七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
これって砂よね?
このところ捜し物が多い義母
どこにしまったかを忘れている模様

此処にはコレ!と決めていないのも要因ですが
あっちにこっちにと置き場を替え、奥底に入れてしまうのが一番のネック

「あれ?なし、ないかね?」がいつものこと
実はとっちん、その捜し物を見つけるのが得意なんです

義母の動きと大体の予想で「ここじゃないですか~?」
80%くらいの確率で見つけることができます(笑)

「何でも人に頼ったらつまらんようになるき」が、口癖の81歳
今日もどこそこに物を片付けている義母です(^^;;


先々週の文化の日、目的地は遠賀郡芦屋町
らぼっちが「砂像展」が開催されると聞きつけて…

まずは一般参加者の砂像
コンテストにもなっていたようでしたが、気になった像だけ(*^^)v

281103 砂像展1

281103 砂像展2

281103 砂像展3

281103 砂像展4

281103 砂像展5

天気も良くて、人がいっぱい!!
今回が何回目かも、どんなものかも知らずに出かけた4人、テーマがありました

『砂で創る小宇宙 あしや砂像展2016 時空を超えて~宇宙~』
プロデュースは日本の方ですが、砂像彫刻家は日本だけでなく海外の方々も

281103 砂像展6

単純に粘着性のある砂を固めて創ったのかと思っていたら
そんな簡単な作業ではないとのこと

水を含ませた砂を固め、大きなブロックを作って
上からだんだんに彫刻していくんだとか

281103 砂像展7

細かい部分には注意が必要ですね
そして、出来上がったところから天然成分の定着剤を吹きかけるんだそうです

281103 砂像展8

281103 砂像展9

281103 砂像展10

熟々女ふたりはどうだったかな、見応えあったかしら?
記念撮影もしておきました(#^^#)

281103 砂像展11

281103 砂像展12

281103 砂像展13

らぼっちととっちんが一番素晴らしいと思ったのがこちら
「アインシュタインと宇宙開発」、細かーーーい!!

281103 砂像展14

彫刻家はアメリカの女性
ふたりして、しばし見とれていました

281103 砂像展15

この目!!(*≧∪≦)
吸い込まれそうになりました

281103 砂像展16

砂像展は初めてではないんだけど
創り方を聞いてから見ると凄さが伝わってきますね

281103 砂像展17







スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog