七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
馬小屋じゃないよ♪ 篤姫、隆盛も休憩した「御馬下の角小屋」
今週末には年賀状の受け付けも始まりますね
我が家は年賀状を書く以前に、まだ年賀状を買ってすらいません

今年は知り合いから知り合いのご親族、それに伯父とまわりの多くの方が亡くなったので
年賀状を書かなければ、という気にならないのです

それに喪中の葉書が怒涛のように届きました
そういう年代になったんだということがひしひしと感じられます

今時のメールなんかじゃ味気ない、若者でもあるまいし
ゆっくりと手書きなんてことも処々の関係で無理だよな

新しい年を迎えることをおめでたいとはあまり思えませんが
変わりなく過ごしていますよという報告がてら、年賀状を書くことにしましょうかね


さて、師走の灯台下暗しドライブがもうひとネタありまして
向かったのは熊本市は四方奇(よもぎ)にある「御馬下の角小屋」

国道3号線沿いにあって、この横を頻繁に通るけど
気にもしたことがなく寄ってみることがなかったんです

これ「みまげのかどごや」と読むんですよね、はい!

なぜかとっちんは「御角下の馬小屋(おかどしたのうまごや)」と思ってまして(笑)

信じて疑わなかったんです
だって漢字、紛らわしいでしょ?

え、全然紛らわしくない?
場所だってこんなですよ

241208 御馬下の角小屋1

それもビャーっと走る車の中で馬小屋のように長い建物と看板を見るわけですよ
そしてすぐにこの角を曲がる、なので「御角下の馬小屋」だと・・・(^_^;)

ここに着いてから真相がわかったにもかかわらず、まだ馬小屋だと何回も言ってた
一度刷りこまれたものを覚えなおすって難しい、よね、らぼっち?

この馬小屋、じゃなくて角小屋の前には
市の指定有形文化財の「四方奇六地蔵付庚申塔」がありました

241208 御馬下の角小屋2

道路側の六地蔵は風雨にさらされていましたが
室町時代の六地蔵と江戸時代の庚申塔が並んで建っていると威圧感があります

あは、ここから見たら馬小屋には見えないね^^

241208 御馬下の角小屋3

裏には想像以上に大きな駐車場があって、ちょっとびっくり
車を止めるとすぐに受付があります

241208 御馬下の角小屋4

ひとり200円払って、お邪魔しま~す!
写真もOKですって^^

241208 御馬下の角小屋5

全く予備知識もないままだったので(そりゃそうだ、ただの馬小屋と思ってたんだから^^;)
こんなたいそうなお宅だったとは思いも寄りませんでした

庄屋を務めるかたわら質屋、酒屋を営む、かあ~
よっぽどお金が有り余っていたってことよね

御馬下(みまげ)って、この辺りの旧村名だったそうですね
そして角小屋(かどごや)の角屋は屋号、小屋は店を意味するとか

ふむふむ、差し詰め10DKってところでしょうか
お金持ちの家って、ほんとだだっ広いのよね~

241208 御馬下の角小屋6

もちろん市の有形文化財に指定されています
台所から入っていくと、うひゃ~、天井が高~い(@_@;)

241208 御馬下の角小屋7

ぎゃ~~~~!誰かおる~~~!

241208 御馬下の角小屋8

も~、人形じゃないの、マジでびっくりしました
人形が置いてあるって言って欲しかったよ~(>_<)

物置には古い道具も展示してあるんだけど
なんか提灯の中にまで仕込みがあるんじゃないかと思ってしまった(笑)

241208 御馬下の角小屋9

茶の間の床はピッカピカ☆
この床、我が家にも欲しいな^^

241208 御馬下の角小屋10

先に店の帳場のほうへ行ってみましょう
最初に外から撮った板戸がこれです

241208 御馬下の角小屋11

堀内家の家紋は島津家の家紋を仕様許可されたそうですが
あまりにもおそれおおいということで、丸にTの字の家紋になったとか

板戸を外した時の日除けとなる大暖簾はとっても印象的♪
その横には駕籠が置いてありました

241208 御馬下の角小屋12

「ねえねえ、こんな感じだったんかな?」

241208 御馬下の角小屋13

「んん~、商売熱心さが感じられないね」
だいたい、五つ玉の算盤を使えないし(笑)

古くて使いこなされたもにが随所にありました

241208 御馬下の角小屋14

撮っていたのはとっちん
らぼっちに平身低頭しているわけではありません、念のため!

241208 御馬下の角小屋14-5

見上げると梁が組木のよう、1本の曲線がアクセント?

241208 御馬下の角小屋15

格子壁と格子戸で仕切られている内庭と店庭
こういう潜り戸のような格子戸好きだな、「へい、いらっしゃい」なんてね♪

241208 御馬下の角小屋16

さ、上がらせていただきましょう
う、ここもピッカピカ、用心してたけどやっぱり滑りそうになりました^^;

241208 御馬下の角小屋17

ここは中の間から奥の間を見たところ

241208 御馬下の角小屋18

実はこの中の間にはちょっとした細工が施してあったんです
江戸時代は質素、倹約の時代だったので、隠れた贅沢として目立たないよう装飾してありました

木象眼もくぞうがん)と言うそうです
擬宝珠、巾着、打ち出の小槌、貨幣小判、が見えました

241208 御馬下の角小屋20

残念ながら二階には上がれませんでした、何があるのかな~?

241208 御馬下の角小屋21

「はい、ごめんなすってよ」

241208 御馬下の角小屋22

さっきびっくりしたのは御用人でした、イケメンじゃの~(#^.^#)
しっかり御用人の間で仕えていますよ

おやん?これは銃口の圧痕だということだけど、なぜこんなところに?

241208 御馬下の角小屋24

次の間に行こうとすると、またしてもギョッとしてしまいました

241208 御馬下の角小屋25

人形はいったい何体あるんだよ (;¬_¬)
おお、立派な屏風!

241208 御馬下の角小屋26

すると受付におられたおじ様がやってこられました
名札を見ると館長さんのようです

241208 御馬下の角小屋27

この堀内家のことや家のことを説明してくださいました
通り一遍の説明じゃないのでとても分かりやすかった^^

薩摩藩主、島津斉彬と共に西郷隆盛もここで休憩したとか
かの篤姫も徳川家に輿入れするとき立ち寄ったともおっしゃってました

241208 御馬下の角小屋28

家老気分で次の間から御成の間の写真を撮っていると
「お殿様記念写真を撮りませんか?」と館長さん

「え、、そんなおそれ多いことを」と、思ったけど
「じゃ、お願いします」と即答するらぼっち

肘かけや台を除けて、はいポーズ!(^_-)-☆

241208 御馬下の角小屋29

あ~、お殿様のイケメンぶりが目立っちゃったじゃん
庶民は引き立て役にしか過ぎなかったのね(笑)

人形は京都の東映から届けられたものだそうですよ^^

241208 御馬下の角小屋29-1

この二つの座敷には豪華な建具にいろんな誂えがしてありました

241208 御馬下の角小屋30

館長さんはお忙しいのか、お戻りになりました

九曜の紋、刀は本物じゃないよね^^;

241208 御馬下の角小屋31

鶴がたくさんいたな、この部屋

241208 御馬下の角小屋32

庭には蔵もあります、入れないけど

241208 御馬下の角小屋33

じゃ、隣にある資料館に行ってみましょう

241208 御馬下の角小屋34

いろいろ見ていたら、参勤交代って往路と復路は道順が違ってたんですね
知らなかった・・

241208 御馬下の角小屋35

こちらには細川家の姫駕籠が置いてありました
も~う豪華絢爛、びかびかきらきら☆

241208 御馬下の角小屋36

こんなところに座っていたら、眩しさに目がチカチカしそうです

241208 御馬下の角小屋37

いやいやこんなに素晴らしいところだとは全く以て知りませんでした
馬小屋とか言ってごめんなさ~いm(_ _)m

灯台下暗し、まだまだ埋もれていそうです♪

241208 御馬下の角小屋38 


 


<御馬下の角小屋>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは。
歴史がすごく楽しくなるのは大人になってからと言う人も多いのでは。
これが子供のころに興味もってたら今頃なにやっていたんだと思います。
しかし参勤交代のルートは往復で違うってしりませんでした。
2012/12/14(金) 18:28:18 | URL | あかちん | [ 編集 ]
あっ、私も馬小屋だと思ってた!
しかし、まさかこんな立派なお宅だったとは、まじビックリ。
いつも車中から横目で見るだけだったからな~。
駐車場もあったなんて、今回の記事を見るまで知らなかった(^^;

こりゃ、温かくなったら行ってみよう。
冬はピカピカの床で足が冷えそうだ。
2012/12/14(金) 23:10:28 | URL | mam | [ 編集 ]
あかちんさんへ
授業の歴史社会は嫌いじゃなかったけど
教科書だけではなくて外での学習があったら
もっと小さい頃から興味を持てたのかな^^
大人になっても知りたがるが大切ですね♬
2012/12/15(土) 16:40:55 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
よかった、馬小屋のお仲間がおって^m^
人間思い込むとね、抜けられない
あの狭い路地を入ると大きな駐車場gあったんですよ
近場でタイムスリップ、どうぞ♬
2012/12/15(土) 16:47:41 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
近場に立派な凄い所がありますね~
本当何気に通って見知ってるのにね 
勘違いもよくやらかしますね 思いこみね(^^)
知らない所行っていない所 再発見ですね
2012/12/16(日) 23:28:28 | URL | KIKO | [ 編集 ]
KIKOさんへ
ここは久々のヒットでしたね^^
近場の灯台下、見逃してました♫
2012/12/24(月) 21:34:15 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog