七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
まずは「眼鏡橋」から
今、らぼっちは大断捨離の真っ最中
あれもこれもと容赦なく捨ててくれる、動きも半端ないので問答無用です(;一_一)

というか、とっちんも一応一緒にやってるんですけどね~
ま、らぼっちがこの時とばかりにやってくれているので大助かりです


さて、先週は朝からちょいと出かけてまいりました
八勢(やせ)眼鏡橋が集合場所、早めに行って石橋を堪能することに(*^^)v

280203 八勢眼鏡橋1

江戸時代、熊本と延岡を結ぶ日向街道にある石橋
御船の八勢川に架かる橋です

増水すると危険であったため、 安政2年(1855年)
御船の材木商、林田能寛(はやしだのうかん)が私財を投じ架橋しました

280203 八勢眼鏡橋2

石工は種山の卯助と甚平
橋本勘五郎の兄と弟だとか?そうだったっけ(^_^;)

280203 八勢眼鏡橋3

280203 八勢眼鏡橋4

280203 八勢眼鏡橋5

280203 八勢眼鏡橋6

280203 八勢眼鏡橋7

280203 八勢眼鏡橋8

280203 八勢眼鏡橋9

八勢水路橋と八勢小橋も・・・・この規模は凄い! 

280203 八勢眼鏡橋10

280203 八勢眼鏡橋11

280203 八勢眼鏡橋12

280203 八勢眼鏡橋13

280203 八勢眼鏡橋14

280203 八勢眼鏡橋15

160年前の石橋だけど、迫力もさることながら
どっしりとした風格のある橋だと改めて思った次第です

280203 八勢眼鏡橋16








<八勢眼鏡橋>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog