七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
行ってはみたものの・・・「増上寺」
お、今日から7月だったなぁ
今年も半分終わっちゃったい、っふぅ~(・・;)

先週はずっと八王子でなにやらの研修だったらぼっち
沖永良部から東京への出張って飛行機でも乗り換えだし、大変よね~

ちょうど先週末の甥っ子の結婚式があって
狙ってもなかったのになんと都合が良かったことでしょう(^J^)

27日金曜日の午前中で研修が終わり、ヒマだったようで
とっちんが着く午後4時、到着口でらぼっちと合流しました

そしたら偶然、山口から到着の兄夫婦と姪っ子に出会った(゜゜)~
広い羽田でらぼっちが座っていたベンチの前にたまたま座ったらしい

「わはは、こんなことってあるのね~」と言いながら
バスでホテルに向かう3人を見送ったらぼっちととっちん

さて東京滞在中は、娘のところに厄介になる予定なんだけど
娘が仕事が終わって帰るまでは部屋にも入れてもらえない(^_^;)

ということで「どこか行きたいところは?」と、らぼっちが聞いてきたので
「明治神宮!」と、大きな声で答えたとっちん♪

「雨も降ってるし、結構歩かんといかんから」と、即座に却下された
なら聞くなよ!!(;一_一)

そしてらぼっちが決めたところは「増上寺」
なぜかは知らんけど(笑)

首都圏の地下鉄やJRに熊本市電ICカード“でんでんnimoka”が使えるので
とっちんはどこでもスイスイ、とっても便利~(*^^)v

らぼっちはいちいち切符を買って大変そうだった
目的地までの運賃が表示されていなかったりもするのでね(>_<)

さて、地下鉄を降りて歩いていくと
7代将軍徳川家継の有章院霊廟における第一門の二天門の前を通ります

260627 増上寺1

通りから見るだけですが、かなりの意匠が施されているのがわかります
でも相当、老朽化が目立ちますね

雲行きが怪しい・・・

260627 増上寺2

国の重要文化財、三解脱門(三門)
大きすぎてカメラに収まりきらない(^_^;)

260627 増上寺3

有名人の告別式とかでよくテレビで見るけど、実際はこんなだったのね
浄土宗の寺院、中世以降徳川家の菩提寺となりました

260627 増上寺4

ウチラと同い年の東京タワーがすぐ後ろ、以前は増上寺の敷地だったところらしい
28年くらい前上ったけど、とっちんは大展望台でおじけづき(+_+)

当時連れていった長男次男とらぼっちは、上の特別展望台まで上っていった
高いところが好きなんて、やれやれだ(-_-;)

260627 増上寺5

来たいと言ったわりには、あまり興味なさそうならぼっち
とりあえず、空襲を逃れたという歴史ある水盤舎で手を清めていました

260627 増上寺6

鐘楼堂には東日本で最大級といわれ
江戸三大名鐘の一つに数えられる大梵鐘がどど~ん!

260627 増上寺7

あまりの大きさに、延宝元年(1673年)に七回の鋳造を経て完成
朝と夕べの二回響く鐘の音は、時を告げると同時に百八の煩悩を浄化させる意味もあるそう

260627 増上寺8

昭和49年(1974年)、浄土宗大本山の念仏の根本道場として
斬新な設計と意匠で、戦災に遭って焼失した本堂が再建されました

260627 増上寺9

どこからでも東京タワーがついてくる(#^.^#)

260627 増上寺10-1

ん?午後4時までに来れば入れたのか?
いやこの日は金曜、ていうかそもそも6月に公開ってあった?

260627 増上寺11

徳川将軍15代のうち、6人(秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂)が葬られているらしい
見たいような見たくないような・・・

260627 増上寺12

三解脱門とは三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門
何回通ってもそれは難しいウチラ熟年ふたり(^_^;)

260627 増上寺13

この三解脱門から東側に総門・表門にあたる大門があるのだ
そこから歩いてここまで百八の煩悩を落してこなければならなかったな

あ、雨が降ってきた(・へ・;)

260627 増上寺14 





<増上寺>
[アクセス] 地図はコチラ

 

スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog