七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
最近まで現役♪ お疲れさんでした「相生橋」
雨だって言ってたよね、天気予報では・・・
結構良い天気だったじゃないの、昼前ちょこっと降ったけど(-.-)

しか~し、湿度が高くて蒸し暑~い!
30度に届かなかったとはいえ、この2、3日夜は涼しかったので余計暑く感じます

暑い暑いと言ってても仕方ないので、そんな時はドライブ 
先日は午後にちらっと菊池方面に車を転がしてみましたヽ(*^∇^*)ノ

着いたところはいつからぼっちと行った「菊池ふれあい清流公園」

250630 相生橋1

「普通の公園だねえ~」と言いつつトイレだけ行って帰ったっけ(^J^)

250630 相生橋2

休憩がてら缶コーヒーを飲みながら、看板を見る

250630 相生橋3

ここは中州なんだね~、だから公園名に清流が入っているんだ
ん?んんん~?

250630 相生橋4

なんだ?『石橋展望台』って・・・
ちょっと行ってみよ♪

駐車場からトンネル通路を通って抜けると、ありゃま\(^o^)/

250630 相生橋5

こりゃなんじゃ?とばかり説明版を読む
「相生橋(あいおいばし)」だって~(#^.^#)

250630 相生橋6

う、長っ、めんどくさっ(ー_ー)!!

要するに、この菊池川の中州に大津往還の要所として
文政7年(1824)備前の小坂勘五郎らにより橋が架けられたが、3年後に流失

そして嘉永4年(1851)に種山石工の橋本勘五郎の指導の下
野津石工らにより総延長が100m近くある5連の石橋が完成する

しかし、この相生橋が一続きの眼鏡橋として機能した時期はたったの2年間
次々と流されては修復を繰り返し、昭和3年「1928」の洪水で中央のアーチのみが残った

ということのようです(*^^)v

アーチの向こうには、通路と駐車場
新旧、円弧と四角のコラボ♪

250630 相生橋7

ここの部分は後からつぎ足したところ?

250630 相生橋8

いやいや、そうではなかった(>_<)
石橋自体はもっと狭かったんです

250630 相生橋9

はは~ん、最近まで現役だったんでしょう
車が通っていたので、コンクリートで拡幅してあるんだ

すき間もなく石の組み方もきれいです

250630 相生橋10

石橋の西側には芝生広場が広がっています
誰もいないのが残念(^_^;)

250630 相生橋11

左側にも右側にも川が流れて・・中州だから当たり前か(-_-;)

250630 相生橋12
250630 相生橋13

橋の上はこんなふうにかさ上げしてあります
あ~、ここが『石橋展望台』だったんだ、げ、素通りしてしまったぞ(笑)

250630 相生橋14

上から見る新旧の橋です
調べたら、平成15年に石橋はその役目を引き渡したようです

250630 相生橋15

説明板には「藤田橋」他の資料には「藤輪橋」と書かれていますが
このブログでは一般的に言われる「相生橋」と表記しました

250630 相生橋16

まだまだ菊池にもおもしろいところがありそうです

250630 相生橋17 

 


<相生橋>
[アクセス]地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog