七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
どんだけ~叫ばせるんだよ♪ 「伝安徳天皇御陵と山宮神社」
皆さん見ました? 今朝の男子ボクシングミドル級の決勝
やりました、村田選手!!

ミドル級は重量級(69kg-75kg以下)のため体格に劣る日本人の活躍はなかった階級
しかも村田選手は北京大会で代表となれず一度は引退

そこから東洋大ボクシング部の指導を通して再起を誓う
家族へかっこいいパパを見せたかったのも強い後押しとなったことでしょう

「金メダルが僕の価値ではなく、これからの人生が僕の価値になる」
くーっ、かっこ良すぎます^^

これで総メダル数は37個、アテネの最大数に並びました
金6のうち、女子4、男子2か、やはり大和撫子は強し!

やはり日本は女子で持ってるかもね
我が家と同様、家庭を牛耳っている奥様方がほとんどでしょうから
政界を牛耳る偉大な女性政治家が出てくるのも近いかな^m^


今日はとっちんがバドの試合で、「記事、お願いね」と出て行った
ということで、久しぶりのらぼっち記事です♪

昨日は朝から、どこ行こうと決まらぬまま車は発進
途中、とりあえず天草方向行って海でも眺めようか、と決めたものの
天気は悪いし、天草方面はなぜか渋滞発生をナビで確認

240811 天気

急きょ、海から山へ目的もなく行先変更
当然、車内では、「どこ行くの」「行き当たりばったりたい」の議論?

218号線を美里町方面へ東進、パタさんの薬局は患者さんの車でいっぱい
「パタさん、甲子園に応援に行けるのかな」とちょっと心配^^;

とりあえず、山都町の道の駅通潤橋に行って情報収集しようか
山都町の一角には七夕飾りが並んでたよ

240811 浜町

目に留まった情報誌をめくってて
そうだ、「平家遺産巡りをしようよ」となった次第^^

ここから近い場所はと、「伝安徳天皇御陵」
青葉の瀬の近くで、そんなに遠くなさそうだし
ところがこの選択が後で後悔することに^^;

道の駅から走ること20分
これが最初の案内看板、まっ、夏だから茂ってるのも仕方ないね

240811 安徳天皇量1

青葉の瀬までは良かったですよ
それから離合がやっとの狭い道を走っていると
「おーっ、すごい」といった景色にたびたび遭遇

240811 安徳天皇量2

途中の集落毎にはこんな看板

240811 安徳天皇量3

氏名入り、皆さん平家の子孫なのでしょうか
そうやって見ると、藤原、菊池、弓取の姓なんて重みを感じるかも^^

そのうち案内看板があるはずなのに
「もう過ぎたんじゃ」「もうどんだけ~」という議論?になり始めるころ
またまた走ること20分くらい、ようやく次の案内看板発見!!

240811 安徳天皇量4

ここから歩こうとしたとっちんだったが、まだまだ早かった
約2km進むと、こんな案内看板

240811 安徳天皇量5

近くなりつつあるという実感はあれど、この狭い道を車で上るの???
駐車場ありと書いてなかったら、絶対上らんな^^;

車一台幅の農道?を不安を抱きつつ上がる

240811 安徳天皇量6

「駐車場ってどこよ」「もう、どんだけやねん」
「ここを左かい、駐車場なかったらUターンできんぞ」

240811 安徳天皇量6-2

するとこれまでの「どんだけ~」が嘘のような芝生で整備された駐車場があったのです
ひょえ~の道を通ってきたのに、こんな立派な・・・
しかもトイレ付き(@_@;)

240811 安徳天皇量7

さて、ようやくようやく到着です^^;
まずは「山宮神社」にお参りしなくちゃね

240811 安徳天皇量8

鳥居は最近建設されたようですが、この苔むした橋はどうですか
美しい清流にはヤマメが放流されているようです

240811 安徳天皇量9

安徳天皇を祀る山宮神社

240811 安徳天皇量10

のぞき見禁止とは書いてなかったので、その時撮った写真^^

240811 安徳天皇量11

拝殿、本殿の周囲は大きな杉に取り囲まれています

240811 安徳天皇量12

歴史を感じますね、さて御陵は・・・と

240811 安徳天皇量13

境内をぐるりすれど見当たらない、案内看板もない
とっちん曰く、「この裏山への階段上るんじゃない?」「はい~なんですと?」

240811 安徳天皇量14

この階段が結構、急で荒れてます
見上げて、今日何度叫んだことか「もう、どんだけ~」

240811 安徳天皇量15

上ること5分ようやく開けてきて、らしいものが見えたと思ったら
なんとどこも見えそうにない展望台、「もうもうもう、どんだけやねん」

240811 安徳天皇量16

でも御陵はもう目前でした、こちらは朽ちた標柱
なんとか安徳天皇と読める^^;

240811 安徳天皇量17

道の駅から約1時間半、ようやく「伝安徳天皇御陵」に到着です
まぁ、伝が付くくらいですから、想像はしていましたが

直径は2.1mの円墳です、意外と小さめ^^

240811 安徳天皇量18

とっちんが距離が取れなくて一苦労

240811 安徳天皇量19

240811 安徳天皇量20

御陵の中央部には朽ちてはいますが大きな木が鎮座しています

240811 安徳天皇量21

これが17歳の安徳天皇でしょうか

240811 安徳天皇量22

壇ノ浦の源平決戦で、二位尼(平清盛の妻時子)に抱かれて海に消えた安徳天皇
このときわずか八歳だった安徳天皇ですが、この入水には替玉説も根強くあり
言い伝えによれば、安徳天皇はこの地に逃れ、十七歳で崩御されたというのです


この安徳天皇御陵は全国各地に存在し、なんと宇土市にもあるんです

この辺り一帯に平家一族が逃げ延び、移り住んだのは事実ですから
伝とは言えど、可能性はあるというものです^^v

さて、ネタに困ったときの材料が一つできました
熊本周辺の、「平家遺産巡り」

240811 安徳天皇量25

しかし、初っ端は「どんだけ~」をIKKOならず何個叫んだことか
皆さんも行かれる時は覚悟をもって行かれてくださいね^^

240811 安徳天皇量26




<伝安徳天皇御陵と山宮神社>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
これはまたずいぶんとマニアックな神社に行かれましたね。歴史好きな人じゃないとなかなか訪れないような気も・・・。
この時期の階段のぼりは大変だったろうなぁ。汗をかきながら、本当にあるの?そんな気持ちになるのはよくわかります(笑)

伝とはいえ御陵なんだからもう少し管理をきちんとしていた方がいいような。熊本・宮崎は平家伝説もいろいろとあるみたいなので、ネタにはこまりませんね。また読ませてください♪
2012/08/12(日) 22:13:29 | URL | おにぎり太郎 | [ 編集 ]
どこへ行くか決めずに出かけたりするんですね~^m^
普通の人はきっとあの狭い道で断念すると思いますよ
先にあんなりっぱな駐車場があってもね~^^;
でも頑張って上ったかいがありましたよね
ちゃんと見つける事に喜びがありそう^m^
とっちんさんポーズが悩ましいです
2012/08/13(月) 00:16:46 | URL | KIKO | [ 編集 ]
こんにちは。
ちょっと朽ちているところがさびしい。
でもあまり人通りもないでしょうから
仕方がないですかね。
2012/08/13(月) 11:35:21 | URL | あかちん | [ 編集 ]
相変わらず、とっちんさんのフットワークは軽いですね。
階段を見上げて「どんだけ~」と叫んでるらぼっちさんの
お顔が想像出来て笑っちゃった。
私もきっと一緒になって叫んでたと思います(笑)

御陵はおにぎり太郎さんの書いてらっしゃる通り、
もう少し管理というか手入れした方が良さそうですね。

っていうか、大きな切り株が気になる(笑)
2012/08/13(月) 23:21:55 | URL | mam | [ 編集 ]
おにぎり太郎さんへ
平清盛をやってる今年はブームのはずなんですが
なんでかこんな管理状態でした^^;
町の教育委員会も集落もこんな山の上は
現実難しいでしょうね
こういった所を紹介するのも七転七起の目的なので
頑張ってたどりついたかいがありました^^v
2012/08/14(火) 12:32:52 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
うちら行く先決めずにスタートはしょっ中ありますよ^^;
だから車内でケンカ?議論?もしょっ中^^
運転手は上りの狭い道でためらったのですが
般若が、ほれ行くたい!
目的地にたどり着いてほっとしました♫
2012/08/14(火) 12:41:13 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
あかちんさんへ
今年のような平家ブームの年でも
ここにくる見学人はさすがに限られているかも?
集落の人には起こられるかもしれませんが
何となく夢があっていいですね♫
2012/08/14(火) 14:58:56 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
すごい所でしょ
熟年も現地苦労度ランク10に入るスポットでした
周囲は耕作放棄地だらけで維持管理も難しい場所でした
もうちょっと行政が本腰入れないとね
どんだけ~の気持ち運転手として分かるでしょ♫
2012/08/14(火) 15:15:58 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
こんばんは(^o^)
これはまたすごい所へ
行って来られましたね(@_@)

確かにちょっと
朽ちていて寂しい…
でも趣のある場所ですね(^^)

苔むした参道のショット…
アングルファインダーでしょうか?
それとも腹這いショット??
それとも…(^o^;
2012/08/17(金) 00:03:14 | URL | MILK | [ 編集 ]
MILKさんへ
パンフレットに載っていたわりには、凄いところでした(^^;;
距離や所要時間が書いてなかったので
少々不安は感じていたのですけど・・
それに先月の豪雨で階段は荒れてしまったのだとは思います

こういうところに行くのは物好きなウチらぐらいしかいないのでしょう
行政も本腰を入れるにはあまりにも遠すぎます( ; ; )
ローアングル、たぶんファインダー覗いてません(笑)
2012/08/18(土) 09:16:28 | URL | とっちん | [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/07(火) 23:22:57 | | | [ 編集 ]
初めまして、おまえ様

お若いのにこんなマニアックなブログ、しかも古い記事に有難いコメントありがとうございます。
末裔でいらっしゃるんですね、それはそれは(*^^*)

かなり山を分け入った場所でしたが、とても清々しいところのように感じました。
もうちょっと探検してもよかったかな、と今になって思っています。
こういう自然豊かなところにだんだんと人が居なくなるのが寂しいですね。
私たちはたまたまお邪魔しただけですが
小さい頃の思い出は年を重ねて素敵な宝物になることでしょう。
2017/02/09(木) 09:31:35 | URL | とっちん | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog