七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
お鉢めぐりをしなくっちゃ♪ 「杵島岳」(後編)
杵島岳山頂でおにぎりを食べて、と昨日書きましたが
もともと杵島岳の山頂ってあの標柱があったところじゃなかったんだろうね^^;

だって杵島岳には火口というものがあるんですもん
火口底の標高は1270mと何かに書いてあったので、標高差56mってことになるらしい

阿蘇五岳では一番若い山ということですが、それでも約2,700歳で~す^^
そして、この火口の縁を歩くことを「お鉢巡り」と言うんだそうです

じゃ、早速巡ってみますか!

<14:20 お鉢巡り開始>

241006 杵島岳26

わわっ、そんなところに立ってちゃ危ないって!
「やめて~、らぼっち」(>_<)

241006 杵島岳27

あ、あ~~~(@_@;)
これ、ミヤマキリシマじゃないの?狂い咲きでしょうか

241006 杵島岳28

そういえば、つい先日天草でソメイヨシノが咲いてたって言ってたっけ(^_^;)
異常気象はこんなところにも影響が・・・

「そういうアンタも十分危ないよ」

241006 杵島岳28-1

ぎゃ~~、ほ、ほんとだ
何してんの、とっちん(@_@;)

そうこうしてたら、見えてきたーーー!\(^o^)/

米塚ですよ♪

241006 杵島岳30

霞んじゃいるけどこの角度、上から見ることってまずないもんね、感激っす^^
登ってきてよかった~!

241006 杵島岳31

ここからだと杵島岳のすり鉢状の火口がわかるかな?

241006 杵島岳29

はるか前方には九重連山が浮かんでいます
いつかあの山々にも挑戦しなくちゃ^^

241006 杵島岳32

火山だった痕跡、溶岩がむき出しのところもあるんですよ

241006 杵島岳33

よく通る阿蘇パノラマラインがあんな下に(@_@;)
車が蟻んこよりちっちゃいよ~!

241006 杵島岳34

埋もれているこの葉っぱも紅葉してるっていうのかぁ?

241006 杵島岳35
241006 杵島岳36


あ、あ~~~、後から足早にやってきた人は女の人だった
しか~も、外人しゃ~~~ん♡

241006 杵島岳37

ずっと座って写真を撮っていました
カメラが向いている先は米塚よね、きっと(^_-)-☆

この折り重なったような山が往生岳(1238m)です

どうしても三つあるように見えていたんですが
こちらもすり鉢状になっているんでしょうね、さて山頂はどこ?

241006 杵島岳39

杵島岳はやっぱり一番高いところがちゃんと頂上ということになっているようでした

241006 杵島岳38

んん?中岳との間に本当はもうひとつ山があったのだろうか
噴火して吹っ飛んだような火口があるじゃないですか!

241006 杵島岳40

お~っと、あの外人しゃん、来た道を戻っていっちゃったよ
ぐるっと回ってきたなら挨拶しようと思ってたのに、残念^^;

241006 杵島岳41

相変わらず野の花に癒されます

241006 杵島岳42
241006 杵島岳43
241006 杵島岳43-1

も~、またあんなところに立ってる(>_<)

241006 杵島岳44

強風に煽られてよろけたらどうすんのよ
あ、よろけるような体重じゃない?はい、ごもっともで(笑)

この山には俵山のようにマツムシソウはまったく咲いていません
そのかわりワレモコウがたっくさん、でもこれって写真撮りにくい(>_<)

241006 杵島岳45

<15:05 お鉢巡り終了>

こうして360度の体感、お鉢巡りも滞りなく?終了~
さてと、そろそろ帰りましょうかね

241006 杵島岳48

熊本市内のほうにカメラを向けると、霞んだ中に金峰山が浮かんでる

241006 杵島岳46

わかりにくいですね、じゃ、こうすればどうでしょう
上部にかすかに見えませんか?

241006 杵島岳47

晴れてたら、金峰山はちろん普賢岳まで見えるんでしょうけどね
でも天気を望めば暑いだろうし、それもなかなか・・・

ね、らぼっち?
へ、なにやってんの、また登るつもり?

241006 杵島岳49

下り坂で膝がガクガクするというので、後ろ向きで下りている様子
行きはよいよい帰りは怖い、のまんまです^^;

ま、行きもけっして良くはないけど(笑)

登るときには気付かなかったものに、帰りは気付くということも

241006 杵島岳50
241006 杵島岳51

下りてから自分へのご褒美だとらぼっちが!!

241006 杵島岳52

今日のどこがご褒美なんだか、と疑問に思いながら
ソフトクリームを貪るらぼっちを横目に見るとっちんでした(-_-;)

初日から二山も登ってしまったけど、筋肉痛にもならず
心地よい疲労感とゆる~い達成感で満足の一日でした

241006 杵島岳53


次はどこに登ろうかな~♪


 


<杵島岳>
[アクセス]地図はコチラ



スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは。
初めて見たときの米塚は感動的でしたよね。
これからどんどん阿蘇の山の魅力を紹介いただけそうですね。
2012/10/12(金) 16:15:08 | URL | あかちん | [ 編集 ]
太郎!次郎で決まり〜!
2012/10/12(金) 20:09:09 | URL | Mai | [ 編集 ]
サンキューです!
いや~、七転びご夫婦のお陰で楽して素晴らしい景色を堪能しちゃいました(^^)
ありがとうございます。
見慣れた山も上から見下ろすとまた違った顔してますね。

後ろ向きに下山するらぼっちさんの気持ち、よくわかります(笑)
これだけ登って、筋肉痛にならなかったなんて素晴らしい!
若いな~。
2012/10/12(金) 20:51:58 | URL | mam | [ 編集 ]
ほんととっても綺麗な景色をありがとうでした
いい眺めだなぁ 
これは満足感ありますね
私、九重に登った時も由布山に登った時も下界は見えなかった
下は晴れてるんですよ 上がガスってるの
そういえば大観峰も・・・ガス女かも^^;
ラストの写真ナーイス(*^^)v
2012/10/12(金) 23:26:44 | URL | KIKO | [ 編集 ]
あかちんさんへ
やはり米塚は上から見る景色が一番美しいです♪
九州の山々をどんどんは無理ですけど
時々紹介しますね^^
2012/10/12(金) 23:36:21 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
Maiさんへ
太郎次郎?
っていうのは調べたんだけど、天草のかな
絶壁に立てということですよね
ラジャーです、実行時期はお約束できませんが^m^
2012/10/12(金) 23:44:15 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
後ろ向きで歩いたところはすごい登り坂
つまりすごい下り坂なんです
つま先と膝が痛くて後ろが楽なんですよね^^
筋肉痛が無かったのはとっちんだけで
らぼっちは翌日はアイタタタでした^m^
2012/10/13(土) 00:05:19 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
自分の目で見る眺めは写真の何倍も素晴らしいですよ
それにしても、笑うた笑うた、ガス女には^^
これまでのガスにめげず登りましょうよ
いつか由布岳も登ってみたいな♬
2012/10/13(土) 00:13:00 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog