七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
全国津々浦々あるけれど
先週の土曜日は義母は義伯母ちゃんと実家へ
義妹が迎えに来て、実家にいる義叔母と4人で食事するということでした

この時とばかり、らぼっちととっちんは2人でドライブに行こうと・・・
言い出したのはらぼっちなのに、まったくのノープラン

なので、何年か前からず~~~っと行ってみたかったところをとっちんが提案
何も考えてないらぼっちをあっち行ってこっち曲がってと誘導しました(*^^)v

今回はしっかりカメラを持って出かけたらぼっち
よしよし、少しはやる気が出たようだとニンマリしたとっちんでした

一番の目的はまだ先ということにして
とりあえず、ナビに載っていたところに寄り道

全国に存在する国分寺跡ですが
ここはどうなのかな~?と、駐車場から入ったら・・・

290304 豊津国分寺跡0

豊前国分寺の敷地内は、昭和49年から2回、学術目的の発掘調査が行なわれた結果
国分寺創建時(8世紀)~室町時代(14~16世紀)までの遺構や遺物が確認されたとか

でもって、遺構は埋め戻されて公園にしてありました
植樹されていたのは、今の季節にぴったりの梅ばかり

290304 豊津国分寺跡1

枝が短くてちょっと剪定のし過ぎ?と思われるけど
もう少しで満開のようで、時季はよかったかも(*^^)v

290304 豊津国分寺跡2

天気も良くて、青空に映える紅梅(*^^*)

290304 豊津国分寺跡3

ミツバチたちも忙しそう♪

290304 豊津国分寺跡4

むむっ!?
なんじゃこれは・・・

290304 豊津国分寺跡5

白にピンクが混ざってますな~
「思いのまま」という品種でしょうか、きれい~☆

290304 豊津国分寺跡6

らぼっちが久しぶりにカメラを持つと、なんと進むのが遅い、ま、待ってあげよう
それだけ写真の写り具合にこだわってるのか・・・いやいやそんなこたあないだろ(^-^;

290304 豊津国分寺跡7

そんなふうに思っていたら、「おーーーーーい!」と、らぼっちの声

「なにーーー?どうしたのー?」

「電池がなくなったーーー!」

「はあーーー???」(; ・`д・´)

あとの言葉が見つかりませんでした
久しぶりって、えてしてこういうことになるんですね

「仕方ない、iPhoneで撮るしかないな」

「げっ、こっちも1%しかない」

とっちん、シカトです(一一")

290304 豊津国分寺跡8

ここ豊前国分寺は創建当時の奈良時代、九州東北部の文化の中心だったようです
戦国時代末期の兵火で焼失しましたが、江戸時代の元禄年間にほぼ復興

290304 豊津国分寺跡9


昭和5年に建立された弘法大師像、「修行大師」と書かれていました

290304 豊津国分寺跡10

この鐘楼門、いい感じです

290304 豊津国分寺跡11

本堂の屋根には雀が2羽、ちゅんちゅんと跳ねていました

290304 豊津国分寺跡12

あちらに見えるのが福岡県指定文化財の三重塔

290304 豊津国分寺跡13

明治29年に建立されたもので塔の高さは23.5m
九州に3箇所しかない塔らしい、なかなか立派です

290304 豊津国分寺跡14

「とっちーん、四十九日とか一周忌とか十三仏が決まってるって知っとった~?」
「「へ~~~、知らんやった」 「ここにほら!」 「ふ~~ん」

「写真撮らんの?」
「は、撮れってか、わかったよ・・・」

290304 豊津国分寺跡16

「とっちーん、塔の大きさがわからんやろ?ほら入ってやるけん」
「はいはい、撮るんですね、わかりました!」

290304 豊津国分寺跡17

飾りのカメラを持って、いちいちうるさいらぼっち
とっちんはこんな感じ、ちょうどいいところにいらっしゃった(笑)

290304 豊津国分寺跡18

次に出かける時はとっちんがカメラチェックだな
それに帰りはたぶん運転手、やれやれ(;´・ω・)

290304 豊津国分寺跡19











<豊前国分寺>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog