七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
もうひとりの炭坑王の大邸宅
この記事をあげようと前々から思ってはいたけど
なかなかPCの前に座ることができず、雨の降る今日に至ってしまいました

築上町にぶらっと巨樹を見るためドライブに行ったふたりでした
その行きがけに看板あるね~、大きな駐車場あるね~、なんだろ?帰りに寄ってみようか

そのくらいの程度で行ってみたのが本当のところです
なぜこんな素晴らしいところを知らなかったんだろう・・・情報収集不足(;゚Д゚)

まあ、とにかくスゴイんです、もうひとりの炭坑王のお屋敷
贅を尽くすとか、そういう言葉では言い表せない豪邸なんです

それは明治時代から昭和前期まで筑豊地方を中心に当時全国10位以内の出炭量を誇った
藏内(くらち)次郎作・保房・治郎兵衛、藏内家三代にわたる本家住宅

大分県などでは錫、金鉱山も経営したとか
そして鉄道の敷設、学校の創設、公共事業など地域に貢献してきたようです

炭坑主住宅としては古い明治30年代の建築で大正時代に大増築され
今も当時の状態をよく残されていて、現存する1炭鉱主の住宅では最古の遺構だそうです

55枚も写真を選んじゃったけど、まあ見てください
ひな祭りということもあって賑やかになっています

290304 旧蔵内邸1

門からしてちょっと入りづらい様相

290304 旧蔵内邸2

「旧藏内住宅」として国の登録文化財、庭は指定名勝となっており
平成25年4月18日 から一般公開されています

290304 旧蔵内邸3

中門

290304 旧蔵内邸4

大きな玄関に入るらぼっち、似合わないな~(;´・ω・)

290304 旧蔵内邸5

その名も大玄関、土間や腰壁は大理石、天井は屋久杉ですって!

290304 旧蔵内邸6

風格あり過ぎ

290304 旧蔵内邸7

ひな壇さえ小さく見えます

290304 旧蔵内邸8

庭に面して、こういうの好き

290304 旧蔵内邸9

長~い廊下、走ったらいけません(; ・`д・´)

290304 旧蔵内邸10

ゆらゆらガラス、わかりますか?

290304 旧蔵内邸11

大広間、ではなく応接間だそうです、どっひゃ~(◎_◎;)

290304 旧蔵内邸12

襖絵もキンキラキン

290304 旧蔵内邸13

煎茶好みのお茶室、丸窓や俵絞りの床柱など素敵です

290304 旧蔵内邸17

どうしても撮りたいゆらゆらガラス

290304 旧蔵内邸18

この窓、寒いよね?

290304 旧蔵内邸19

柱に合わせて窓枠が作られている~~~(^-^;

290304 旧蔵内邸21

居間、さげもんも長い

290304 旧蔵内邸22

そろそろこのへんから迷子になりそう(笑)

290304 旧蔵内邸23

座敷、ここはまた趣が違う

290304 旧蔵内邸25

珍しく四季の果物の絵が描かれています

290304 旧蔵内邸26

290304 旧蔵内邸27

凄かったのは欄間、部屋ごとに違う意匠
組子欄間、筬欄間、蓮欄間、彫刻欄間などそれはそれは繊細なものばかり

290304 旧蔵内邸14

290304 旧蔵内邸15

290304 旧蔵内邸16

290304 旧蔵内邸20

290304 旧蔵内邸24

290304 旧蔵内邸28

290304 旧蔵内邸29

そして大広間の畳廊下にまたびっくり
なに?このアーチ形の天井は(;゚Д゚)

290304 旧蔵内邸30

そんなこととは知らずに18畳が2間続く大広間でお雛さまを撮影のらぼっち

290304 旧蔵内邸31

奥の部屋には神殿、床の間が・・・ここで充分生活できるんじゃ?(笑)

290304 旧蔵内邸32

ここから見るお屋敷もさることながら

290304 旧蔵内邸33

お庭も・・・・え、俺を入れて撮れって?

290304 旧蔵内邸34

いや、邪魔だから!(笑)

290304 旧蔵内邸35

こちらは浴室、浴槽も壁も床も大理石だらけ、格天井素敵♪

290304 旧蔵内邸36

なんとここが脱衣所、ここまでしなくても(*^^*)
夏の風呂上がりに涼むようにつくられているんだとか

290304 旧蔵内邸37

ここからは枯流れといわれる庭が見えます

290304 旧蔵内邸38

じゃーーーん、おトイレ!広くてモダンです♪

290304 旧蔵内邸39

洗面所、よくわからないけどガラスはモミジ

290304 旧蔵内邸40

やっぱり大理石、蛇口がかわいい♡
HOTとCOLDがあるんですって

290304 旧蔵内邸41

結霜(けっそう)ガラスにシビレますね~

290304 旧蔵内邸42

ここは宝蔵、普通の蔵じゃないんだな

290304 旧蔵内邸43

ここで出身高校に蔵内さんの銅像があると聞いたらぼっち
「そんなのあったっけ?」

290304 旧蔵内邸45

その宝蔵に続く廊下の梁は1本木、材料はわかりません

290304 旧蔵内邸44

幾何学的に切り石が配された中庭もゆらゆらガラスで

290304 旧蔵内邸46

見て!雨どいが竹の細工です

290304 旧蔵内邸47

あ、屋敷の下に水路が!

290304 旧蔵内邸48

仏間には金唐革紙(きんからかわし)という誠に手の込んだ細工の壁紙
撮影禁止だったのでパンフから、現存のものは数例でここのは最古級らしい

290304 旧蔵内邸49

これで屋敷内の気になったものは終わり
あ、玄関の内外の照明は家紋入り、豪華~~!

290304 旧蔵内邸50

290304 旧蔵内邸51

庭にやってきました

290304 旧蔵内邸52

さすが国の名勝、素晴らしいですね~♪

290304 旧蔵内邸53

県道に続く石橋も、その奥にある貴船神社も蔵内家のもの

290304 旧蔵内邸54

知らない他人のお屋敷だったけど
自分が裕福になったような気分で帰途につきました(*´з`)

290304 旧蔵内邸55












<旧蔵内邸>
[アクセス] 地図はコチラ




スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント
ここ、凄いですね~!!
萌え所だわ(笑)
ゆらゆらガラスもいいわ~
お風呂場の大理石の床は冷たそうだけど(^^;
いつか自分の目で見てみたいです
2017/03/21(火) 22:26:54 | URL | mam | [ 編集 ]
先日はお手伝いありがとうございました

ここ行ってみたいです!
2017/03/22(水) 19:36:17 | URL | 小さな魔法使い | [ 編集 ]
mamさんへ

えへへ、いいでしょう╰(*´︶`*)╯♡
って、知って行ったわけじゃないけど…
そうそうお風呂の大理石、私も冷たいんじゃないかと思いました。
でも、お手伝いさんがちゃんと温めてから「どうぞ〜」と言われるんじゃないかしら。
どこも一見の価値ありですぞ♪
実は見逃した箇所もあちこちあって(^^;;
私たちもまた行くつもりです。
2017/03/22(水) 21:15:47 | URL | とっちん | [ 編集 ]
小さな魔法使いさんへ

こちらこそありがとうございました。
たいしたお手伝いもせず、お世話になりっぱなしで申し訳ありませんでした。

こちら、言われていた城井ノ上城址に行く途中にあります。
私たちもそこ行ってみたいです。
2017/03/22(水) 21:22:45 | URL | とっちん | [ 編集 ]
すんごーい(@_@;)
まだまだ知らぬお屋敷がありますね
ここは絶対見に行かなくちゃ!!
らぼっちさん めちゃ簡単な記事で終わらせてましたよね^^;
飯塚方面行った事ないのであちこち楽しみだな
2017/03/25(土) 23:10:26 | URL | KIKO | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog