七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
西表島の〆は雨の仲間川マングローブクルーズで
なんで雨が降らないと野菜は枯れるのに
雑草はどこまでも蔓延るんですかね?

今日は野菜作りグループでの農作業の日
秋野菜を植えるために空けておいた畑(ほとんどの面積)にすっごい草が生えていました

草を抜いていてとっちんは気付きました
雑草って雨が降らないと水分を求めてかなりの勢いで横に根を張らせているということに・・・

なんというたくましさだ(>_<)
たぶん夜露を吸収しているんだろうな

農作業のおばちゃんたちは、しこたま汗をかいて水分を絞り出してしまったぜ
誰も熱中症にならなかったのが不思議

やわな身体、いや根性じゃないってことかな、あはっ(=^・・^=)



さて続き、八重山旅行の3日目の朝は雨でした
毎日青空ってわけにはいかないことは百も承知

外を歩くわけじゃないから、いっか~(^^)/
と思っていたけど、こんなだったんだよね

270719 仲間川クルーズ1

う~ん、どうなのこれって(;一_一)

大原港から出航のクルーズ船で仲間川を遊覧します
雨でも流暢な船長さんの説明を聞きながら、楽しく乗っていました

270719 仲間川クルーズ2

雨風が強いので、いつもは開けっぴろげの窓に透明ビニールがしっかり下がり
上下がしっかり括りつけられていて、カメラのレンズを出す隙間もありません

270719 仲間川クルーズ3

しまった~、座る場所間違った(>_<)
天気が良ければ、遠くにはヤエヤマヤシの群落が見えている・・・はず(^_^;)

270719 仲間川クルーズ4

マンゴローブの巨大な群落の中をゆっくり進んでいる・・・・はず(^_^;)

270719 仲間川クルーズ5

あまりすっきりしない中を30分くらい奥に進むと見えてきました、桟橋!

270719 仲間川クルーズ6

あ、傘忘れた\(◎o◎)/!
どうする?結構降ってるぞ

270719 仲間川クルーズ7

実はこのクルーズでらぼっちの最大の目的は、ここを降りた先にあるのでした
とっちんは船に残り、らぼっちは帽子を被っていちばん後で降りていきました

なので、ここからはらぼっちの写真です
木道を100m歩いたそうです

270719 仲間川クルーズ8

立派な説明板があったようですね
ここでらぼっちが是非ともお目にかかりたかったのが板根が特徴のサキシマスオウノキです

270719 仲間川クルーズ9

高さ4mもある板根がどど~んと現れ、目を見張ったとらぼっちが(^m^)
樹齢は400年、1982年に発見されたものだとか

270719 仲間川クルーズ10

ここ西表島はまだ人が足を踏み入れていない場所が多いらしく
もしかしたら、このサキシマスオウノキよりも大きな木があるかもしれないという話もあります

270719 仲間川クルーズ11

珍しいことに、サキシマスオウが2本くっついて生えているので夫婦スオウと呼ばれているとか

270719 仲間川クルーズ12

なんかね~、アングルがイマイチ(^_^;)
雨のせいでゆっくり撮れなかったみたい

270719 仲間川クルーズ14

さて仲間川を下りますか
晴れているとこんなにきれいなのにね

270719 仲間川クルーズ13

らぼっちがサキシマスオウノキ見たさに満潮時に合わせて乗ったクルーズ船
干潮寺だとあの桟橋までは行けないと聞き、この光景も仕方ないかと思った次第

270719 仲間川クルーズ15

あらま、すれ違ったクルーズ船はビニールが上げてある(・_・)

270719 仲間川クルーズ16

雨が小降りになったのかな?

270719 仲間川クルーズ17

こうして1時間ちょっとの仲間川マングローブクルーズは終了~
ほぼ満員の船は無事帰港、とっちんは世界的に珍しい自然はまったく見れなかった(笑)

270719 仲間川クルーズ18

そして同じ大原港からすぐに西表島を離れました
ちょっと波があったので、フェリーが蛇行していたような・・・らぼっちは爆睡で気づかず(-_-;)

270719 仲間川クルーズ19

西表島、手付かずの大自然を日本最大の規模で残す貴重な島

保護されている希少な生物はもちろんだけど
あのきれいな満天の星空をとっちんは決して忘れないぞ~ヽ(*^∇^*)ノ

270719 仲間川クルーズ20

さ、あと2島を巡りますよ♪






<仲間川>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog