七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
ったく、も~・・・(>_<)
今日もらぼっちの実家へ、日帰りしてきました

271110 景色1

入院とか大嫌いな義父が入院治療をすることを決心したので
予定を決めるべく先週、急遽予約を入れ今日の受診となりました

気持ちが固まったら早めに受診してくれ
年内なら早い方がいいと3週間前に言われていたからです

それまで本人も義母もらぼっちも今更そんなことをしなくてもいいんじゃないか
85歳という年も考慮のうえ、みんなそう思っていました

ところが3週間前のその科の先生の
「価値はある」という言葉に後押しされたから・・・

271110 景色2

「決めるのは本人だから」と、おっしゃりつつ
説得のようにもとれる言い方に話を聞いた義父母ととっちんは気持ちが傾く

今まで同様、らぼっちも義父と電話で話し合い
お互いに納得できたところで、今日を迎えていたんです

義母は入院に必要なものを揃え始めており
とっちんもあれとこれとを買ってきてと頼まれ、持っていきました

いつ入院することになるか
3人がそれぞれこれからのことを考えながら、待合室にいました

271110 景色3

49分待ちで名前を呼ばれて診察室に入っていくと
なんだかむずかしそうな顔の先生が待っておられました

通常の受診日じゃないことはわかっているはずなのに
いつものような説明ばかりされる、なんで~?

どうも腑に落ちないので「気持ちが固まったので来たんですけど」と、とっちんが言いました
それならと具体的な話になるかと思いきや・・・

「う~ん」と唸ったまま、電子カルテを眺めていらっしゃる
そして「肺炎に罹っているの?どんな肺炎?」

はあ~!?カルテ見たらわかるでしょ?と思ったけど
とっちんがすかさず「器質化肺炎です」と答えました

そしたら急に治療でのリスクがどうのとか延々と話し始めちゃった
なんなんだよ、前回と話が違うじゃないの!

前回は85歳だけど・・・
今回は85歳だし・・・

271110 景色4

こちらの条件は何も変わっているわけじゃないのに
今回先生がネガティブな話ばかりされ、止めろと言わんばかりの話

とっちんは不信感を持ってしまいました
3週間、あんなに悩んで結論を出したのはなんだったんだろう

最後は「内科に紹介状を書いておきます」と言われる
とっちんは意味がわからず、「紹介状ですか?」と問いました

今かかっている内科になんで今更紹介状なの?
内科の先生のように電子カルテに打ち込めばいいだけでは?

なにやらごちゃごちゃ言っとられたけど
憤懣やるかたないとっちんは、早々に踵を返してしまいました

結局、本人も義母もとっちんも入院しての治療はしないことに決めました
義父はかえってほんのちょっと安心した様子でした

も~、7年前この病院で義母の主治医と言い合いしたことを思い出すわ~!
まだいらっしゃるのかしら、あの先生・・・

271110 景色5





スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
病院の先生って
たくさんの患者さん診てるからか
こっちは前言った事と違うよなって思う事ありますね
入院して元気になるはずが
なんだか悪いところばかり見つかって
どんどん小さくなってく母を診てて寂しいです
歳をとること これから先の事
目前に迫ってる感じです
明日は転院します
2015/11/11(水) 23:40:18 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ

お母さん、転院ですか・・・
長期療養型の病院になるんでしょうか?
いくつもの病気を抱えていると
こっちの薬を飲むと、こっちには良くない影響があるとか
いろいろ難しいことも出てきますね。

実家の母も退院できるかどうか・・・
自分の体がコントロールできない状況だとどうしてあげることもできません。
親が病気で80を超えていると覚悟を決めないとですね。
2015/11/12(木) 00:37:34 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog