七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
あと4日だった^^; 放浪の天才画家「山下清展」
ひょえ~~、行こう行こうと思ってたら
いつのまにか会期がせまってきていました

そう、県立美術館で開催されている「山下清展」です

作品の写真はもちろん撮れないので
美術館のまわりの風景を入れてみます

昨年2月に湯布院夢美術館の山下清原画展に姪っ子と行ったときにいたく感動
今回はぜひとも行っておかなくちゃと思っていたのです

251211 山下清展1

山下清といえばペン画や貼絵が有名ですが
なんと今回は水彩画や珍しい油彩、絵付けをした陶磁器なども観ることができました

251211 山下清展2

まず入ってすぐに掲げられていた言葉

『自分が良いところへ行こう行こうと思うと
少しも良いところへ行かれない

良いところへ行こうとしなければ
自然に良いところへぶつかる

良いところへ行こうとするから
良いところへぶつからないんだろう』


ガーーーン!
自分の欲深さを見抜かれた感じがした(>_<)

251211 山下清展3

清は(呼び捨てを許してもらおう^^;)大正11年生まれ
関東大震災に遭い、3歳で罹った重い消化不良の後遺症で軽い言語障害が残ります

12歳で入園した千葉の八幡学園にて貼絵を習得し、独自の技法を作り上げるんですが
18歳で窮屈になった学園を抜け出し、風呂敷包みひとつで放浪の旅へ

251211 山下清展4

清が凄いと言われるのは、スケッチブックなど持たないでぶらぶら歩き
家や学園に帰ってきては、放浪中の出来事を貼絵や日記にするところです

とっちんがこの展覧会を観て、印象に残ったのは
18歳の頃から放浪していたころの貼絵の作品です

特に、蜂が飛ぶ菊の貼絵の前ではため息がもれました
細紐を使っているのかと思うほどのこよりを作って・・・細か過ぎる

他にも鮮明な記憶のもとに、繊細で器用で集中力が感じられるものばかりです
そして日本の何気ない風景が好きだった清の原点が観れる気がします

251211 山下清展5

放浪の旅で実際に使用したというリュックサックが置いてありました
思いのほか大きかったですよ

リュックサックの中には茶碗、箸、手拭、着替え、それと石ころが5個
石ころは犬に吠えられた時の護身用だったとか・・・(^_^;)

251211 山下清展6

『みんなが爆弾なんかつくらないで
きれいな花火ばかりつくっていたら
きっと戦争なんて起きなかったんだな』


花火が好きだった清
由布院では3枚くらい観たような気がします

残念ながら、今回の「山下清展」には花火の貼絵は一枚しかありませんでした
でも、その絵の前にたった時にとっちんはぎょっとしたのです

こよりで丸く表された花火ではなく
観衆が細かく描かれているところに\(◎o◎)/!

251211 山下清展7

館内に入って2時間以上、じっくり絵を観て日記を読んできました
そうなんです、清の素直な文章がたくさんあってこれがおもしろかった♪

驚くことに、いつも絵を描いているときの出来事を確かに覚えているんです
そのエピソードを読むのもおもしろくって(*^^)v

当たり前だとみんなが思っていることをわからないだとか不思議だとか
直筆の日記や手紙は、それはそれは丁寧な字で書いてありました

251211 山下清展8

画家が嫌うフェルトペンひとつで描写する絵も
清は他には例をみない手法で見事に描きあげています

才能が認められて画家となってから旅行したヨーロッパの絵は
とても美しく精練されたものでした

絵の造詣などかなり浅~いとっちんではありますが
しかし清がある意味、何かと葛藤しながら描いているように観えるのです

251211 山下清展9

父と同じ脳出血で倒れ49歳の人生を終えた清
本人にとって思っていた人生が送れていたのだろうか

『今年の花火見物はどこに行こうかな』
これが最後の言葉だったらしい

251211 山下清展10 






スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
初めまして。小生も12/11に県美の山下清作品展、及び細川コレクションに行ってきました。
というか、県美から二の丸駐車場方面を写した写真の、赤のダウンの後ろ姿は小生です(・∀・)
これからちょいちょい覗かせていただきます。

2013/12/12(木) 04:43:34 | URL | obugyo-sama | [ 編集 ]
すまません。駐車場から県美を、ですね、失礼しました
2013/12/12(木) 04:58:25 | URL | obugyo-sama | [ 編集 ]
obugyo-samaさんへ

初めまして、コメントありがとうございます。m(_ _)m
そうだったんですね、まさかあの時すれ違っていたとは…
勝手に撮影して申し訳ありませんでした。
山下清展、感動でしたよね〜♪

とりとめのないブログですが
これからも覗いていただければ大変嬉しいです。
よろしくお願いします。*\(^o^)/*
2013/12/12(木) 23:08:39 | URL | とっちん | [ 編集 ]
妻と二人して「よそ様のブログに載ってしもうた!」と今更身なりを整えてしまいますた(・∀・)
山下清展興味深く拝見しました。彼の人はまさに天才であったと思います。
感動と一言で言ってしまってはもったいない、自分の語彙の貧しさが恨めしいのですが、一人でも多くの方に観ていただきたいですね。
またお邪魔させていただきます(・∀・)
2013/12/13(金) 22:37:06 | URL | obugyo-sama | [ 編集 ]
obugyo-samaさんへ

いえいえ、こちらこそ盗み撮りのようなことをしてしまったうえに
ピンボケになってしまい、申し訳ありません。m(_ _)m
お二人がとても良い雰囲気だったもので、つい(^^;;
本当は前から撮りたかったのです(笑)

清の繊細さには本当に驚きました。
あんなにひとつひとつの絵に近づいて下から横から観たのは初めてでした。
驚異的な記憶力と素直で感性が豊かだからこそ
成し遂げられた功績だと思います。
残り2日ですが、本当に多くの人に観てもらいたいですね。
2013/12/14(土) 00:32:53 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog