七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
明治や大正ロマンを感じさせる 「門司港レトロ界隈の歴史的建造物」
「記事、書いといてね」、今日と明日は熊本県民体育祭

熊本市バドミントン協会でお世話係のとっちんは
氷や飲み物の準備などで大わらわ

ということで、ひさしぶりのらぼっち記事とあいなりました^^

台風16号、また超でかいのが日本列島に近づいていますね
930hPaくらいで上陸のおそれもあるとのこと
この低い気圧は過去最大の被害を出した伊勢湾台風と同規模

九州はもう大雨はこりごり、できるなら予想進路の西端を通って欲しいと願うのみです
そうか、渇水の関東の方では少しは降ってくれるといいですね


さて、お腹も満たされた後の門司港レトロ散策の続きです
朝からこの街を歩いているとたくさんの粋な歴史的建造物と出会うことができます

今日は西洋編建造物として、これらをまとめておきましょう
場所はこちらのマップを参考にしてください

門司港レトロ・ガイドマップ

早朝、駐車したのは「門司港レトロ展望室」のすぐ横
門司港レトロで一番高い目印であり、見晴らし台でもあります

その目の前にあるのが「国際友好記念図書館」

240909 国際友好記念図書館1

 かつて交流が盛んだった北九州市と大連市の友好都市締結15周年を記念して、ロシア帝国が明治35年に大連市に建築した東清鉄道汽船事務所を、そっくり複製し建築されたもが、この国際友好記念図書館です。
 国際友好記念図書館の一階はレストラン、二階は中国・東アジアの文献を収蔵した図書館、三階は資料展示室となっています。

西洋の城のようなとんがり屋根の優雅な外観がすばらしい

240909 国際友好記念図書館3

新旧の建築様式、どちらも捨てがたいね♪

240909 国際友好記念図書館2

玄関を入ったところ、わかります?これタイル画なんです
とっちんはこれにぞっこん、らぼっちはこの記事を書くときに分かりました^^;

240909 国際友好記念図書館5

この中のロビーも大連市の本物を真似て造られているのかな

240909 国際友好記念図書館4

道路向かいにある建物は「旧門司税関」

240909 旧門司税関1

 旧門司税関は明治45年に煉瓦造り瓦葺平屋構造で建設され、昭和初期までは税関庁舎として使用されていました。平成6年に赤煉瓦で建物の復元を行い、近代的なデザインとルネッサンス調が交わる建物として生まれ変わりました。1階は休憩室、喫茶店「レトロカフェ」と展示室、2階はギャラリーと門海峡や門司港レトロを一望できる展望室となっています。

240909 旧門司税関2

ここは、中に入るタイミングを逸しちゃいました

240909 旧門司税関3

はね橋を渡って門司港駅に向かう途中にあるのが「旧大阪商船」

240909 旧大阪商船1

 大正6年に建てられた大阪商船門司支店を修復したものです。当時、門司港からは月に60隻もの客船が外国へ出航し、大阪商船ビルはその拠点の一つとして大いに賑わっていました。1階は海峡ロマンホール、2階は門司港アート村ギャラリーになっています。

240909 旧大阪商船2

オレンジ色のタイルと白い石の帯のデザインの外観と八角形の塔屋が美しい

240909 旧大阪商船2

早朝、門司港駅に急いでいた二人は早足、横目で通り過ぎる^^;

240909 旧大阪商船3

門司港駅の噴水広場前にある「旧門司三井倶楽部」

240909 旧三井倶楽部1

240909 旧三井倶楽部2

 大正10年に三井物産の接客宿泊施設として建築されたもので、翌年にはアインシュタイン夫妻が宿泊しています。国の重要文化財にも指定されています。1階がレストランやイベントホール、2階にはアインシュタインメモリアルルーム、門司出身の女流作家林芙美子の資料室があります。

この建物の前は4回は通ったかな
人を惹きつける魅力はあるんですが、皆さん遠巻きに眺めてる人が多かった^^

240909 旧三井倶楽部3

レトロ界隈の東端にあるのが「門司電気通信レトロ館」

240909 門司電気通信レトロ館1

 大正13年に逓信省門司郵便局電話課庁舎として、門司で最初の鉄筋コンクリート造りとして建築され、洗練された大正モダンを今に伝えています。一階に大正から昭和にかけての懐かしい電信・電話機の展示コーナーが設置されています

240909 門司電気通信レトロ館2

ここに来るまでには結構歩いてきた二人 、休憩もかねて中に入ることに
中には公衆電話の歴史や交換機の仕組みなどが分かりやすく展示されています

240909 門司電気通信レトロ館4

出入口部の上が三角形に飛び出した形状は珍しいといったような説明があったんだけど
何がどう珍しいのかは忘れました^^;

240909 門司電気通信レトロ館3

こうしてみると、早朝はまだ開館していなかったというのもあったけど
中に入ったのは3館くらいか

しかも、「港ハウス」や「出光美術館」などは写真すら撮ってない
イマイチ興味をそそられなかったんですよね^^;

門司レトロ界隈散策はまだまだ続くよ
次の記事はハイカラな喧騒を避けて、ちょいと裏通りへ♫

あーっ、それにしても書いてて文才の無さに気付かされるよね
最近はとっちんの記事ばかりでブログの書き方さえ忘れちゃったような^m^




いいよぉ、って方はポチッしてね^^
 

いいなぁ、って方はポチッしてね^^
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント
台風の影響はどうでしょう?
大分はちょっと強めの雨がさっき降り始めました
色々予定されてたイベントが中止になってお休みに♪
でもおでかけもできないわ

記事お疲れ様です
とっちんさんの感想はいかに^m^
色んな興味惹かれる建物が沢山ですね
みていてほんと楽しい
三井倶楽部って今も三井ホームかなんかで建てるとこんな感じのお家ありますよね
伝統的な流れかな^^;
2012/09/16(日) 09:38:43 | URL | KIKO | [ 編集 ]
こんにちは。
旧門司三井倶楽部はアインシュタインのお気に入りなんですよね。アインシュタインにはあかちんかなり関係があります。
アインってドイツ語で一を意味します。シュタインはドイツ語で石を意味するんです。日本語に直すと一石。あかちんの名前は三石ですからアインシュタインの2つ上を行けと名づけられた名前なんです。言わばライバルだったのです(笑)。
2012/09/16(日) 15:34:18 | URL | あかちん | [ 編集 ]
KIKOさんへ
今21時過ぎ、強風圏内ですけどまだ静かですね
でも市内や阿蘇には大雨警報がでています
被害が少なければいいんだけど

楽しいでしょう、もうここまでくると町の中に
テーマパパークがあるという感じ♪
なるほどこの建築様式は三井ホームの特許かな^m^
2012/09/16(日) 21:27:01 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
え-っ、そうなんですか
それってすごい名前ですね
誰か日本人なら、まだわかるんですけど
ライバルはアインシュタイン博士ですか^m^
そういう名前を考えられるご両親を尊敬
名前に負けない生き方をしているあかちんさんに脱帽です♪
博士はこの三井倶楽部を後から良かった良かった
と話していたらしいですね^^
2012/09/16(日) 21:33:15 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
も~、目の毒!!(笑)
2012/09/17(月) 23:29:47 | URL | mam | [ 編集 ]
mamさんへ
でしょう~^^
でもね、熟年は門司レトロのもう一つの顔
裏通りの方が萌え萌えでした♪
2012/09/18(火) 21:21:19 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog