らしいです

ここは30~80mという低い丘陵地に約1,800個もの切石で築かれているということで
昭和20年約3万4302㎡が国の指定史跡に指定されています、ではいざっ!!

290330 鹿毛馬神籠石3

おお?
山城ということはここが本丸?

290330 鹿毛馬神籠石4

ま、それはおいといて、全長約2kmに渉って形成されている列石をたどってみましょう

290330 鹿毛馬神籠石5

まずは向かって左へ、もしかしたら一周できるかも(*^^)v

290330 鹿毛馬神籠石7

たまにはこんなところもある、ありますよね~

290330 鹿毛馬神籠石8

ふむふむ、いい感じじゃないですか(#^^#)

290330 鹿毛馬神籠石9

進む

290330 鹿毛馬神籠石10

どんどん進む

290330 鹿毛馬神籠石11

あれ?

290330 鹿毛馬神籠石12

あれれ?

290330 鹿毛馬神籠石13

ない・・・あ、あの立札は・・・

290330 鹿毛馬神籠石14

ま、こんなこともあり得るさ(^-^;

290330 鹿毛馬神籠石15

あら?

290330 鹿毛馬神籠石16

なんと・・・なくなっちゃった
あ、あんなところに立札が(;´∀`)

290330 鹿毛馬神籠石17

しまった、道を間違えたか・・・移動移動・・・

290330 鹿毛馬神籠石18

え゛ーーーー? こ、こんな立札?

290330 鹿毛馬神籠石19

あはは、よ~く見れば形が違う・・・

290330 鹿毛馬神籠石20

とっちんの頭の中によく出てくる『遭難』の文字、ひゃ~戻ろう・・・

290330 鹿毛馬神籠石21

あせあせと林を登り、どうにか本丸下に戻って今度は右へ

290330 鹿毛馬神籠石22

こちらもなかなか良い雰囲気で繋がっていました

290330 鹿毛馬神籠石23

あ、もう先に行くのは止めとこう

290330 鹿毛馬神籠石24

おや、こんなところに板状根の木が!何の木だったんだろ?

290330 鹿毛馬神籠石25

そして、谷部には暗渠式の水門

290330 鹿毛馬神籠石26

なんかよく出来ているな~

290330 鹿毛馬神籠石27

平成14年国の史跡の追加指定を受け、総面積35万8238㎡になった所以のほうへ

290330 鹿毛馬神籠石28

う~ん、こちらは結構埋もれてしまってるな

290330 鹿毛馬神籠石29

おやおや

290330 鹿毛馬神籠石30

これじゃちょっとわかりにくいかもね

290330 鹿毛馬神籠石31

ここらへんは苔むしていて趣があります

290330 鹿毛馬神籠石32

アップダウンもあり

290330 鹿毛馬神籠石33

足元が悪くなったのでこのへんにしとこう (実は石を追うの飽きちゃった^^;)

290330 鹿毛馬神籠石34

城があったのか、なかったのか定かではないけど
歩きながら古のロマンをちょっとだけ感じられた1時間半でした(*^^*)

290330 鹿毛馬神籠石35







<鹿毛馬神籠石>
[アクセス] 地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog