七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
ここに来ていたのか、あの『あさ』も
今日お昼、1泊2日の人間ドッグを終えたらぼっちを迎えに行きました
すぐにわかるものは聞いてきた模様

認知症の検査もするんですね~
なんの問題もなく答えられたと本人の弁、今のところOKみたい(^_^;)

明日島へ帰っても次の日は祝日、ということで土曜日まで熊本にいるんですって(・_・)
詳しい結果は2週間後、ちょっとドキドキです


さて、先月らぼっちの実家に行くときに寄ったところがありました
NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」に出てくる「加野炭鉱」のモデルになった場所

それは福岡県飯塚市にあった「潤野炭鉱(うるのたんこう)跡」
ドラマではあさが若くして炭鉱事業に乗り出しますが・・・・

実際は(明治19年)、あさが37歳のとき
1883年(明治16年)に帆足義方が採掘を始めた炭鉱を買い取ったようです

当初は落盤事故や炭坑内の大きな断層で産出量があがらず赤字続きでしたが
明治30年頃には見事優良炭鉱へと生まれ変わらせたようです

そして1899年(明治32年)、建設中の官営八幡製鉄所への石炭供給源として国に売却され
官営製鉄所二瀬炭鉱となり、八幡製鉄所はその後に日鉄鉱業の二瀬鉱業所となりました

その後は1963年(昭和38年)の閉山まで採掘されたとか

まず寄ったのは、その「日鉄二瀬鉱業所本部中央坑跡」です

280127 あさが来た1

280127 あさが来た2

280127 あさが来た3

280127 あさが来た4

280127 あさが来た5

それから潤野炭鉱があったとされる場所へ
今は嘉穂高校となっています、当然入れません(^_^;)

280127 あさが来た7

その近くにあるもの・・・

280127 あさが来た8

明治32年に潤野炭鉱が売却された後
明治36年(1903年)にはガス爆発で落盤事故が起きました

280127 あさが来た9

その事故によって死者・行方不明者が64人も出てしまいます
裏には女坑夫17名と一緒に名前が記載されていました

280127 あさが来た10

きれいに掃除され落ち葉ひとつなかった慰霊碑前
頭を下げずにはいられませんでした

280127 あさが来た11

それから嘉穂高校のまわりをぐるっと、ここは
巻上基礎と旧坑口方向・・・・と何かに書いてありました

280127 あさが来た12

ゆっくり見ることはなかったけど
ここにどうにか判別できる巻上機の基礎があったらしい

280127 あさが来た13

さて、そこから遠くないところにあるのが「牟田炭鉱」
言わずと知れた炭鉱王、伊藤伝右衛門の炭鉱と言われています

280127 あさが来た14

むむむ、よくわかりませんね~
真横まで行くと、こんな感じ(^J^)

280127 あさが来た15

なんとも、遺構と言うよりほったらかしのそのまんまです
巻上機台座だということですが、レンガの上をコンクリートで固めた様子が・・

280127 あさが来た16

280127 あさが来た17

280127 あさが来た18

大部分がレンガ造り?その上に小石入りのコンクリート?

280127 あさが来た19

280127 あさが来た20

280127 あさが来た21

この中を通り抜けると
あの時代にタイムスリップする気がしないでもないな~(=^・^=)

280127 あさが来た22







<日鉄二瀬鉱業所本部中央坑跡>
[アクセス] 地図はコチラ

<潤野炭鉱慰霊碑>
[アクセス] 地図はコチラ

<牟田炭坑巻上機>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog