七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
扇子は持っているけどセンスはね~^^;
昨年のこと・・・

ひょんなことからある方と出会い、ひょんな話になって盛り上がったのですが
そこで途切れたと思っていたところ、先月に突然の電話があって驚きました

「翌々日に話し合いをします」
え、あれから約1年、そりゃまた急な連絡だったわけです

なんの予定もなかったので、「行きます」と言って電話を切ったとっちん
これも何かの縁、せっかくのお誘いをお断りするなんてもったいないと思いました

先月の話し合い・・・その方と先生、そしてとっちんの3人でした
他の皆さんは都合が悪かったり、連絡がつかなかったりだとか(^_^;)

なんの話し合いかと申しますと、陶芸教室の日程決めだったのです
そう、話し合いのはずだったのに

なんだかわからんけど、先生が粘土を持って来られていて
話し合いはそっちのけで、すぐに「何を作りますか?」って(@_@;)

「初心者なら茶碗がいいでしょ」と言われ
わけがわからず作ったのが、こちら↓(先生にかなり修正してもらいました^^;)

20150514204116b81_20150605172755bed.jpg

形だけ作れば、あとはおまかせで焼いてもらえるそうです
そして今日が2回目の教室で生徒は3人、いいのか~これで?(・。・;

270605 陶芸1

右側が御船窯の津金先生です、むしゃんよかでしょ(@^^)/~~~
で、前回と同じくとっちんを誘ってくださった方は、ちゃちゃとこんな器を作られました

270605 陶芸2

もう何年か通っていらっしゃるので、手慣れたもの
アイディア満載の方なので、研究しながら独自の器も製作されています

270605 陶芸3

もう一人の方も、教室は初めてではないそうで
見てびっくりのこんな杯、「馬上杯」なるものを作っておられました

270605 陶芸4

で、ズブの素人のとっちんは、初心者なりに一輪挿しが作りたいと思っていたのですが
なかなか言い出せずにいたところ、先生から

「この前は茶碗だったので、今回は湯呑くらいで・・・」\(-o-;)/
冒険はするな、基本をしっかりやりなさい!ってことだろうな(笑)

270605 陶芸5

当然だろうけど手捻りだけに、これが茶碗より難しかった
粘土をくるくる回しながら形成し回転台をも回すんだけど、やっぱり広がってしまうんです

そのうちに人はだんだんと出来上がり・・・

270605 陶芸6

こちらはさすがに難しく、先生の手が加わります

270605 陶芸7

見事な出来あがり

270605 陶芸8

あ、とっちんの湯呑の底がぼこぼこしていたのに、きれいになっている
先生、いつのまにやってた?(・・;)

270605 陶芸9

こうして約30分、3人の作品が出来上がりました
乾燥、釉薬、焼きは先生におまかせです

270605 陶芸10

あれ?馬上杯がばらばらじゃ~(*_*)
湿度が高くこの時点では難しく、後で先生が付けられるそうです、あ~よかった~

そりゃそうと、教室が開催されているのは御船の街なかギャラリーの奥にある一室
よく見れば、書院造りが興味深いものでした

270605 陶芸11

絞りの床柱、何の木だろう?

270605 陶芸12

書院はまるで物語のような・・

270605 陶芸13

270605 陶芸14

270605 陶芸15

270605 陶芸16

わわ、この長押?、太い竹なのにこんな四角い\(◎o◎)/!

270605 陶芸17

これは後で形作ったものだろうか、それとも自然に?
先月もここにいたんだけど、こんな凄いものだったとは気付かなかった

え、陶芸?
はい、そうでした(笑)





スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog