七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
伝統的陶芸品はこぢんまりしたところから^^「小鹿田焼の里」
とっちん、今日は山口の実家に行きます
なので予約投稿なのじゃ~ヽ(*^∇^*)ノ


東峰村へ行った際、是非とも行きたかったところにも寄ってきました
日田市にある小鹿田(おんた)焼の里です

小鹿田焼は宝永2年(1705年)に
小石原焼の陶工、柳瀬三右衛門によって導入、開窯したと伝えられています

開窯以来、一子相伝によって守り継がれてきた小鹿田焼
現在10軒の窯元が家族労働のみで作陶を行い、独自の技法を継承しているとのこと

260916 小鹿田の町1

原料の土を集落近郊で採取、乾燥の後木槌で割り
川を流れる水を利用した唐臼で20日から30日かけて粉砕します

260916 小鹿田の町4

蹴轆轤にて成形した器はツボと言われる前庭で天日乾燥

260916 小鹿田の町2

主にスギの古材を使って登り窯で焼成を行います

260916 小鹿田の町3

小鹿田焼の特徴は

・機械を使わない
・道具は手作り
・絵を描かない
・窯元の名を入れない

という特徴のある地域ブランドなのだそうです

260916 小鹿田の町5

この里には10軒の窯元とその他の家4軒
合わせて14件の家しかないと聞きました

260916 小鹿田の町6

伝統的な陶芸の里ですが
この小ささが純粋に受け継がれてきた所以かもしれません

260916 小鹿田の町7

東峰村で昼食を食べれなかったとっちんは
1軒あるだけのお店に入ることにしました

260916 小鹿田の町8

お店の名前に書いてあるものを頼みました
器はもちろん小鹿田焼が使われていました

260916 小鹿田の町10

そしてこれも・・・
きゃ、満足ヽ(^o^)丿

260916 小鹿田の町11

いたる所に古材
来る途中に見たときは、下駄の材料かと思ってた(^_^;)

260916 小鹿田の町13

こういう歴史のある建物や石垣も

260916 小鹿田の町14

少し奥には棚田の風景

260916 小鹿田の町15

260916 小鹿田の町16

おもしろいのは窯元の名字がほぼ、最初に開窯した柳瀬姓をはじめ
資本金を用意した家、土地を提供した家の名字でした

260916 小鹿田の町18

で、小鹿田焼を買ってきたのかって?
い~え、今は家に物を増やしてはいけないので、この日は町を見学しただけでした

260916 小鹿田の町19

次に行くときは、窯元を一軒一軒訪ねてみよう~っと
刷毛目の技法が施されたものに興味あるな~(#^.^#)

260916 小鹿田の町20 

  





<小鹿田焼の里>
[アクセス] 地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:大分県 - ジャンル:地域情報

コメント
こういう所は一人で行ったらいかん!!
次回は連れていきなさい♪
2014/09/24(水) 21:42:50 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
らぼっちへ

え〜、連れて行くの〜?(;゜0゜)
どーしよっかな〜・・・
用心棒にもならないのに(¬_¬)
2014/09/25(木) 00:23:47 | URL | とっちん | [ 編集 ]
らぼっちさんに1票
一緒にいく所「こういうところ」

独りで行くところがあっていい!
2014/09/25(木) 09:24:01 | URL | 小さな魔法使い | [ 編集 ]
ほんとだ 一人で行っちゃったの~^m^
ここは素敵なところだったでしょ
みんなと一緒に行きたいな
いい写真もいっぱい撮れる
あ・・・・でも静かなところだからみんなで行ったらうるさいか^^;
2014/09/26(金) 21:56:41 | URL | KIKO | [ 編集 ]
お返事おそくなってすみませんm(__)m

ひとりで行っちゃいけなかったですか…
でもらぼっちを連れて行くってのはですね〜( ;´Д`)
私が連れていってもらいたいです(笑)
2014/09/29(月) 01:12:02 | URL | とっちん | [ 編集 ]
KIKOさんへ

お返事遅くなってごめんなさいm(__)m

そうなんです、あれからずっと想いが募っていて
とうとう行ってしまいました。
想像した以上に山深い里でちょっとビックリ
だからこその貴重な伝統品
次回は是非とも手に入れたいな(≧∇≦)
2014/09/29(月) 01:19:40 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog