七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
畳に大の字ってもうしない?
八代には全国1位、国産の8~9割のシェアを誇るものがあります
そう、イグサです

別名、トウシンソウ(燈芯草)
かつて油で明りを採っていた頃に、この花茎の髄を燈芯として使ったことに由来するんだそう

270607 イグサ1

戦国時代の1505年、八代郡千丁町太牟田上土城主、岩崎主馬守忠久公が
領内の古閑渕前にいぐさを栽培させ、特別の保護のもとに奨励したのが始まりだとか

その後、太牟田表・八代表・肥後表と変遷、幾多の困難を乗り越え地場産業として定着
八代地方を中心にめざましい発展をとげ、日本一の生産地に成長しました

270607 イグサ3

それでも、中国からの畳表の輸入が急増した、生産農家が大幅に激減
現在では産地の再構築を図るために、「ひのみどり」を柱とした構造改革を進めているようです

270607 イグサ4

畳は空気浄化、保温・断熱性、弾力性、芳香性、吸音性など
実はいろいろと優れた機能を持っているのです

270607 イグサ2

それなのに家自体に洋室が増え、畳の需要が減ってきていますよね
畳が擦れて表替えが必要で面倒だったり、使い勝手が悪かったりするからかな

畳が好きな年配の人だって、足腰が弱くなって椅子やベッドの生活を余儀なくされ
畳から離れてしまうことになってきています

270607 イグサ5

昔は子供でも手伝わされて、重~い畳を上げて外で虫干ししたことがあったな~
全部が畳の部屋なので、どこの何番目の畳かを裏にチョークで書いて・・・

昔ながらの畳の生活は、今の暮らしに合わなくなったのでしょうかね
なんか寂しい~

270607 イグサ6

そういえば、ゴザなんかもとっくに使わなくなっている
濡れても拭けばすぐにきれいになるビニールシートが使いやすいもんね

でも、畳だけはずっと残っていて欲しい
畳の上で大の字になるって気持ち良いもんなんだけどな~




スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
実家は和室が多いので
やはり畳をみるとごろごろしたくなります^^;
娘も帰ってくると畳でごろごろ・・・・
フローリングと違って気持ちいい
でも今はこの畳の部屋で母は座れないという悲しい状況です
新しい畳の匂いって本当いいですよね
2015/06/28(日) 00:31:59 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ

ね~、畳ってごろごろしたいですよね~。
フローリングや絨毯ではできません。
新しい畳は森林浴でもしているような気になります。
私だけかしら?(^^;)

実家の母も今や、絨毯の部屋にベッドじゃないと生活できない。
畳が良くても体が許してくれないという現実
リフォームしてから畳の部屋はたったひとつになってしまいました。
2015/06/28(日) 23:58:54 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog