七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
二つの支えがあってこそ♪ 国頭小学校の「日本一のガジュマル」
はーい!週末担当、沖永良部特派員のらぼっちです^^

梅雨に入ってからはじめじめ度が上がる上がる
不快指数100近い毎日が続いております^^

しかし、そんな梅雨のさなかでも晴れ間がのぞくときもある
そんな日に初めて島の北側に出かけてきました

まず向かったのは国頭(くにがみ)小学校♪
ここに島にある日本一の一つがあるのです

250525 日本一のガジュマル1 

正門を入ると花壇がたくさん、花の島ですからね

250525 日本一のガジュマル2 

黒板にチョーク文字、小学校らしいね
これ間違いなく美文字ですね♪

250525 日本一のガジュマル3 

そうそう、校訓はシンプルベスト!

250525 日本一のガジュマル4-1 

鷲の石だって^^

250525 日本一のガジュマル4-2 

汐ほす母と題された像
昔はこんな光景がよく見られたのでしょうか

250525 日本一のガジュマル4-3 

創立114周年らしいです
ところで、日本一はなんだよ、どこだよ、って聞こえてきそうですね^^

はい、ではここから回れ右をす・る・と・・・

250525 日本一のガジュマル4 

どうですか、これが「日本一のガジュマル」です
1、2枚目の写真にも写ってました^m^

250525 日本一のガジュマル5 

ガジュマルは,幹が多数分岐して広がるクワ科の常緑高木で,奄美や沖縄地方ではよく見られます
このガジュマルは、根回り8メートル、円形に広がった枝張りは直径22メートルという大きさで
枝振りは日本一と言われています


250525 日本一のガジュマル6 

なんだかたくさんのつっかえ棒で支えられています

250525 日本一のガジュマル7 

大きな幹は小さな幹の集合体、力強いぞ♪

250525 日本一のガジュマル8 

1898年(明治31年)の第1回卒業生が植樹、ということは樹齢は115年と明確です^^
しかし、8本あった仲間は小学校の拡張工事などで切られ、この一本だけが残されたとのこと

250525 日本一のガジュマル9 

みんな人工の支えかと思っていましたが、自らの支えもしっかりと根を下ろしているではないですか

250525 日本一のガジュマル10 

この気根はその自然の柱となる赤ちゃん^^

250525 日本一のガジュマル11 

暑い真夏もこの中に逃げ込めば、少し涼しいかも♪

250525 日本一のガジュマル12 

ガジュマルの守り神が隠れていそうですね

250525 日本一のガジュマル13 

このおじいガジュマルは子供たちに愛されていると感じました

自らの支えと地域や学校関係者の方々の暖かい支えの二つがあるから
きっともっともっと大きな枝を広げていくことでしょう♪

250525 日本一のガジュマル14 

日本一のガジュマル、記録はまだまだ更新中です^^v




<国頭(クニガミ)小学校 日本一のガジュマル>
[アクセス]地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは。
島の小学生をみてきたんでしょうね。
ガジュマルがその歴史を語ってくれそうに思いました。
絵本画けそう。
2013/06/02(日) 17:22:54 | URL | あかちん | [ 編集 ]
でっかいですね~
小学校にある大きな樹
たくさんの子ども達を見てきたと思うと
本当色々想像が膨らみますね
沖永良部は小学校って何校あるんでしょ?
2013/06/02(日) 21:42:33 | URL | KIKO | [ 編集 ]
あかちんさんへ>
このガジュマル傘が広がるにつれて
たくさんの子供が入れるようになったのでしょうが、
逆に子供の数は減っていったのでしょうね
でも調べたら現在でも100人近くが学んでいました^^
2013/06/03(月) 06:22:08 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ>
小学校って大きな木が似合います
これまでも巨木を学校で撮影したこと多数^^
子供達の守り神です
えーっとね、調べたら9校ありました
昔から勉学には力をいれている島みたいです♬
2013/06/03(月) 06:27:36 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog