七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
さあ出逢えるか、ヤシガニナイトツアーにGO♪
梅雨明けはまだか?の九州北部地方・・
気温は31℃だけど、今日も蒸し暑かった(;;+_+;;)

曇っていたのでこれ幸いと、朝から家の前でボーボーになった草を取りました
1時間くらい経ったので、早めの給水をと水分を摂ったのでよ~しバッチリ!

続けて雑草を取り、どうにか思うような短い芝生となりました
家に入ると2時間半の時が過ぎていました

ん?なんかおかしい、気分が悪い、ちょっと頭痛がする
お茶を飲み、シャワーを浴び、お茶を飲む、だけど落ち着かない

ご飯も食べず扇風機に当たりながら2時間ほど横になっていると、どうにか治まった
これって熱中症になりかけたってことかな?

炎天下でもなかったし、水分も摂ったのにね
いかんいかん、用心です(^_^;)



さて、八重山の旅の続きです

乗り継ぎいでようやく西表島(いりおもてじま)の民宿マリウドさんに着き
美味しい夕食をいただいた後、ヤシガニナイトツアーに参加しました

民宿は満員だったので、他にも参加者がいるのかと思ったけど
有難いことにウチたち夫婦ふたり、2人からツアー催行だったのでよかった~(*^^)v

このヤシガニナイトツアーでは、ヤシガニ以外にも天然記念物のオカヤドカリや
ミナミオカガニ・ツノメガニ、ミナミスナガニ等の生物を見れるんですってよ、楽しみ~♪

虫に刺されないように長袖長ズボンといういでたちで
夜8時、ケイトさんという若いイケメンスタッフさんの運転で出かけました

暗いのでどこを走っていたのか全然わかりません
ある場所に着いて車を降りたところで長靴にはき替え、ハブがいるからですね

懐中電灯も貸してもらいました~
いざ、出発!探検じゃ~ヽ(^o^)丿

この日は満点の星が降り注いでいて、と~ってもきれいだったんです
写真に撮りたかったけど、三脚がないので撮れません、脳裏に焼き付けて・・・

270717 ナイトツアー1

ケイトさんに「ほらっ!あそこ」って、懐中電灯で照らしてもらっても
「え、どこ?なにがいるって?」と、ふたりは全然わかりません

270717 ナイトツアー2

セミの抜け殻は教えられなくても見つけられたんだけど(笑)

270717 ナイトツアー3

これ、なんだったっけ?カゲロウ?なにカゲロウ?
聞いた名前まで忘れてしまうというぼんくらさ(^_^;)

270717 ナイトツアー4

「いた!」ケイトさんが叫びます、なにが?どこ?どこ?
国指定の天然記念物、オカヤドカリのお出ましです

270717 ナイトツアー5

ムラサキオカヤドカリくんですね
少し丸めた手のひらにちょうど載るくらいの大きさです

270717 ナイトツアー6

なぜか鳴きもしないのに、「あそこに蛙が!」とケイトさん
なんでわかるの?こちらは一生懸命に目を凝らしてやっとわかった次第

270717 ナイトツアー9

海岸のゴミ掃除がしてあったんですが
ラベルが日本語じゃな~い(;一_一)

270717 ナイトツアー10

浜に近づくと、すぐにまたムラサキオカヤドカリが!

270717 ナイトツアー11

ケイトさんがちょっとつついてみると
すぐさま爪で蓋をしちゃった、見事にピッタリと(@_@;)

270717 ナイトツアー12

下に置くと、これまたすぐに脚を出した

270717 ナイトツアー13

わわ~~波が!(+o+) 「今はちょうど満潮なので気をつけてくださいね」
そうか満潮なんだ、だから砂浜が狭いんだ

270717 ナイトツアー16

ハマユウ、夜でも咲いているのね

270717 ナイトツアー15

この後、浜には続々と紫のや赤いオカヤドカリ
油断すると踏んでしまいそうなので、気をつけて歩きます

270717 ナイトツアー17

270717 ナイトツアー18

ぎゃ、らぼっちの背中に毛虫~!!
バタバタと掃って逃げてもらいました、白くてちょっときれいだったけどね(^_^;)

270717 ナイトツアー19

サ、サ、サと足の速い小さいカニ

270717 ナイトツアー20

ものの1秒で砂に隠れてしまいます

270717 ナイトツアー21

ケイトさんがわざわざ赤と紫のオカヤドカリを並べてくれました
こうやって見ると、色がかなり違うのよね~

270717 ナイトツアー22

「この先にヤシガニがいるところがあるんですよ
ここでちょっと待っていてください」

270717 ナイトツアー23

スタスタと大量の漂着ゴミの中を歩いていくケイトさん
台風とか波が高いときに他の国からやってくるゴミ、へんな臭いまでする(^_^;)

でも、そのゴミの下にはオカヤドカリがいるんです
雑食だから、ここにエサとなるものがあるのかな?

270717 ナイトツアー24

ケイトさんの必死の捜索にもかかわらず、ヤシガニは見つからず・・・来た浜を戻ります
帰りはオカヤドカリには目もくれず、もうね~、多過ぎて飽きました(笑)

270717 ナイトツアー25

さっきカゲロウがいた辺りに、オオシママドボタルが緑っぽい青い光を放っていました
点滅しないでずっと妖しく光っていると思ったら、幼虫でした

270717 ナイトツアー26

八重山なのに、オオシマとはこれいかに?
単なる名づけ教授の勘違いだったとは、このホタルの受難だね(^_^;)

270717 ナイトツアー27

名前のわからない(聞いたような気もするけど^^;)バッタがいっぱい

270717 ナイトツアー28

270717 ナイトツアー29

「ヤシガニが見つかるまで帰りませんから」とは、熟年夫婦が言ったんじゃありません
本来は1時間半程度のツアーなのに、長い時は4時間かけたこともあったとか

ということで車に乗り、次のポイントへ
ちょっと歩いただけで「ここはダメだ」そうで、今度は歩いて移動

いろいろ話をしながら、星空を見ながら
アスファルトを走るゴキブリも見ながら(笑)

どのくらい歩いたかな、300mくらい?
ケイトさんの様子が一変、なにやら道端の草むらに1歩2歩

「いましたよ!!」
「え、どこ?どこ?」 言われてもわからない鈍感夫婦

270717 ナイトツアー30

う~ん、せっかく逢えたのに
これじゃ大きさもわからないし、すぐに逃げちゃうかも・・

270717 ナイトツアー31

仕方なくちょっと追い出してもらいました、もちろん手や足は使わず、サンダルで!
だって指なんて簡単にちょん切られるんですから(>_<)

270717 ナイトツアー32

くう~、こいつ手のひらを広げたくらいの図体で足が速いこと
大きいものは顔くらいの大きさにもなると言うのに、サカサカと動きまくります

270717 ナイトツアー33

絶滅危惧種に指定されているヤシガニ、オカヤドカリと同じ科に分類されています
昼間は巣穴に隠れて夜になると巣穴から出てきてエサを物色、もちろん雑食

270717 ナイトツアー34

いや~ほんのちょっとの時間だったけど、ヤシガニちゃんに遊んでもらいました
ありがとうね~、ちゃんとおうちに帰ってね~

270717 ナイトツアー35

アダンの実を食べに来ていたのかしらね?

270717 ナイトツアー36

この後、帰り道で超かわいいヤドカリが歩いていました
おいおい車に轢かれるよ、早く帰りなさい

270717 ナイトツアー37

夜のパイナップル畑、ちょうど収穫が終わったばかりでした
う~、一つも残ってな~い(・へ・)

270717 ナイトツアー40

ケイトさんのおかげでヤシガニもオカヤドカリも見れたし、珍しい虫も見ることができました
体験談や楽しいお話も聞けてよかったです、ありがとうございました

かかった時間はちょうど予定の1時間半、すっご~いピッタシヽ(*^∇^*)ノ
さ、シャワー浴びて早く寝なくちゃ、明朝は朝3時起きじゃ~~!




スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog