七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
自然の中でふるさと回帰
梅雨の晴れ間の先日、南阿蘇をぶらっとしていると
遠~~い記憶がよみがえってきたのです

南阿蘇のように垢抜けた田舎とはまったく違い
とっちんの故郷は、今でも過疎で悩むド田舎

眩しい山々の濃い緑と、忙しそうな田植えの風景を見ていたら
懐かしい光景が浮かび上がってくるのでした

270604 南阿蘇1

若い頃は、その良さに気付かないでいました
というよりも、嫌で嫌で仕方なかったんです

見える景色は中国山地の山々と田んぼに畑
舗装もされていない草ぼーぼーの道やあぜ道をチャリか歩きで暴走

270604 南阿蘇2

小学校帰りのムーンとした草いきれにうんざりしていた夏の日
道草する気にもなれず、ひたすら足元の白い道を見ながら歩いた雪の日

カッコウの鳴き声に返事をしたり、山ユリの香りがしてきたら花を探したり
棒で巣から蜘蛛を引き離してみたり、クワガタを喧嘩させたり

270604 南阿蘇3

小学校から帰ったらカバンを放り投げ、行く先といったら山に作った秘密基地
お風呂に入るときにいつも、足の切り傷擦り傷に悶え苦しんだっけ

たまには幼馴染のところに行って卓球したり、お姫様ごっこしたり
自分ちにはなかった一升瓶に入ったヨーグルトや“ワタナベのジュースの素”を飲んだり

270604 南阿蘇4

豆が植えてあるあぜ道をうまく走ったつもりがズッコケて、下の田んぼに突っ込んだり
曲がりくねった草が生い茂る小川でドジョウやドンコ(カジカ?)、ゲンゴロウを捕まえた

兄の友達が来ると、誘われてもいないのに魚の餌のミミズを一緒に捕ったり
呼ばれてもないのに魚釣りの集団の後をついていって、一緒に竹の竿を垂らしていた

270604 南阿蘇5

実家の農繁期には手伝いのおばちゃんたちもいる田植えや稲刈りに駆り出され
赤い玉の付いた紐に併せて苗を植え、小さい手で太い稲束と格闘し刈りとった

「うまいね、速いね」とおだてられ、お調子に乗りまくりどこまでも進んでいた
本当は子供の手の届く範囲でしか任されてなかったんだけどね

270604 南阿蘇10

チャリ通学、中学校帰りに寄るとしても町に3軒あった(過去形)本屋か文房具屋
部活はバスケ部なのになぜか泥だらけ、帰り道のことはまったく覚えていない

学校もスーパーも病院も遠い、洒落た店もない、ファッションってなに?って感じ
ちょっとした町から嫁いできた義叔母に「将来、私は東京に行く!」と豪語していた

270604 南阿蘇7

「東京に行く」という“夢”は、らぼっちの転勤で叶ったけど
山がない、土もない、自然がない、水が汚い、空気も汚い

ないない尽くしのうえに、人が多過ぎ、車が多過ぎ、騒音が激しい
大都会はファッショナブルでも田舎モンにはとても居られないと痛感した

270604 南阿蘇8

蛙の合唱で会話も聞き取れなかったり、うら寂しい蜩の鳴き声にひとりでいるのが嫌だったり
いっぱい蚊に刺されて大変な目に遭ったことも今では懐かしい

自然というものは見える景色だけじゃなく匂いや音、風など五感で感じるもの
そんなことを今になってわかるとはね~

270604 南阿蘇9

利便性や必然性を求めた結果、都会は成長して大きくなった
それがなければ、今の日本はなかったでしょう

その裏?には古き良き田舎の風景もあることで、人は安心できているような気もします
息が詰まるような都会の喧騒も、それで癒されるのではないでしょうか

270604 南阿蘇6

幸いにも風光明媚な海や山に恵まれた熊本に住んで20数年
最初はこんなに自然が素晴らしいとは思わず、ただ普通に暮らしてたのがもったいなかったな

自然が教えてくれるものは、言葉では説明がつかないから
大事に守っていかなくてはならない、しっかり後世に繋ぐためにも

270604 南阿蘇11

熊本ほどじゃないけど、らぼっちの実家のあるところも自然が豊か
国道がすぐそばなのでちょっとうるさいけど、景色は悪くない

仲良く老後を過ごすには、まさにお誂え向き・・・ってか~

270604 南阿蘇12






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
じっくり読ませていただきました、羨ましい「ラブレター」です(^^)

それにしても、わりと平坦な水田地帯なのに、十字にクロスする畦畔が全くない田んぼの景観って素晴しい!(^_^)!
2015/06/09(火) 12:58:32 | URL | poco | [ 編集 ]
年齢を重ねてくると、これからのことを思う時、若いときの
執着心が若干無くなってきていることに気づき
歳をとるのも悪くないと思うことがあります
流されるままですが、私はこれからどこに行くのだろうと、
ちょっと楽しんでいる自分がいます
最近思うのですが、私もあちこち出かけるのが好きなんですが、
それはどこか探している場所があるのではないか、
いつか見つかるのではないかと感じています
とっちんさんの文章を読ませていただいて、勝手にこの場を借り
最近感じてたことを長々とすいません 🙇

2015/06/09(火) 22:28:09 | URL | おばば | [ 編集 ]
pocoさんへ

あら?そうとられましたか・・
確かに自然界へのラブレターと言えるかもしれませんけど(*^^)v

南阿蘇も圃場整備されたところも多いのに
弧を描くような田んぼあり幾何学的な田んぼあり
ここは本当に美しいです。
2015/06/09(火) 23:54:13 | URL | とっちん | [ 編集 ]
おばば様へ

わかりますっ!
自分も将来の居場所は一応決まっているのに、どこかの何かを探しているんです。
人生に執着もこだわりもないわりには自分の知らない場所に立って
いつもの自分とは違う自分を感じたい、みたいな・・・
おばば様とはちょっと違うかもしれませんが^^;;

こういうコメントはとても有難いと思っています。
ブログなんて所詮、独りよがりのものですから
こういうふうに応えていただけるとこちらも嬉しいです。
2015/06/10(水) 00:10:23 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog