七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
沖縄最高の聖地に足を踏み入れる 「斎場御嶽」
また台風が・・・
明日あたり、また今年も沖永良部を直撃かぁ~?

人間は建物の中にいれば大丈夫だろうけど
今はすっくと立っているさとうきびとか、農作物に影響があるんだろうな

そして問題はスーパーの生鮮食品不足と停電
食品を買い溜めしておいても、停電したら腐ってしまうしね

でも、らぼっちは3年目の島暮らし
慣れたくはないだろうけど、少しは対策できていることでしょう



さてさて、八重山諸島を巡るというらぼっちの旅計画でしたが
先週の台風で一日早く出発となったわけです

当然、おまけの日にも沖縄本島を散策しなくては、熟年夫婦の気は収まりません
那覇バスターミナルから40分くらいかけて本島横断

乗り換えなしのバスなのに、途中でバスと運転手を変えたのよ、なぜ~?(・・;)

そして、着いたところが南城市にある 「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

270716 斎場御嶽1

ここは、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地なのです
琉球の創世神話に登場する沖縄の七御嶽のなかでも、最も格の高い場所とされています

世界遺産に登録されている祈りの場なんですよ
「セーファ」とは「最高位」「霊力に豊に満ちている場所」の意味なんだとか

神々が天降りする社として、祝女(祭祀を司る神女)によって神拝行事が行われてきました
その信仰は現在でも続いていて「聖なる空間」として手厚く守られているようです

270716 斎場御嶽2

もともとは『男子禁制』の場
琉球国王でも聖域内に入る際には女性用の衣装に着替えたと伝えられています

ほえ~、らぼっち大丈夫か~?とっちんのスカート貸そうか?
おえ~、気持ち悪いから止めとく(笑)

270716 斎場御嶽3

あら、あの説明板はな~に?

270716 斎場御嶽4

せっかく来たんだから
どんな小さいものでも見逃さないぞ、どらどら・・・

270716 斎場御嶽5

どっひゃ~~~\(◎o◎)/!
そうか気をつけなくちゃ、と改めて思った次第です

270716 斎場御嶽6

場内に入ってすぐにあるのが御門口(うじょうぐち)
かつては、神行事に係わる人しかこの先には入れなかったそうです

足元には石製の六つの香炉
御嶽内にある六ヶ所の拝所を表しているそうです、絶対に触ってはいけません!

270716 斎場御嶽8

なんかね~、この頃では観光客が増えて石畳がすり減ったり、マナー違反が目立つので
地元の南城市では、文化財保護を図るため男子禁制にすることを検討しているんだって・・・

270716 斎場御嶽9

そうなると、こんなふうにカップルで歩くことはなくなるのか
というか、そのうち観光客自体が御嶽に入れなくなるかも?

270716 斎場御嶽10

静かに厳かな気持ちで参りましょう
マナーは絶対に守らないとね!

最初の拝所は大庫理(うふぐーい)
大広間や一番座という意味を持っています

270716 斎場御嶽11

一段高くなっているところは屋敷の中と同じように、履物を脱いで上がり祈る場所です
大きな岩の前で気持ちが引き締まりました

270716 斎場御嶽12

木々の緑もちょっと違って見えるから不思議です

270716 斎場御嶽14

夏休みに入っ・・・・ん?待てよこの日は16日、ガッコウは?
子供たちはここを訪れてどういう感想をもったんだろうか

270716 斎場御嶽15

お、ここはなんだ?

270716 斎場御嶽17

え~、こんな神聖な場所に(@_@;)
やっぱり戦争なんてあってはならないことです

270716 斎場御嶽16

二番目の拝所、寄満(ゆいんち)、台所をを意味します

270716 斎場御嶽18

石床に上がる段数は5段、より多くの思いを神に伝えるために高い位置に

270716 斎場御嶽20

普通の人は上がれず、お勤めを積んできた人だけがこの場に上がることを許されているんだそうです

270716 斎場御嶽19

順路に沿って進みます

270716 斎場御嶽21

途中にも何かを感じるような場所がちらほら

270716 斎場御嶽22

270716 斎場御嶽23

270716 斎場御嶽26

おおーーー!!なんだここは\(◎o◎)/!

270716 斎場御嶽24

いやいや気が早いよ、次の拝所はシキヨダユル、アマダユルです
右と左、男と女、光と影、二対の調和だそうです

270716 斎場御嶽30

おや~ん、もしかして?と気がついたのは、もちろんとっちん
な~るほど、上の鍾乳石からの水を受けているんだと(*^^)v

270716 斎場御嶽31

「でも、水が落ちてこないね」と、らぼっちに言うと
「雨が降ってないからだよ」と、当然のように言われちゃった

ふん、鍾乳石があることにも気がついてなかったのにね(-_-;)
こちらは「貴婦人様お休み所」、とっちんはちょっと休んで・・・って、いいわけないよね(^_^;)

270716 斎場御嶽32

さていよいよ三庫理(さんぐーい)、ここは安定の場所

270716 斎場御嶽25

大きな二つの岩は左側の岩と右側の岩がバランスを取っていて
底辺はしっかり水平なので、人という字にも思えます

270716 斎場御嶽27

270716 斎場御嶽28

お~いらぼっち、他の観光客の邪魔になっているよ!(ーー;)

270716 斎場御嶽29

神妙な面持ちで心を無にしてくぐりました
らぼっちはどうしていたか知りません、他にかまっていられませんでした

270716 斎場御嶽33

くぐっている時に空気が変わったように感じました
観光客が本当はここに入ってはいけなかったんじゃないかって気も・・・

270716 斎場御嶽38

チョウノハナとは、東から昇る太陽の朝の光を受けとめて、世界に拡散する場所だそうです

270716 斎場御嶽34

そして、ここはこんな場所でもあります

270716 斎場御嶽35

畳2枚分くらいの場所から東の方向には、見えました~久高島

270716 斎場御嶽36

神の島である久高島、厳かな聖地
じっくりと目に焼き付け、しっかりと神聖な気持ちでお詣りしました

270716 斎場御嶽37

自分が存在することの意味、ここに来れたことへの感謝、らぼっちとのこれから・・・
帰りはいろんなことを思いながらくぐりました

270716 斎場御嶽39

この記事を書くにあたり「斎場御嶽」で検索してみると
かなりのパワースポットだといろいろ載っていました

そりゃそうだろ、あれだけの迫力だもの
とっちんたちは葉っぱひとつ触りませんでした、というよりも・・・

ここのなにもかもが神様のもののような気がして、触れなかったというのが真実かな
さて、この後の熟年夫婦の旅はいかがなりますやらヽ(^o^)丿

270716 斎場御嶽40







<斎場御嶽>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog