七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
琉球石灰岩と荒波と時が創生! 海食洞の大穴 「フーチャ」
はーい!!週末担当、沖永良部島特派員のらぼっちです^^

なんと沖縄では早くも梅雨が明けてしまいました
平年よりも10日ほど早いとか

沖永良部島は鹿児島県ですがどちらかというと奄美よりも沖縄に近い
ということで、たぶん沖永良部島も梅雨明けです
汗ぐっしょりの服ばかり、しっかり洗濯しました^^;

今回の写真は梅雨明けっぽい青空の写真ですが、まだ梅雨時期のねたが残っているので悪しからず♪
梅雨真っ只中の5月末に島北部を回った続きです

沖永良部空港の滑走路横で見上げていたら、上空をプロペラ機が飛び去って行った

250525 沖永良部空港1 

与論行きかなと思って、飛行場を撮影していたり、ゆたーっとしていたら

250525 沖永良部空港2 

突然の轟音にたまげた
なんと沖永良部空港に着陸するプロペラ機だった ^^;

250525 沖永良部空港3 

プロペラ小型機だけど音だけはいっぱしだよ^^

250525 沖永良部空港4 

Uターンして戻っていきました

250525 沖永良部空港5 

沖永良部空港のすぐ北側にある国頭岬灯台

250525 国頭岬灯台1 

国頭(くにがみ)というのは内地から見て一番近い場所という意味か
確かに沖永良部島の一番北側だな^^

250525 国頭岬灯台2 

島の海はどこに行っても清らかです
この日は北風が吹きまくって時化ていたのにリーフの中は穏やか~♪

250525 フーチャ1 

島の北側を走っているとフーチャと書いた案内看板がやたら目につきます
そう、フーチャは沖永良部島の重要な観光資源!!

行ってみましょうかね♪

250525 フーチャ2 

この先かな

250525 フーチャ3 

フーチャとは、琉球の言葉で「吹き上げる」という意味です

隆起サンゴ礁が長い年月をかけて荒波に浸食され、洞窟のようになり
やがて洞窟奥の天井面が侵食され大きな口を開けたもの

250525 フーチャ4 

フーチャは台風や季節風が強い日には、洞窟から上空へ波飛沫を高く吹き上げるそうです

250525 フーチャ5 

フーチャは、かつては4つあったが、北風の強い荒波の時にはそのしぶきが島の南海岸まで達し
農作物へ被害を及ぼしていたため、昭和40年代に一つを残して破壊されたそうです
 
でも大穴は二つあったよな?

250525 フーチャ6 

この大穴からしぶきが吹き上げるのは見てみたい気もするけど
普通の波でもあれだけの波しぶきがおきるんだもん
あえて車とともに潮しぶきを被るのもね~

250525 フーチャ7 

でも荒波と石灰岩と時間が創り出した沖永良部の芸術
大和人(やまとんちゅう)の皆さん、一度見に来ませんか~♪

250525 フーチャ8 




<フーチャ>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
隊長、おはようございます!
もう早くも無い時間ですが・・・
初めて見るダイナミックな光景は目を奪われますね
砂浜の写真は、茂串のそれとは全く違う・・・
本場の美しさはやっぱり違う・・・

梅雨は明けましたが、台風シーズンに突入ですね
2013/06/16(日) 10:09:12 | URL | テルル | [ 編集 ]
>テルル会長へ
夏の海が、また光とどんなコラボをするのか楽しみです
本当は潜りたいけどメガネがね~^^;
今年は雨を伴った台風が
少しは来てくれた方がいいかもですね
って、そこそこの雨風でいいんですが^^
2013/06/16(日) 20:15:07 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog