七転び七起き
人生 ゆるーり がんばるくらいで ちょうどいいっしょ
あなたはどの写真に寒気がしますか? 鎌倉時代の五輪塔「西安寺」
要注意ですよ、皆さん!
気温があまり高くなくても、炎天下でなくても熱中症にはなるものです

少し塩分や糖分の入った飲み物をきちんと摂りながらお仕事しましょう

気分が悪くなってからでは遅すぎますから
体調管理には気をつけましょうね


さて、昨日はブログをお休みしたので
ゾクゾクの場所が気になってた方がおられるかも・・・

期待を大きくしてしまったかな、アップしづらいよ~(+o+)
オテラーな熟年が行ったところは当然、お寺でした

玉東町には他にも遺跡史跡がたくさんあり、案内板の地図でもヨリドリミドリだったのに
どうしてらぼっちが行きたがったのか、よくわからないのですが・・・

たぶん、「西安寺」という言葉の響きだけで興味を持ったんでしょう
目指していったはずなのに道に迷い、狭い道をウロウロしてやっとたどり着きました^^;

240505 白山宮1

こんな歌碑に迎えられて少しばかり気をよくして隣を見ると

240505 白山宮2

あら?鳥居?なんで?
お寺の跡じゃなかったっけ?

ま、いっかと進んで行くと隣接のお家から犬連れの方が出てこられました
散歩なのでしょう、「こんにちは」と挨拶してすぐに石段を登って後を追いました

240505 白山宮3

ワンちゃんとの後姿を撮りたかったんです
ところが、すぐに追いかけたのに忽然と姿は消えていました

相当足が速かったんだろうと思ったのですが、ちょっと不思議な感じ (;¬_¬)
そして門まで戻ってきて、何枚か写真を撮りました

240505 白山宮4

どれも光がイタズラしてまともな写真がないな^^;

鎌倉時代に建立された西安寺に関係して造られたものとされる「白山宮」です

240505 白山宮5

この門の中には、木彫りの狛犬さん?
新しいように見えますが、鎌倉時代の名残りなのでしょうかね

240505 白山宮6

勧請してから約800年
明治40年2月に旧山北村の村社に昇格したそうです

240505 白山宮7

拝殿はこぢんまりしてます
子供の頃、こんな感じの神社があったよな^^

中には古そうな絵馬が並んでいます

240505 白山宮8

ちっちゃいけど本殿もなかなかのものです

240505 白山宮9

何がって?
そりゃこれですよ、このドスコイな方々です

240505 白山宮10

絵本に出てくる雷様みたいなお顔をされています^^;
そしてこちらの力神さんの左手、左足がどう見ても無理な体制に見えるんですよね

見ているだけで手首が痛いよ~(>_<)

240505 白山宮11

社殿の右側にはイチョウの木がそびえたっていました
結構な太さがあり、とても立派です^^

240505 西安寺1

お、説明があるぞ

240505 西安寺2

なんだ、樹齢とかはわかんないのね^^;

そして、その説明にある西安寺跡というのがこちら

240505 西安寺3

あ゛ーーー、らぼっちの足が・・・・・短い!(笑)
異様に短く感じたので何度も写真を見てしまった

しかーし、らぼっちに言わせると
「ヒモがぶら下がっているところからが何かヘンだった、あそこが結界だった」

そうか、だったら足には気を付けないといけないってことだよね

ここは県の重要文化財になっているんです

240505 西安寺3-1

西安寺は延応元年(1239年)に建てられたものだそうで
西明寺入道時頼がこちらの草堂に来た際に病気になり、本尊に祈願したところ治ったので
寺を建立したというエピソードがあるんだとか

240505 西安寺5

板碑、14基もあったかな
数える気にもならなかった(;一_一)

240505 西安寺4

ここはこれぐらいにしておこう、さて左側にも道が続いていたよな
ワンちゃんを連れた人が消えたほう・・・

240505 西安寺6

五輪塔って聞くとあまり気がすすまないんですけど・・・
あ、こんなところにも木の葉猿が^^

240505 西安寺7

遠目に見ただけでもちょっとね(>_<)

240505 西安寺8

帰ろうか・・・・

なんだよせっかく来たんだし、とずかずか近寄るらぼっち

240505 西安寺9

あんまり写真に撮りたくなかったんですけどね
こちらが五輪塔群です

240505 西安寺10

って、ほら~(>_<)
逆光だからと角度を変えても、こんなのばかり

やっぱり、ここに足を踏み入れちゃいけないんだよ
と、後ずさりしてたら

「うぎゃー、誰かが足を押さえてるー、助けてー!」

240505 西安寺11

驚かせてすみませんm(__)m
足元のタケノコに足をとられていました(笑)

いやいや、笑いごとではないのです

らぼっちが撮った写真も何枚かこんなになってました

240505 西安寺12

鎌倉中期の五輪塔自体が珍しいみたいですが
ここはいけません、異様な空気に押しつぶされそうでした

長居は無用とさっさと帰ることにしたのですが
「なにか連れて帰ったらどうしよう」と、らぼっち

ぎゃー、やめてー!!
風水の本とか買ったほうがいいのかな・・・^^;

240505 西安寺13 


 


<西安寺跡>
[アクセス]地図はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

コメント
まぁ大変^^;
二人とも何か感じたんですか??
その場にいたらなんか感じるかもしれないけど
写真では全然
あーーー鈍くてよかった (^^)
2012/05/24(木) 22:13:36 | URL | KIKO | [ 編集 ]
ん~・・・なんかよろしくない雰囲気(^^;
とっちんさんがダメっていうならダメなんですよ。きっと。
だからお利口さんの能天気夫婦は行きません(笑)
2012/05/24(木) 22:16:59 | URL | mam | [ 編集 ]
KIKOさんへ
らぼっちが感じることはほとんどないんですが
ここはやばいと感じたよ^^;
何か憑いてくるかもと思ったのに
何であそこまで入って行ったんだろう♪
その場にいたら感じますって・・・
ねぇ~・・・・・・K・I・K・O・さ~ん
2012/05/24(木) 23:26:18 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
mamさんへ
ここは異様な空気をらぼっちも感じた
天草の南蛮寺以来2回目^m^
こういったところはあまり近寄らない
方が利口ですね♪
2012/05/24(木) 23:32:46 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
熊本県玉東町 西安寺 (白山宮) の猿や狛犬は、
とっても特徴的なのに、画像検索しても、あまりヒットしません。
不思議です。

http://twitpic.com/5h60iq
2013/03/30(土) 23:12:04 | URL | 魚田阿萬 | [ 編集 ]
魚田阿萬さんへ
はじめまして^^
思い出しつつ記事を読み返しました
力神さんも厳ついし面白いお寺でしたよ
ゾゾッとするのはとっちんの能力が高いのですが
この日はらぼっちが珍しく反応しました
何物も持ち帰らなくて良かったです♫
2013/04/01(月) 21:19:42 | URL | らぼっち | [ 編集 ]
実は、ここの記事がアップされる前、
明和水産というサイトの「ここどこ?」という掲示板に、
この猿の像や狛犬の画像で出題されまして・・・・・、
僕は一生懸命探索したんですが、ひとつもヒットしなかったんです。
熊本県 玉東町 西安寺 (白山宮) という答えが出た後、
そのワードで検索しても、画像がヒットしませんでした。

先日、そのことを思いだし、検索したら、ここがヒットしたという次第です。

ほんと、面白いお寺ですよね。
日光東照宮の三猿くらい知名度があっても可笑しくないくらいだと思うんですが・・・・。
珍百景に投稿したら受けるかもしれません。
2013/04/02(火) 11:34:30 | URL | 魚田阿萬 | [ 編集 ]
魚田阿萬さんへ
私たちもいろんな神社を巡りましたが
その写真と情報だけでは分らなかったでしょうね
その昔は大きな寺だったと思うのですが今は神宮ですから^^;
明和水産さんにはどすこい力神もヒント写真に入れて欲しかったですね♪
マニアックブログならではのヒットでした^^
2013/04/03(水) 15:30:49 | URL | らぼっち | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B / melthelm All Right Reserved. Powered by FC2 Blog