七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
「和草」っていいなあ♪
タイトルにある「和草」
“にこぐさ”と読みます

葉や茎の柔らかい草のことを言うんだそうですが
この時季の草花はまさにこの言葉がぴったりのように感じます

270328 野の花1

「ナズナ」とかは雑草なので、毎日散歩していても
気にもならない存在になってしまいがちですよね(^_^;)

でも、ちょっと足を止めれば
健気にかわいい花をつけているのが見つかります

270328 野の花21

今日は何日か撮りためた「和草」をご紹介です

これはお馴染み「オオイヌノフグリ」

270328 野の花2

これは「ウマゴヤシ」

270328 野の花3

「キュウリグサ」

270328 野の花3-1

「セイヨウアブラナ」じゃないよね、なにこれ?
「イヌガラシ」?

270328 野の花4

これはえ~っと、そうそう「トウダイグサ」だった、毒あり
花が咲いているんだけど、緑色なのでわかんないね

270328 野の花5

これは「ウシハコベ」

270328 野の花6

で、こっちが春の七草「ハコベ」
「ウシハコベ」との違いがわかるかな?

270328 野の花7

これぞ、「セイヨウアブラナ」

270328 野の花8

う~んと小さくて見逃しそうな花
こりゃ、なんじゃろ?「フラサバソウ」?

270328 野の花9

あまり聞いたことのない鳴き声の鳥が群れていた
オリーブ色でスズメよりちょっと大きいか

270328 野の花10

「タガラシ」

270328 野の花11

「ムラサキハナナ」

270328 野の花12

う~ん、これはわかんない(^_^;)

270328 野の花13

「オドリコソウ」、笠をかぶった踊り子(*^^)v

270328 野の花14

こっちは「ムラサキケマン」、毒あり(@_@。

270328 野の花15

ここからは野草じゃないけど、「ハナニラ」

270328 野の花16

「イモカタバミ」

270328 野の花17

「イチゴ」 (*^_^*)

270328 野の花18

アカメと言われる「ベニカナメモチ」

270328 野の花19

最後はモミジの若葉

270328 野の花20

雑草と言われても、精一杯かわいい花をつけている野草
そして勢いのある新芽の息吹を感じるこの頃の散歩です








スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
「和草」“にこくさ”。
きれいな言葉ですね。

田舎で暮らしているので、いろいろな野の草を見つけるこの頃です。
けっして咲き誇るわけではないけれど、健気に小さな花々を咲かせている野の花に心惹かれるものがあります。
ふと足をとめて、「あぁ春が来たんだな~」と感じています。

こうして写真で見ると、それぞれに可愛い花を咲かせていますね。
和やかな気持ちになりました。

また合唱つながりなのですが・・・
短大最後のコンサートの男声合唱曲は、多田武彦作曲の「富士山」でした。
2曲目に「少女たちは ウマゴヤシの花を 摘んでは巧みな手さばきで 花輪を作る」という一節があります。
情景がありありと浮かぶようで、すごく好きな曲でした。
ウマゴヤシの花を見て、当時を懐かしく思い出しました(^^)
2015/03/29(日) 18:30:29 | URL | はるちゃん | [ 編集 ]
はるさんへ

そうですね、春をいちばん最初に感じるのは野の花なのかもしれません。
わずか数ミリの花でもよくよく見れば、手のかかった花と美しさは変わらないんじゃないでしょうか。

ほほう、ウマゴヤシが多田武彦の合唱曲に出てきていましたか(#^.^#)
とても小さな花ですが、なんとも言えない優美さを持っています。
そういうお話を伺うとなんとなく嬉しくなりますね。

因みに私たちの時の男声合唱曲は同じく多田武彦の「雨」でした。
歌っていたらぼっち本人よりも私の方がよく覚えています(笑)
2015/03/29(日) 22:55:32 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog