七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
季節が変わり
義父が入院して一昨日で4ヶ月になってしまいました
梅雨初期から暑い夏を過ぎ、冷たい風が吹く季節に変わっちゃった

そこで、いつまでもこの急性期の病棟にいれるわけはなく
先週の金曜日、同じ病院内にある慢性期の病棟に移りました

本来なら主治医が代わる体制を
そのまま今の整形外科の先生が担当してくださることに

主治医の先生にはずっと親身になって経過を診ていただいているんです
有難いことに耳の遠い義父にも何度も耳元で話してもらっています

インフォームドコンセントと簡単には言うけど、何かあるたびに説明があり
こちらの質問にもわかりやすく丁寧に話してくださいます

一時は病院を変わろうかとしたこともあったけど
変わらなくて本当に良かったと思っています

前病棟では病室担当の看護師さんたちにも大変良くしていただきました
顔馴染みになっていた看護師さんに「病棟が変わると寂しい」とまで…

気の短い義父は10時半のリハビリに、9時頃からパジャマから普段着に着替え
時間の確認やら、まだかということで何度もナースコールを押してました

その場にいた時「まだ時間じゃないし、看護師さんも忙しいから」
と止めようとしても、おかまいなしに『プルル、プルル』

なんやかんやと・・『プルル、プルル』
いろんなことで・・『プルル、プルル』

それでも嫌な顔をすることなく対応していただきました
介護士さんたちも然りです、いろいろと義父の話を聞けました

自分が人のお世話をすることなんて到底出来ないので
もう本当に頭が下がることばかりでした

でも、ベッドに来てもらうたびにお礼しか言えません
挨拶をすれば笑顔で応えてくださる、素敵な看護師さんが多かったです

281013 初秋1


今度の病棟でも義父は看護師さんたちを信頼しているようです
優しそうな方々ばかり、家族も安心しています

今日は入院して初めて義父の「帰りたいのう」という言葉を聞きました
ちょっとせつなくなりました

早く回復して家に帰れるといいな






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
本当に看護師さんや介護士さん達には頭下がりますよね
嫌な顔せず 丁寧に接してくれて
4か月・・・・季節が変わりますね
私の母は一度も家に帰りたいとは言いませんでした
私は連れて帰りたかったけど
帰っても暮らせない事がわかっていたからでしょうけど
お義父さん 外泊許可とかでて帰ったりできたらいいですね
2016/10/15(土) 00:38:44 | URL | KIKO | [ 編集 ]
とっちんさんこんにちは!!
そうですね。帰れるときは、大変であっても帰って見たりするのもいいよな気がします。
ホームと、病院とでは、もちろん違うのですが
いろんなことがわかっているうちに、幾度となくお家と病院行ったり来たりされるほうが・・・
ホームにいると、いろんなことが思われます
考えさせらえることばかり・・・だから
少しでも、お元気になられたら
お散歩!!(ドライブ)・・・みたいにしても
いっぱいいっぱい刺激がある方がいいような気がします。
2016/10/15(土) 13:25:06 | URL | にゃんこママ | [ 編集 ]
KIKOさんへ

今度の病棟の看護師さんたちも優しくて至れり尽くせり
義父が少しおとなしくなったような気もします。
順調に回復かと思っていたら、違う問題が起きたり
外泊はダメでも、外出は出来ると聞いた矢先に出来ない状態になるので
まだちょっと先の話かな〜と思っています。
本人も調子がいい時に帰りたくなるみたい。
年を取るとは・・・痛感しているところです。
2016/10/18(火) 22:04:29 | URL | とっちん | [ 編集 ]
にゃんこママさん、こんばんは

そうなんです。
体調がいい時は気力も充実するようですが
たまに熱がでたりすると、途端に目の力も失せ座っていることも辛そうです。
病院での体力維持はなかなか難しかったりしますね。
病室ではなるべく話をしたりして、今できることをしています。
付きっ切りでは居られないので・・
前病棟は5階の窓際で近くの家々や遠くの山々など
外の景色を眺めることもできましたが
今度は2階で高い窓から空がチラッと見えるだけ
刺激がなさ過ぎるような気がします。
本人、それに義母の気持ちを奮い立たせるのが私の役目だと思ってはいるのですが…

2016/10/18(火) 22:58:10 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog