七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
地味だけど大津の宝です♪「玉岡城跡」と「岡本家住宅」
サッカー日本代表の香川がマンUに移籍することが正式に決まりそうですね

ドルトムントをリーグ連覇、ドイツカップ制覇の“2冠達成”に貢献
不動のトップ下でリーグ戦で31試合に出場、13得点を記録したことで
1年目の故障から見事に復活し、ファーガソン監督の目を引いたということでしょう

ま、その前にW杯アジア最終予選をしっかり戦って欲しいですね

そして今日はもう一人の香川、名俳優の香川照之が
市川中車(ちゅうしゃ)の芸名で歌舞伎デビューしました

口上を聞くと、並々ならぬ覚悟でこの日を迎えたことが感じられ
ただでさえ難しい世界に自らを投じ、ゼロからのスタートを切ったことに
拍手を送りたいと思います

自分たちもこのままでいいのかとちょっと思った・・・・のですが
今日もいつものように代わり映えしない記事になりそう(>_<)


大津町をうろんころんしてたんですが
「玉岡城跡」なるものがあるのを大津町のHPで見かけたので行ってみることに

県道207号から狭い道を入っていきます
本当にこんなところにあるのかなって感じ^^;

だいたいのところに行ってみるも、なんじゃこりゃ?

右を見ても・・・

240603 玉岡城跡1

左を見ても・・・

240603 玉岡城跡2

見事に畑ばっかり(笑)
何の看板もありません^^;

おっかしいな~、この小高い丘には違いないと思うんだけど・・・

車を舗装もしていない農道に乗りいれたものだから
四苦八苦しながらUターンして、どうにか舗装道路まで出てきた

そこでナビに若宮神社なる文字を発見!
らぼっち曰く、「城跡にはだいたい神社があるもんなんだよな~」

お主、いつから学者になったんだ?(笑)
そこでその“にわか学者”の言うとおりに裏の神社に行ってみることにしました

すぐに神社を見つけましたよ^^

240603 玉岡城跡3

おお、ほんとだ!あったあった「玉岡城跡」^^
“にわか学者”もそれみたことかと言わんばかりに低い鼻をひくひく(-"-)

240603 玉岡城跡4

『別名、若宮城とも呼ばれ、元亀・天正(1570~1592)のころ
合志氏が益城・阿蘇のおさえとした城であるという。
東西150メートル、南北300メートル程の丘に築かれて、
東側の本丸では桂穴の跡が確認され、礎石らしい石も多く出ている』

と、書いてありました

説明版もしっかりありましたよ

240603 玉岡城跡5

こんな所に1000人が収容されていたとは驚きです
確かにどこからも見えそうな台地ですけど^^;

その横には、こんな城だったよってことで建てられたオブジェ?

240603 玉岡城跡6

比率からすると、とてつもなく高い石垣ですが
ちょっと?かなり?誇張されているのかも^^;

若宮神社、拝見!

240603 玉岡城跡7

かわいい社殿、かなり新しいです

240603 玉岡城跡8

でも、中に掲げてある絵馬は古そうでしたよ~^^

240603 玉岡城跡9-1
240603 玉岡城跡9-2

あ、そうそう、この上が「玉岡城跡」なんだよね
道はないけど、とりあえず登ってみようか

240603 玉岡城跡10

ありゃりゃ、やっぱりさっきの栗畑じゃん(>_<)

240603 玉岡城跡11

大津町の方、本丸付近の案内を示してください
ここ、分かりにくいです

栗の花が満開、虫さんがお食事中でございました^^

240603 玉岡城跡12

そしてこのあと向かったのは、近くの「岡本家住宅」です
江戸期の細川藩配下の在郷武士のお屋敷になります

240603 岡本家住宅1

大津町には江藤家住宅といい、江戸時代の住宅が増改築もされないまま残っているんですね
素晴らしいことです♪

こちらは表門、四脚門というらしいです

240603 岡本家住宅3

もうおわかりでしょうが、こちらも江藤家と同様、今でも住まわれています

240603 岡本家住宅4

説明を読むとますます見てみたくなりますが、そういうわけにはいきません
江藤家住宅のように公開日があるわけでもないようなので
家のまわりだけで我慢、我慢^^;

240603 岡本家住宅5

家の前を流れる水路がまたいい雰囲気でした
水路を渡ると、これまた昔にタイムスリップしたような感覚になるくらいの小路

240603 岡本家住宅6

電信柱と歩いているヤツが雰囲気をぶち壊していますが(笑)
裏門と馬屋です

ぴったりと閉じられ、中を垣間見ることさえできません^^;

屋根は新しいものも見えます
このコンクリートの煙突のようなものはなんだろか?

240603 岡本家住宅7

木が生えているからといって植木鉢じゃないよね、デカすぎるだろ(笑)

ありゃ、お向かいの方から大きな話し声がするぞ
近づくとおばあちゃんと孫らしき男の子がいました

挨拶をすると「おはようございます」の言葉とともに何かを指さしました
「あ、シマヘビだ」と、らぼっち

240603 岡本家住宅12

「やっぱりシマヘビよね、大丈夫、何もせんから、毒のあるヘビなら殺さにゃんけどね」
と、おばあちゃんが言ってふたりとも家の中に入っていきました

へ、おばあちゃん殺そうと思って出てきたの?^^;

こちらは車が入るところかな

240603 岡本家住宅8

ちょっと失礼して門扉に張り付いてみました
残念ながらあんまり建物が見えないーー(>_<)

240603 岡本家住宅9

あ、あ、なまこ壁が見える~♪
さらにカメラレンズを隙間に入れてみる
(覗きをしてすみませんm(_ _)m)

240603 岡本家住宅10

んま~、きれい~
お手入れの行き届いていること^^

庭木もたっくさんあったので管理が大変だろうな

240603 岡本家住宅11

母屋もふたつある蔵も見ることは出来なかったけど、仕方ないか
ここにこうやって存在していることが大事なんだもんね^^

240603 岡本家住宅13 

 


<若宮神社>
[アクセス]地図はコチラ

<岡本家住宅>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
こんばんは。
地図見て想像するに大変近くを普段通ってますね。
こんなところあるんですね。
らぼっちさんが毎日回ってもあと何年もかかりそうですね。それだけ熊本はおくが深いのでしょうね。
2012/06/06(水) 17:48:45 | URL | あかちん | [ 編集 ]
(; ̄Д ̄)またニョロだ
今年、かなり遭遇されてませんか?
あ~、嫌だ嫌だ(>_<)


それにしても、いいお宅だ。
まだ住んでおられるんですね・・・すごいな。
維持管理は大変だろうに、こうやって住み続けてくれる人がいるからこそ
このお宅も生きてるんですね。
2012/06/06(水) 20:52:31 | URL | mam | [ 編集 ]
痺れました
久しぶりにブログを再開し、こちらへ立ち寄らせていただきました。
いや~痺れるスポットに行かれてますね。
相変わらずうらやましい限りです。

城のオブジェ、さいこーです。

ではまた。
2012/06/06(水) 22:26:23 | URL | 管理者U | [ 編集 ]
登録文化財の家に住むっていうのは
とっても大変な事なんでしょうね~
こんな風に覗き見する人だっているし・・^^;
おかげでこちらはしなくてすみますが^m^
古くなれば色々修理とかもあるでしょうしね
でもとっても綺麗にされてて素晴らしいですね
2012/06/06(水) 22:39:15 | URL | KIKO | [ 編集 ]
あかちんさんへ
そうですね、たまに前を通るでしょうか^^
地域内にもいろんな名所がありますよね
それを人は世間遺産といいます^m^
歴史の息遣いを感じるのはいいですね♪
2012/06/06(水) 23:31:44 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
すみませんねー、撮ったら必ず載せるもんね、ニョロ^^;
こちらの岡本家も趣がありましたが
江藤家の方が感動があったかも♪
見学ができるからかなぁ^m^
2012/06/06(水) 23:37:12 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
管理者Uさんへ
お久しぶりです♪
再開されてんですか
マニアッカーが帰ってきましたね^m^
お城のオブジェ、県庁前のものにも
負けてませんよ♪
2012/06/06(水) 23:40:36 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
KIKOさんへ
そうそう、覗き見する輩がいるから
おちおちパンツ一丁で庭にも出られない^m^
維持管理費が出るわけでもないから、文化財登録も
主にとっては迷惑かもですね
でもこれだけ管理しているということは
そのような後ろ向きな主ではなさそうです♪
2012/06/06(水) 23:45:44 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog