七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
極め付けは洞窟に大蛇って、ひょえ~~! 「穴森神社」
今日は「大寒」、朝は暦通り寒いと思いましたが
日中は晴れて思いのほか暖かい一日でした

県北西である祭りにちらっと行こうかとも思いましたが
らぼっちがちょっと風邪気味のため、大事をとって市内をぶらり

って、出かけたんかいっ!(笑)
でも、お昼には帰ってきて都道府県対抗男子駅伝を観戦、熊本は残念でした

街歩きは結構面白かったですよ
そのお話は、今週できると思います^^


さて手のじご夫婦に誘っていただいた大分ミステリーツアーですが
とうとう今回が最終回となってしまいました

うちら熟年夫婦の心髄を動かされるたいへん有意義なドライブとなって
どこに連れて行ってもらえるか何も知らなかった二人は感動の連続でした

ただね、時間が足りないんです
大分はどこに行っても、泊りがけじゃないとまわりきれないといつも思います

一ヶ所に時間かけ過ぎですって?
何をおっしゃいますか、それだけじっくり見る価値があるんですよ

そりゃあ、マニアックな4人ですから
普通の人よりかは滞在時間は長いとは思いますけどね(^_^;)

そして今回も、日がかなり傾いた午後4時40分に最後の目的地にたどり着きました
山深いところですので、ちょっと薄暗くなり始めていました

「穴森神社」というところです^^

250112 穴森神社2

やれやれ、この時間だけど歩いて登って行かなければならないようです
どのくらいかかるのかもわからないまま、歩き始める一行4人

250112 穴森神社1

鳥居の向こうに見えていたお宅の犬がうるさいほどがわんわんと吠えます
「はいはい、不審な者ではありませんよ」と言いつつ、通り過ぎようとしました

その時、おじいさんが出てこられ
「ここを歩いて行くより、車でそこの道を登った方が早いよ」と教えて下ったのです

ありゃ、そのまま歩いているととんでもないことになっているところでした^^;
車の通る道はそれなりに広く回りこんではいましたが、結局はかなりの時間短縮

あっという間に社号標のあるところへやってきました

250112 穴森神社3

あの赤い鳥居を登ってきていたら日が暮れていたかもしれません
教えてもらって助かりました~^^

さあ~、レッツラゴー!

250112 穴森神社4

山は寒くなってきました
だいたい凍ったところもあったんですよ(>_<)

250112 穴森神社5

健男霜凝日子神社(たけおしもごりひこじんじゃ)は祖母山頂に石祠の上宮
神原集落に遥拝所、下宮、そして穴森神社で構成されているんだそうです

あ、だから集落のところにあの赤い鳥居があったのか
な~るほど(*^^)v

ここが「穴森神社」への入口のようです
『樹齢460年』と書かれた穴森大杉がそびえ立っていました

250112 穴森神社6

え、落雷があったの?

250112 穴森神社7

いや~、怖いですね
さっさと通りすぎましょ!

250112 穴森神社8

あれ?これってもしかしたら鳥居だったんじゃないの?

250112 穴森神社9

たまたま山から軽トラで下りてこられた方に鳥居の事を聞いてみました
そしたら私たちの身を案じてか、なんども落雷の話をされます

で、最後に石の鳥居はトラックが引っかけて上部がとれてしまったとのこと
う~ん、そのままにしておいていいものだろうか、余計なお世話?

参道は杉並木、空気が変わります
といっても、最初に訪れた「宮處野神社」とは全然違います

250112 穴森神社10

ちょっと違う世界に迷い込んだ感じです、ブルッ(+o+)

250112 穴森神社11

こちらの鳥居は新しいようです
第三の鳥居ということになるのでしょうか

250112 穴森神社12

拝殿です
山の中にありながら、とても立派です

250112 穴森神社13

概要が書いてありました

250112 穴森神社14

ぎょぎょぎょ、大蛇の御霊を祀った社ですって(@_@;)
大丈夫なの?テルルさん!!

250112 穴森神社15

なんだかおどろおどろしくなってきましたよ
行くの?本当に行くの?

250112 穴森神社16

結構足取りも軽く下りていく手のじのお二人
おそるおそる下りていくとっちんです

250112 穴森神社17

より一層、寒くなってきたような気がします(・_・;)

250112 穴森神社18

ここが昔、池だったところだそうです
穴森神社の古名が池神社といわれたのがわかります

250112 穴森神社18-1

岡藩時代までは水をたたえていましたが
岡藩主、中川公が水を抜き神の怒りを鎮めたと言われているとか

そして、問題の大蛇が棲息していたという洞窟です

250112 穴森神社19

んん~、真っ暗だ(;一_一)
とっちんははなから近寄る気にはなれません

大蛇とかではなく、どことなく近寄ってはいけない雰囲気というか・・・
寒気がします

これは何でしょう?

250112 穴森神社20
 
は~い~?

250112 穴森神社20-1

で、ひょっとこ二人が200円も入れずに
懐中電灯をひとつずつ持って下りて行くではありませんか\(◎o◎)/!

250112 穴森神社21

なんという無謀な(>_<)
テルルさん、ピースじゃないでしょ!(>_<)

250112 穴森神社22

でも、結局は懐中電灯を点けただけじゃ暗くて何も見えない状態だったみたい
フラッシュをたいてもこんな感じだったらしい

250112 穴森神社23

はいはい、諦めて早く戻っておいで(^J^)

どうなっているのか調べたら、ここは中腰の姿勢で奥に進まなくちゃいけないし
川も流れていて、賽の河原のように石を積み上げたものがたくさんあるんだとか

そういうところにあまり足を踏み入れるのは如何なものか
懐中電灯が電池切れで、帰って来れなくなったらどうするの?

こちらは淡島社と生目社

250112 穴森神社24-1

石の祠が二つありました

250112 穴森神社24

何の気なしにこの祠の前に来てしまいましたが
よ~く考えたら、ここはあの洞窟の真上のよう

そそくさと退散することにしました(>_<)

そういえば、洞窟内の小石ひとつを持ち帰ると子宝に恵まれるとのいい伝えがあります
願いが叶ったら小石を元の洞窟へ戻すんだそうです

伝説、信じるか信じないかはあなた次第!
なあんてね(^_-)

帰りに大杉を見上げると、雷が落ちた痕跡がありました
そのために枯れた枝が見てとれ、本当に危ないなと思った次第です

250112 穴森神社25

今回は本当に凄いミステリーツアーでございました
テルルさん達、よくぞここまで調べられたなと感謝感激の熟年ふたりです

mamさん、運転お疲れ様でしたm(_ _)m
新車のノアちゃんにまで乗せてもらい、本当にありがとうございました

こうなると後のハードルが高くなるよな~ (;¬_¬)
ちょっとやそっとのところじゃ満足してもらえなくなるんじゃないかしら

は~、困ったな(・_・;)~


 


<穴森神社>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト
コメント
こんばんは。
しめはかなりミステリーでしたね。
一人ならちょっと怖いかも。
2013/01/21(月) 16:39:38 | URL | あかちん | [ 編集 ]
こんばんは♪
長々と記事書かせちゃってすいませんでしたv-388

メンヒルで終わらせても良かったですよね・・・
しかも午前中の神社が凄すぎて尻つぼみだったし

ハードルの高さは低いほど助かります、
テルルは今50cmが飛べるくらいが丁度良いですから・・・イヒヒ
2013/01/21(月) 21:01:42 | URL | テルル | [ 編集 ]
あかちんさんへ
真昼間でもこの洞窟には入る勇気はありません^^
身体にロープ巻いてもいやだな
ロープが大蛇に変わるかも^^;

2013/01/21(月) 21:17:17 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
テルル会長へ
何をおっしゃいますか
萌え萌えなスポットに案内いただきありがとうございます^^
ここはここでインパクトありましたって!
今度夏に再挑戦しますか、大蛇に会いに^m^
次はハードル低くてもお許しを♪
2013/01/21(月) 21:25:52 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
こんにちは!

洞窟の話がめっちゃ怖かったです><
閉所があんまり好きじゃないので・・・

懐中電灯の電気がつかなく可能性とかじゅうぶんにありますよね><
2013/01/22(火) 11:05:54 | URL | ★夢叶男★ | [ 編集 ]
★夢叶男★さんへ
そうそう、なんだか奥は意外に広くて30分で
言って帰ってくる保証はないみたいよ
だけん、なおさらお怖くて入れません^^
でも興味はそそられるスポットでしょ♪
2013/01/23(水) 21:20:09 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
こんばんは
たぶん きっと地元の大分県民もほとんど知らない行った事のない場所だらけ^^;
私もぜーんぶ行った事ありません
大分かなりうろうろしたと思ったけどまだまだですね~~
今年はちょこっとずつ頑張ります
2013/01/23(水) 23:58:09 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ
竹田市民でも行ったことない人多いと思いますよ、ここ^^
これぞマニアックダブル夫婦の本領発揮でしょう♬
熊本との県境方面が穴場ではないじゃろうか^^v
2013/01/24(木) 22:48:06 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog