七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
見逃しいっぱいでもこれで最終回 「八女ぼんぼりまつり」
今日の夕刊に、『「ななつ星カレー」自宅でいかが』の見出し
JR九州が九州産和牛や国産野菜をぜいたくに使用したレトルトカレーを発売したとか

ななつ星の初日の夕食を隔週で担当しているジョルジュマルソーが手掛け
牛テールの旨味をベースにした深い味わいに仕上がっているらしい

う~ん、欲を言うなら、国産野菜ではなく九州産野菜を使って欲しいよな~
パッケージにはななつ星があしらわれ、高級感はたっぷり

食べてみたい気はするけど・・・
1,200円かぁ~(@_@;)

ななつ星車内で買うことは、絶対にないしな~
てぇことは、通販?いやサイトも見ないだろうな

結局、口に入るわけがないっちゅうことよ、あっは~(;一_一)


さて、「八女ぼんぼりまつり」も大詰め?
今日が最後です、歩き始めからすでに2時間半が経とうとしていました

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-1

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-2

そして堺屋((旧木下家住宅)さんに到着~

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-3

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-4

これが「離れ」なのだからすごい!

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-5

飾ってあるのは箱雛ばかり

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-6

これは明治初期だって、保存状態が素晴らしい

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-7

奥座敷

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-8

床の間に飾ってあるのは特別なのだろうか

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-9

小さいこちらは明治25年だって

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-10

こちらは昭和30年代

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-11

この富士山、好きなのよね♪

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-12

こちらも昭和30年代、ちょっと地味め

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-13

こちらは昭和20年代

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-14

庭も素敵(*^^)v

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-15

水琴窟も、お縁からでも音が聞こえる(#^.^#)

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-16

どこを見ても魅せられる~

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-17

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-18

それから外に出て蔵の方を見ると

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-19

午後5時前だったので、片付けようとされているところに入室

おおおおお~\(◎o◎)/!

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-20

なんじゃ、こりゃ~?

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-21

って、竹あかりですよね
だけど、普通の竹あかりじゃあない(=^・^=)

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-22

わかります?竹を極限まで薄~く削ってあるんです
ヘタに触ったりすると割れるんだそうです、ぎょぎょ(+o+)

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-23

作り方は企業秘密?らしいけど、微妙なグラデーションになった光が優しい♪
ちとピンボケもありますが、作品の数々です

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-24

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-25

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-26

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-27

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-28

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-28-1

最後はおひなさまじゃなかったけど、いいものを見させていただきました
八女の町、奥が深いぞ<(`^´)>

矢印通りに歩いたら、いっぱい見逃しておったわ
そりゃそうだ、無料巡回タクシーの順路なんだもん(>_<)

ま、それがとっちんか
また行かなきゃってことでしょう(笑)

270224 八女ぼんぼりまつりⅣ-30







<堺屋(旧木下家住宅)>
[アクセス] 地図はコチラ




スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog