七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
漕げ~!漕げ~!それ~!それ~!ん?・・・
今日は次男が帰ってきました
ちょいと早めの帰省、今回は長い滞在をするようです

「帰ってくる?」って聞いた時に、「どうかな~」と言っていたのに
いざ帰るとなると、お盆は航空運賃が高いからとそこを外したらしいです(^_^;)

娘は当然この時期は帰って来ない
帰ってくるかと聞きもしないけど(笑)

そして長男は・・・
聞いたけど、未だなんの連絡も無し(・・;)

やっぱり5人が揃うなんて難しくなってきたな~
というか、ずっと5人というのもね~、増えてもらわなきゃ困るんだけど・・・ (;¬_¬)



さぁさ、昨日の続きとまいりましょ(^o^)/

ナーラの滝の前で遊んだり、美味しい美味しい朝食をいただいて
早朝の暗いうちから大自然の中でいろんな息吹が感じられました

ここで朝の9時半、趣発してからもう5時間半も経っている(@_@;)
名残惜しいけど、ナーラの滝よ、さらば!

270718 川下り1

このウネウネもよかったな

270718 川下り2

ということで、下ります
登るときには気づかなかったものも見つけました

これはどう見ても蘭の一種よね(#^.^#)

270718 川下り3

あ、またトンボ
このトンボはじっとしてくれるんだけど、他のトンボは撮れなかった

270718 川下り4

「なんじゃ~、このきのこは?」
マサトさんはスルーしたけど、とっちんは見て見ぬフリができなかった

270718 川下り5

昼間なのに(朝だけど^^;)、オオシママドボタルの幼虫もいました

270718 川下り6

帰りもサキシマキノボリトカゲくんが見送ってくれました

270718 川下り7

保護色でこんなにわかりにくいのに、マサトさんはすぐに見つけられるのが不思議~
よく見えるカラコンでも着けていたのかしら(^m^)

270718 川下り8

はっきりわかるクモ、色鮮やか~

270718 川下り9

手付かずの自然の中にあって、きっと生物は幸せなんだろうね

270718 川下り10

カヤックを繋いだところまで戻ると、おや魚の姿が・・・
フナのような形をしているけど、まさかピラニアじゃないよね(笑)

270718 川下り11

ここは西表石垣国立公園、自然を守るべくいろいろな規制もあります
原生に近い亜熱帯常緑広葉樹林なので、しっかり残していかなくてはなりません

270718 川下り12

マサトさんは帰りの準備をしながら、ちゃんと写真も撮ってくれています
とっちんたちはな~んもしないでただ乗っているだけ~(^_^;)

270718 川下り13

それ~出発~!「帰りは潮が引くからちょうどいいですよ」
マサトさんはそう言ってくれました、なんてラッキーなんでしょヽ(*^∇^*)ノ

270718 川下り14

「でも晴れてきたから、暑くなりますよ~」
ほんげ~~っ(T_T)/~~~でも、仕方ないか・・・

270718 川下り15

もちろん帰りも水に浮かぶサガリバナを・・・
何度も言いますが、サガリバナは夜にしか咲かない花です

夕暮れとともに咲き始め、夜明けとともに散るというう神秘的な花
今見とかないと、2度とは見られないはず

270718 川下り16

すると、『ぽちょん』と音がするじゃないですか
あ、今、花が落ちた、また落ちた

270718 川下り17

らぼっちと「まさに落ちるところが見られるとは思ってなかったね」と話していると
はるか前方から「行きますよ~!」と、マサトさんの声(^_^;)

270718 川下り18

それに合わせて、「は~い」と返事して漕ごうとすると
らぼっちが 「まだ写真を撮ってない!」 とぐだぐだ・・・、まだかい (;¬_¬)

270718 川下り20

朝は暗くて、らぼっちが持ってきていた防水カメラではサガリバナが獲れなかったらしい
ま、とっちんはカメラの設定とウデだと思うんだけどね

なので帰りは思う存分撮りたかったようだけど
そんなこと知らないマサトさんからは、一気に下りたいという気配が伝わってくる

270718 川下り19

そういえば、この後の3人の予定を聞いていたっけ?
時間を気にしてくれていたんですね

270718 川下り21

早朝ははっきりしなかった景色、こんなふうなところを上っていったんだね~
なんて悦に入っていると 「左ですよ、左に寄って!」

270718 川下り22

「おいおいらぼっち、左だって言われてるよ」
らぼっちの操縦に埒が明かないので、ひたすら右でパドルを動かすとっちん<`ヘ´;>

270718 川下り23

そして、「ね~、らぼっち!ちゃんと一生懸命漕いでる?」
「漕いでるさ」 前に乗っているとっちんには全然見えないし、わかりません

270718 川下り24

マサトさんたちは休憩しながら、優雅に余裕で進んでいるのに
こっちは必死で漕いでいるにもかかわらず、全然追いつく気配もない(>_<)

270718 川下り25

そういえば、朝上る時 「とっちんがパドルを動かすとすんげ~進むんだよな」って言ってたな
海が近くなると、やだ~風が出てきた、向かい風だよ~(T_T)/~~~

270718 川下り26

「それー!!行けー!!漕げー!!漕げーー!!」 とっちんひとりがアスリート?
波も高くなってきたので、横波を受けないように、「漕げー!漕げー!」

270718 川下り27

らぼっちが漕いでいようがいまいが、こうなったら関係ないさ!
はるか遠かったので、とっちんが鬼の形相で漕いでいた写真を撮られなくてよかった~(笑)

270718 川下り28

とっちんが頑張ったおかげで、マサトさんたちに
「すごく速かったですね、まだまだ時間がかかるかと思っていましたよ」と、褒められました

そうだろ、そうだろ、と内心ほくそ笑んでいたのに
「要領がつかめると楽ですよね~」と、らぼっち

はぁ~、なぁ~にぃ~?(--〆)

270718 川下り29

心身共にリフレッシュ、満腹、満喫、満足、満点、満悦・・・あ、もういい?(笑)
とにかく、こんな楽しい体験が出来たのはマサトさんのおかげ

でもあるし、らぼっちのおかげでもあるかな
いつのまにこんな計画を立てていたんだか・・・(^_^;)

270718 川下り30

しかしね~、やっぱり、とっちんだけがヘトヘトになったような気がする
らぼっちが平気のへの字って、そ~ゆ~ことでしょ?(ー_ー)!!

とっちんは一日中、何かを持つたびに左手がプルプルしてたのよね・・・





スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

コメント
  なんか分かる〜

  去年釧路湿原を神野先生とペアでカヌーで下ったんだけど
  同じような展開

  ザーッと車で言えば脱輪
  かじは後ろでしょうとは言えない・・・

  結局 一人で右も左も漕いで
  「一人のほうがうまくいくようですね」と先生に言われ
  あたふたした自分がおかしかった
2015/07/31(金) 23:23:36 | URL | 小さな魔法使い | [ 編集 ]
我が家は9月に久々に一緒に帰ってきます
お盆は帰ってこないのでのんびり~~

オールとパドルって違うんかな^^;
わかんないけど とっちんさんの大変さはわかった
腕プルプルお疲れ様でした
でもとってもとっても素敵なツアーでしたね
さがり花も本当に綺麗だし
一緒に旅した気分にさせてくれてありがとう(*^_^*)
2015/08/01(土) 23:46:50 | URL | KIKO | [ 編集 ]
小さな魔法使いさんへ

やっぱりですか(≧∇≦)
ふたりだと本当に思うようにいかないですよね。
奄美で乗ったひとりでのカヤックがストレスなくよかったです。
自分で漕げばパドルで自由が利くし、舵なんか必要ないですよね。
気持ちわかってくださって嬉しいです*\(^o^)/*
2015/08/03(月) 00:04:59 | URL | とっちん | [ 編集 ]
KIKOさんへ

あ、そうか今年の9月はシルバーウイーク
ふたり同時だと待ち遠しいですね(^ー^)ノ

オールは水をかくところが片方で公園のボートのように船艇に装着
両方ついていて固定されていないのがパドル、じゃないかとらぼっちが言ってます(^^;;
よくわからないことだらけ、知らないものだらけのツアーでしたが
それなりに楽しむことができましたよ〜。
だけど、運動している私がプルプルで、していないらぼっちが平然としていることに腹立たしくもあり
でした(笑)
2015/08/03(月) 00:16:28 | URL | とっちん | [ 編集 ]
KIKOさん、オールは後ろ向きに進みますね(^o^)/
パドルは前でした
2015/08/03(月) 00:28:51 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog