七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
ほ、本当に入ってもいいの?「的山荘」
あっつ~~~~(;;ーー;;)
桜が咲いて、春爛漫じゃなかったの?

今日は26.6℃の夏日だったという熊本市
そのせいか、我が家みたいに暗くなる前に犬の散歩が多かったな

それでも散歩から帰るとゼ~ゼ~のラボ、水をがぼがぼ飲んでいました
とっちんも汗がタラ~ン、本当に暑うございました

明日からはどうなんだろう、雨が降るっていうけど
まさかこのまま夏に・・・なんてことないよね~(-_-;)


さて、大神ファームからKIKOさんに連れていってもらったのは
「的山荘(てきざんそう)」、すんご~~いお屋敷でした

江戸様式の切妻造、桟瓦葺 (さんかわらふき)の腕木門 (うでぎもん)、らしいです(^^;)

270329 的山荘1

こちらは割烹料理店になっているんです
苔が・・苔がきれい~♪

270329 的山荘2

そして門のところで4人はひとしきりわいわい
だって~、こんなメニューなんですもん!

270329 的山荘3

よかった~、コーヒーのお値段が3ケタで(笑)
でも、さすがKIKOさん、こんなところをよくご存知ですわ

大正4年、日出藩日出(暘谷)城三ノ丸跡に
杵築市山香町の「馬上金山」の経営者であった成清博愛の別邸として建てられました

博愛が「馬上金山」に入山する際
「山を的(あ)てたい」との願いが込めてつけた雅号「的山」

この邸宅は後にそれを取って「的山荘」と呼ばれるようになったとか
2014年には国の重要文化財に指定されています

270329 的山荘4

お屋敷まで長~い石畳
右側には皇族記念植樹が8本もあったんですよね~、撮ってないけど・・・

270329 的山荘5

そして、こ~んな立派な玄関に到着
一般庶民が入っていいの?っていう、ずしっとした空気が流れています

270329 的山荘7

江戸時代以降の伝統手法を残した桟瓦葺近代和風建築の豪華な日本家屋です
堂々のKIKOさんに、恐る恐る近づく熊本市民3人(^m^)

270329 的山荘6

「お茶をいただきたいのですが・・」と伺うと
ちょっと待たされた後、「高崎」という個室に通されました

270329 的山荘8

テーブルだったわ~、足が痺れない(*^^)v

270329 的山荘9

コーヒーをお願いして、あっちこっちをうろうろ
こちら大正時代当時のガラスだということです

270329 的山荘10

庭の向こうに別府湾、そして高崎山が見えていました
あ、だから「高崎」なんだ!

270329 的山荘11

ガラスのうねうねゆらゆらが見えるかしら?ヽ(^o^)丿

270329 的山荘18

窓の下には大きな沓脱石
おお~、これがパンフに載っている鞍馬石か~(*^_^*)

270329 的山荘12

ふむふむ、組子欄間ではありませんか!!

270329 的山荘13

せっかく書院造りだったのに、全体を撮ってなかった(+o+)

270329 的山荘14

270329 的山荘16

廊下の上部のガラスもちょっと変わったものでしたよ~

270329 的山荘17

コーヒーがきました、カップは4人とも違うものです
お菓子は柑橘の砂糖漬けと羊羹でした、甘かったのでコーヒーをおかわりしたかった

270329 的山荘15

ここでもぺちゃくちゃとしゃべりたおして、席を立ちお会計を済ませたところ

270329 的山荘19

他のお部屋も見学していいということだったので、案内していただきました
やっほ~、やった~ヽ(*^∇^*)ノ

何かとお宝が多い大広間です

270329 的山荘20

ここからの方が高崎山の見え方がよかった、でもここは松の間(^_^;)
鶴見岳も見えています

270329 的山荘21

そしてこちらが本物の鞍馬石、ありゃま(@_@;)
じゃ、さっきのは?あっちのにも鉄サビ浮いていたけどな・・・

270329 的山荘22

庭には大きな石灯籠
別府湾や高崎山を借景としているので見応えのある庭になっています

270329 的山荘23

伊藤博文書の『國本(こくほん)』
お、写真を撮る4人が写り込んでる~(^o^)

270329 的山荘24

その下には、キンキラキンの屏風

270329 的山荘25

大正時代の洋風ランプ、細かい彫金が施されているらしい
よくわからないけど・・・

270329 的山荘26-1

和紙なので、あまり電球を点けてはいられないというお話だったけど
4人のためにわざわざ点けてくださいました、ありがたや~m(_ _)m

270329 的山荘26

本当はこの大広間のに入った時
真っ先に目に飛び込んできた竹の間の大きな屏風

270329 的山荘27

今中素友の富士の絵もあり

270329 的山荘28

梅の間にもまた趣が変わった書院造り

270329 的山荘29

ここには一枚板から作られた「筬欄間(おさらんま)」
これはまた凄いものです(@_@;)

270329 的山荘30

またまた伊藤博文の書
落款に「春畝(しゅんぽ)」とあるのは伊藤の号らしいです

270329 的山荘31

そうそう帰ろうとして、弾痕はどこにあるのかと聞いたのです
そしたら、再び別府湾を見下ろす窓のほうへ

太平洋戦争時の弾が廊下の長押を貫通

270329 的山荘33

そして松の間の鴨居をも貫通して

270329 的山荘34

天井へ、たくさんの弾痕がありました
機銃掃射を受けたとのことです

270329 的山荘35

弾痕が残るだけにとどまってよかったですね
これだけのお屋敷はそうそう造れるものじゃありませんから

これ1本で家が建つ?( ̄◇ ̄;)

270329 的山荘32

優雅にコーヒータイムがおくれたし、素敵な大邸宅も見ることができたし
大、大、大満足でございまする~v(=^・・^=)v

そしてちらっと日出城址に寄って・・・

270329 的山荘39

270329 的山荘40

もう少し桜が咲いていれば~(^_^;)

この日出城址の下、海底に真水が湧き出ている所に城下かれいがいるのよね
あ~、食べたい、でも手が出ないよ

270329 的山荘41

今回も賑やかで優雅でお腹いっぱいで楽しい日出ドライブでした

KIKOさん、連れていってくださってありがとう♪
mamさん、良いところに誘ってくださってありがとう♪
maiちゃん、お腹の調子が良くなってよかったね♪

そしてみんな~、お土産たくさんありがとうでした~ヽ(*^∇^*)ノ

270329 的山荘42






<的山荘>
[アクセス] 地図はコチラ



スポンサーサイト
コメント
欄間すげ~♪
2015/04/03(金) 20:45:16 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
らぼっちさん、欄間すごいでしょ!
って私がここで返事してどうする?って話ですね(笑)

コーヒーの量がもう少しあったら文句なしだったですね。
ポットで出していただけたら・・・・な~んてね、イヒヒ
2015/04/03(金) 22:53:35 | URL | mam | [ 編集 ]
ここはみんながきっと気にいると思いましたよ(*^_^*)
お庭に出れるとよかったんだけどな
次に行くときはポットにおかわり揚珈琲持参かな^^;

暘谷城址の桜はホント残念でした
2015/04/04(土) 00:06:43 | URL | KIKO | [ 編集 ]
mamさんへ

返信遅くなってごめんなさいm(__)m

本当に、コーヒーおかわりしたかった。
入ってた量も最初からちょっと少なめだったし
お菓子が多過ぎたのかも(^^;;
でも落ち着いた雰囲気がとても良くて
マダム会にはバッチリでしたよね*\(^o^)/*
2015/04/07(火) 21:23:02 | URL | とっちん | [ 編集 ]
KIKOさんへ

返信遅くなってごめんなさいm(__)m

こことてもよかったです。
まさかああいう場所でリーズナブルなお茶をいただけるとは(*^^*)
次行くときは城下カレイ?(笑)

暘谷城址って言うんだ、間違ってるし(-。-;
桜が満開の時に散策するといいでしょうね〜。
2015/04/07(火) 21:36:06 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog