七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
百曲がりの城壁が歴史を物語る♪ 「今帰仁城跡」
一般で言う松の内に、ちょうどお正月のネタが尽きたので
昨年の沖縄での話の続きをしようと思います

本部町の美ら海水族館やフクギ並木を観たあと
らぼっちが考えたプランでは世界遺産には行っとかないとね~、ってことで・・・

「今帰仁城(なきじんじょう)跡」に行ってきました

261222 今帰仁城跡0

なんかね~、三連休だったからか
駐車場がいちばん遠いところだったのよね(・_・;)

いつものスニーカーで沖縄に行くわけにもいかなかったので
とっちんにしてはちょっとお洒落な履き慣れない窟だったわけ

だから足の裏が疲れていて、少しでも近くがよかったけど
誘導員の人があっち、あっちっていうもんだから・・・

チケット売り場まで登りよ、それもかなりの(T_T)
でも城内に入るとすっかりそのことは忘れていたという都合の良い足だったりする(笑)

今帰仁城跡の歴史は古く、13世紀までさかのぼるとされています
堅牢な城壁に囲まれた城は、標高約100mに位置する、やんばるの地を守る要の城でした

ここはまだ外郭

261222 今帰仁城跡1

外側は高さ2m前後と比較的低い石垣が延長数百m蛇行して続いています

261222 中城城跡2

親に似て、歴史的建造物が大好物の娘
それに反して、興味があるのかないのか全然わからない娘の彼氏

261222 中城城跡3

ま、いっか、つきあってもらおう
あ、何だったっけこれ?(笑)

261222 中城城跡4

うほうほ~、いいね~この石積みヽ(*^∇^*)ノ

261222 中城城跡5

『百曲がりの城壁』と言われるのがよくわかります

261222 中城城跡6

261222 中城城跡7

こちらは「平郎門(へいろうもん)」
今帰仁城の正門になります

261222 中城城跡8

現在の門は、昭和37年(1962年)に修復されたものだそうで
左右に狭間があり、門の天井は大きな一枚岩を乗せた堅牢なつくりとなっています

261222 中城城跡9

反対側からみると、また違った形に見えるから不思議~(・o・)

261222 中城城跡10

そうそう、登れるからと言って登ってはいけませんよ

261222 中城城跡11

「七五三の階段」と言われているところ
なぜか?・・・それはわかりません

261222 中城城跡12

戦後、米軍の車両が城内へ登ることから
戦災文化財の修理として文化財保護委員会の指導のもと、階段の整備が行われたとか

そこを登ると「大庭(うーみやー)」とよばれるところがあります
そこに建つ石碑です

261222 中城城跡13

いちばん高い「御内原(うーちばる)」から見下ろすと「大隅((うーしみ)」
城兵達の武闘訓練の場であったと想定されています

261222 中城城跡14

城外に抜けられる洞穴もあるようで、かなり広いです

261222 中城城跡15

ありゃー、内側が崩れてる~(>_<)
修復が待たれるところですね

261222 中城城跡16

東側を見下ろすと一瞬、マチュピチュかと思ったよ(^_^;)
「志慶真門跡(しじまじょうあと)」が見えました

261222 中城城跡17

かつて城主に仕えた身近な人々が住んでいたと考えられているようです
4つの建物があったことがわかっています

261222 中城城跡18

これは「火神の祠」と「山北今帰仁城監守来歴碑記」

261222 中城城跡19

今帰仁按司(あじ)十世宣謨(せんも)が、1749年に首里王府から
今帰仁城の永代管理と典礼を司ることを許されたことを記念して建立したものだとか

13世紀末頃から17世紀前期まで機能していたという「今帰仁城主郭」
礎石が残っています

261222 中城城跡19-1

さ、「志慶真門跡」に下りてみましょうか

261222 中城城跡20

ほ~~~~~♪

261222 中城城跡21

ほう、ほ~~~~~(*^_^*)

261222 中城城跡22

こういう城壁は内地の城とはまったく違うので、とても興味深い

261222 中城城跡23

こうやって見上げると、立派だな~
さすが世界遺産☆

261222 中城城跡25

蛇のようにうねる石積み

261222 中城城跡26

どうやって積んだんだろ?

261222 中城城跡27

261222 中城城跡28

やっぱり崩れるよな・・・

261222 中城城跡29

で、帰りは七五三の階段ではなく「旧道」を通ることにしました

261222 中城城跡30

まあ、彼氏の優しいこと・・・
あれれ、なんだかお互いぶつぶつ言ってるけど (;¬_¬)

261222 中城城跡31

途中にいた猫は知ら~ん顔

261222 中城城跡32

まあ、こんなに狭く荒れた石段じゃ無理もないか(^_^;)

261222 中城城跡33

その下にカーザフ、ちょっと変わった石積みが見えました

261222 中城城跡33-1

門を出る頃はみんなバラバラ(笑)

261222 中城城跡34

かつて、三山時代に沖縄島の北部を支配していた北山王が居城した今帰仁城
首里城に並ぶくらいの広さがあるといいます

堅固な曲がりくねった石積みは「野面積み」
今でも堂々と歴史を継いでいますヽ(^o^)丿

261222 中城城跡24






<今帰仁城跡>
[アクセス] 地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog