七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
吉無田高原の里山を散策♪ ここは滑るよ気をつけて^^;
今週になってなにげなく県のHPを見ていたら、ふと目に留まった記事
『早春の吉無田高原の里山散策会(フットパス)が開催されます!』

よく見たら3月15日開催とあるのに載っていたのは10日、目にしたのは12日
申込み締切日も書いてないし、参加者が少ないのかとそくメールで申し込んでみました

そしたらすでに定員には達しているということでしたが
有難いことに、たいへん快く受け入れてくださいました

何がとっちんの心を揺さぶったかというとですね~

「山菜を採りながらの散策」
「元禄・嘉永井手と磨崖仏」
「揚げたて10秒以内の山菜天ぷらと山菜おこわの昼食」でした

超猫舌のとっちんが“揚げたて10秒以内”に喰いついたんですね~(笑)
やっぱ天ぷらのうたい文句として、コレは効きます(^_^;)

準備として書いてあった山菜採りに必要な鋏、手袋、ビニール袋をしっかり持って
いざ、集合場所の旧田代東部小学校跡地にある田代公民館へ!

260308 吉無田高原散策会1

結構早めに着いたのに、ぞくぞくと参加者が集まっていました
そして開会の挨拶のあと、出発です♪

260308 吉無田高原散策会2

旧小学校の体育館の横を歩きます

260308 吉無田高原散策会3

この日の朝はとっても寒かった、土手には霜、田んぼには氷が張っていた
熊本市内とは寒さの度合いが違うのね~(>_<)

260308 吉無田高原散策会4

元禄井手の水不足を補強するため開削されたという嘉永井手(たぶん^^;)

260308 吉無田高原散策会5

御園城跡、阿蘇の扇状地の地形を利用した高台に築かれていたとか

260308 吉無田高原散策会6

あら会長さん、腰にはちょっと物騒なものが!
たぶん邪魔な木がある時は、これでバッサバッサと・・(*^^)v

260308 吉無田高原散策会7

穏やかに晴れ渡って、足取りも軽快です
いつものフットパスよりもかなりゆっくりめ(#^.^#)

260308 吉無田高原散策会8

再び井手の横を歩きます

260308 吉無田高原散策会9

お天気はいいのだけれど
PM2.5のせいで見えるはずの金峰山も見えまっしぇ~ん(>_<)

260308 吉無田高原散策会10

扇状の入り組んだ棚田、実におもしろい(*^_^*)
しかし、維持がたいへん!

260308 吉無田高原散策会11

今回はけっこう前方から写真を撮ってみました

260308 吉無田高原散策会12

豆腐工房「山里」さんの前を通り過ぎます

260308 吉無田高原散策会13

ここの桜は咲き始め、きっと寒緋桜(^_-)-☆

260308 吉無田高原散策会14

ん?ここは井手ではないようですね

260308 吉無田高原散策会15

ここは三段滝、途中にある岩がこういう形で水を落しているんですね

260308 吉無田高原散策会16

と、この辺りからカメラの調子がおかしくなってきたんです
途端に写欲のなくなったとっちん(ーー;)

へんな写真もあるでしょうが、そこは大目に見てちょ(^_^;)

三段滝から右手上方を見上げると、いろり付きお堂がありました

260308 吉無田高原散策会17

ありゃ~ん、煙の出るところが違ってるんじゃない?

260308 吉無田高原散策会18

この日のために地元の方が火を入れてくださったとのこと
有難き幸せヽ(*^∇^*)ノ

260308 吉無田高原散策会19

その後、さくらんぼの花の横を通り

260308 吉無田高原散策会20

サイフォン式の水路(よくわからなかったけど)の横を通ったら

260308 吉無田高原散策会21

縁側カフェ~♪

260308 吉無田高原散策会22

から芋の石垣だご、ニラ入り味噌だご、手作りこんにゃく、巻干し柿、ざぜん豆などなど
さっき通った「山里」さんのざる豆腐もあって、どれも美味しかった~(#^.^#)

260308 吉無田高原散策会23

残ったものはお土産としてお持ち帰りしていいと聞き、争奪戦が始まった!
もちろんとっちんも参戦してしっかりとだごを手にしました(笑)

しばらく歩くと、こういうものがありました
この辺りではほうぼうで見られるということです

260308 吉無田高原散策会24

水神様を祀ってあるということでした、さすがですね
藁苞の中にはお米などのお供え物が入っているとか

260308 吉無田高原散策会25

こんなに高いところでも稲作が出来るのは井手のおかげ、素晴らしい(^o^)/

260308 吉無田高原散策会26

高いところに上ったからには下りなくてはいけません(笑)

260308 吉無田高原散策会27

さあ一挙におりますよ~、あの集落まで(;一_一)

260308 吉無田高原散策会28

前日の雨で滑る滑る、気をつけなくちゃ(^_^;)

260308 吉無田高原散策会29

すると前を歩いていた年配のご夫婦

ご主人が優しく「こっちが滑りにくいからこっちを歩きなさい」と奥様におっしゃった
奥様すかさず「あなたの言うことは信用できない」

( ̄▽ ̄;)

まるでとっちんがらぼっちに言っているみたいで
思わず笑いがこみ上げてきて、しばらくはくすくすしていました

260308 吉無田高原散策会30

すごいでしょ、このクネクネ坂道
日陰で水分が残っていたり、落ち葉が濡れていたり、人の歩いた後は滑りやすい(>_<)

260308 吉無田高原散策会31

こんな過酷な運動だった坂道下り、思い出して少々疲れました(笑)
ということで、前半はここまで!

そういえば、まだ山菜を採ってないな~(・・;)

260308 吉無田高原散策会31-1 




スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
 この頃、あちこちでフットパスが開催されます。
 自由に好みのところに出かけられるとっちんが
 羨ましくもあります。
 下見の時にも、誘おうかな(^^♪
2014/03/17(月) 13:30:39 | URL | 小さな魔法使い | [ 編集 ]
小さな魔法使いさんへ

いろんなところでのフットパスはるり子さんたちのご尽力があればこそです。
仕掛け人@魔法使いさんとしてのるり子さんは
いろいろと気にかかるところが多いのでしょうね。

な〜んにも考えないでお客さん顔のとっちんは
ただただ楽しむばかり、申し訳ありませんm(._.)m
2014/03/17(月) 23:58:26 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog