七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
見たいところも見れずはぐれてしまった 「旧伊藤伝右衛門邸」
今朝は零下の寒さ、霜が降りていてびっくりしました
だけど、昼間は暖かく朝との気温差は15℃くらいあったようです

知り合いのビニールハウスに行ったんですが
ただいるだけで仕事をしたわけでもないのに暑かった~

今週末は春のような気温になるとか
寒いよ~って嘆く日はもうないのかな(-_-;)


今日お話は日曜日にトンネルを見に行った後のこと
時間がちょっとあるのでもう一ヶ所寄り道しました

らぼっちも行ってみたいと言っていたところ
飯塚市にある、筑豊の炭鉱王「旧伊藤伝右衛門邸」です

270308 伊藤伝衛門邸8

9時半の開館なのに、9時にはもう着いていたのよね~(^_^;)
で、30分ほど辺りをうろうろして待ちました

旧伊藤邸は長崎街道に面しているので、近所を歩いてもおもしろかった
このお家はすごかったな

270308 伊藤伝衛門邸1

鏝絵がおもしろいし、珍しい絵柄でした

270308 伊藤伝衛門邸2

270308 伊藤伝衛門邸3

こちらも古民家、お店になっています

270308 伊藤伝衛門邸4

八女で見た「おきあげ」がたくさん飾ってありました

270308 伊藤伝衛門邸5

長~い「旧伊藤伝右衛門邸」の塀をつらつら歩いていると
ここでも煉瓦を発見ヽ(*^∇^*)ノ

270308 伊藤伝衛門邸6

やっぱり防火用だったのかしらね
お屋敷もちらっと覗ける、あ~早く開かないかな~<`~´>

270308 伊藤伝衛門邸7

おやこの字は、かの麻生さんではないですか(゜゜)~

270308 伊藤伝衛門邸9

なになに~?

270308 伊藤伝衛門邸10

ふ~ん、別邸からの移設だったんだ
「出格子の角は優しく曲線を描いて・・・」 ん?これか、なるほどね~

270308 伊藤伝衛門邸11

もうすぐ門が開くという頃、案内人さんが説明を始められた
待っていたみんなが耳を傾けます

270308 伊藤伝衛門邸12

か~いも~ん\(^o^)/
すると大型バスの団体さんが2グループ、わんさかとやって来た

時間がないぞ、急げ~!!
ちょうど「いいづか雛(ひいな)のまつり」の時期だから人が多かった(+o+)

270308 伊藤伝衛門邸13

玄関を入ってすぐ左の部屋は床は寄木張り、拡張高い英国風のマントルピース
本格的洋室の応接間でした

270308 伊藤伝衛門邸14

腰高の出窓には英国製のダイヤ模様のステンドグラスがはめ込まれています

270308 伊藤伝衛門邸15

こちらは書斎
板戸は背景に金粉を散りばめた式の花々が描かれています

270308 伊藤伝衛門邸17

珍しいというか驚いたのは、帯を解いた絹の繊維が塗り込められた壁
言われないと、全然わからないけど(^_^;)

270308 伊藤伝衛門邸16

白蓮の資料室は人が溢れていました、ざ~っと見たうちら2人
廊下の桟にはいたく感激したんだけれど

270308 伊藤伝衛門邸19

説明がよく聞こえなかったけれど、お茶室も贅を尽くしてあるんだろうな

270308 伊藤伝衛門邸20

そして北棟の畳敷きの廊下にやってきました
約50mある廊下の天井は、平らなのに傾斜して見える「矢羽根天井」だそうで

270308 伊藤伝衛門邸21

真ん中が浮いて見えたり下がって見えたり
ね、不思議でしょ~(・o・)

270308 伊藤伝衛門邸22

そして廊下に沿って下がり雛がずら~~~っと・・・

270308 伊藤伝衛門邸23

その前に20畳の本座敷です
今年のテーマは「京の花見」、500体にも及ぶ雛人形達が紫宸殿を中心に飾られています

270308 伊藤伝衛門邸24

襖は石炭王らしく遠賀川の絵柄に、引き手は「帆掛け舟」という凝った意匠
あり?引手、見えないじゃん(^_^;)

270308 伊藤伝衛門邸25

濡れ縁に出てみると、なんとまあ長~~い1本木にぶったまげ~(@_@;)

270308 伊藤伝衛門邸26

国の名勝に指定されいる回遊式庭園
白蓮が嫁入り道具として持参した石灯篭も残っているそう

270308 伊藤伝衛門邸27

つるし飾りも見事!!

270308 伊藤伝衛門邸28

季節柄、撮っておこうと立ち止まったとっちん
ここでらぼっちとはぐれちゃったのよね~(・・;)

270308 伊藤伝衛門邸29

その前から、「早くしろ、間に合わん」と言っていたらぼっち
ひとりでささ~っとどっかにいっちゃった(>_<)

270308 伊藤伝衛門邸30

「大丈夫だって、間に合うから」と、とっちんが言うのも聞かず
ひとりで焦っちゃってさ・・・

270308 伊藤伝衛門邸31

でも、ひとりになるとこっちも焦ってくるし
何を見ても中途半端

270308 伊藤伝衛門邸32

それでも、2階にある白蓮の部屋には上がっておきたい
だけど、床が抜ける可能性があるからと30人ずつしか上がれないんだって(;一_一)

270308 伊藤伝衛門邸33

わお、並んでいるじゃないの
次に上がれるかなと思いながら列に並ぶと5分くらいで2階へ、ほっ♪

270308 伊藤伝衛門邸34

何がどうあるの?想像とは違った白蓮のお部屋・・

270308 伊藤伝衛門邸35

凄いんだろうけど、らぼっちを待たせているんじゃないかと気が気ではない

270308 伊藤伝衛門邸36

おひなさまの飾ってある上の天井、これなんか素晴らしいものなんだろうな

270308 伊藤伝衛門邸37

100年余り前、白蓮はここからこの庭を眺めていたのね

270308 伊藤伝衛門邸38

おっといけねえ、さっさと下りてらぼっちを探さなくちゃ!
1階の洗面所・・・らぼっちはいない

270308 伊藤伝衛門邸39

食堂、ここも豪華な造りになっているだろうにゆっくりと見れず

270308 伊藤伝衛門邸40

回廊式の庭園を垣間見て、トイレには行っておこう、バタバタ・・・・・

270308 伊藤伝衛門邸41

200mくらい離れた駐車場まで慌てて戻りました
らぼっちが車の中でふくれっ面しているんじゃないかと思いつつ・・・

あれ?いない(・_・)

電話すると、のん気にまだ見ていたらしい
なんじゃそりゃ(--〆)

見学時間30分、駆け足で見たのですんごい消化不良
らぼっち曰く、「だいたい時間がない時に来るところじゃないな、また来よう」

なんだと~~(-。-)

それから高速を走らせて鹿児島空港へ
なんと、昼食を摂る時間も十分あるくらい余裕で着いたのでした、チャンチャン(@_@。

270308 伊藤伝衛門邸42






<旧伊藤伝右衛門邸>
[アクセス] 地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント
聞いた事あってもよく知らない事って沢山で
あかがね御殿のことも炭鉱王の事も白蓮さんの事も
花子とアンでちらちらと見知ったとこです
母から別府にもあったやろ あかがね御殿が・・・と言われ
そんなもんなかろうと思っていたら
昭和54年まであったなんてね~ 生まれてるし^^;
別府のはもう見る事はできないので
飯塚のはぜひ・・・・ゆっくりと見たいものです はい
2015/03/14(土) 22:07:32 | URL | KIKO | [ 編集 ]
ココは駆け足じゃ無理でしょ〜(笑)
やっぱりゆっくりじっくり隅から隅まで堪能しなきゃ。
初夏くらいに行くとまたお庭が綺麗でしょうね。
2015/03/14(土) 23:09:00 | URL | mam | [ 編集 ]
KIKOさんへ

そうらしいですね〜。
別府の伊藤家の別荘、あかがね御殿で白蓮と龍介が出逢ったとか?
白蓮の恋は知ってはいましたが
私も詳しいことは「花子とアン」で・・・伝右衛門の格好良さは?ですけどね。(^^;;
別府に今もあるなら一際賑わっていたことでしょう、残念だったですね。
御殿の中ひとつひとつに贅が尽された意匠は時間をかけないと
さっぱりわからないということがよ〜くわかった次第です。
なのでロケハンということで(⌒-⌒; )
2015/03/17(火) 17:46:29 | URL | とっちん | [ 編集 ]
mamさんへ

そうですよね〜(^^;;
でも、どんなところかわかったので
今度はよ〜く調べてから出かけたいと思います。
熊本からもバスツアーがあったようだけど、あれじゃ〜ね〜(-。-;
そうだ、お庭も特別なものがあったんだ。
なんだったっけ〜Σ(゚д゚lll)
2015/03/17(火) 17:51:31 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog